無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ぶらり谷中   

d0183387_19265863.jpg
護国山天王寺


d0183387_19391958.jpgd0183387_19395483.jpg
旧谷中天王町                 銅造釈迦如来座像


d0183387_19251017.jpg
谷中霊園・さくら通り(中央左手の公園が五重塔跡)



d0183387_19283919.jpg

徳川慶喜公墓所

d0183387_19295791.jpg
徳川慶喜墓
東京都指定史跡 所在地:台東区谷中・寛永寺墓地内
徳川慶喜
18371913)は水戸藩主徳川斉昭の第七子で、はじめは一橋国衙わけを継いで後見職として将軍家茂を補佐しました。慶応2年(1866)大5代将軍職を継ぎましたが、翌年大政を奉還し慶応4年(1868)正月に鳥羽伏見の戦いを起こして敗れ江戸城を明け渡しました。復活することはなく、慶喜は江戸幕府のみならず武家政権最後の征夷大将軍となりました。駿府に隠棲し余生を過ごしますが、明治31年(1898)には大政奉還以来30年ぶりに明治天王に謁見しています。明治35年(1902)には公爵を受爵。徳川宗家とは別に「徳川慶喜家」の創設を許され貴族院議員にも就任しています。大正2年(19131122日に77歳で没しました。お墓は間口3.6m、奥行き4.9mの切石土留を囲らした土壇の中央奥に径1.7m、高さ0.72mの玉石畳の基壇を築き、その上は葺石円墳状を成しています。(東京都教育委員会)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・
《谷中》
名前の由来は、上野と本郷の二つの台地の谷間に位置することから名付けられたといわれる。江戸時代、上野に寛永寺が建てられると谷中にもその子院が次々と建てられる。また、幕府の政策により慶安年間(1648年〜1651年)に神田付近から多くの寺院が移転し、明暦の大火(1657年)の後に焼失した寺院が移転してくる。寺の増加に伴い参詣客も増えると徐々に町屋も形成され、江戸の庶民の行楽地として発展する。 政府軍と彰義隊による上野戦争(1868年)で多くの寺院が焼失する。夕やけだんだん 天王寺 五重塔の再建のエピソードが後に幸田露伴の代表作『五重塔』となる。(Wikipedia)

《夕やけだんだん》
東京都荒川区西日暮里三丁目10番・13番と14番の間にある、日暮里駅方面から谷中銀座に下る坂(階段)。御殿坂の延長線上にあたる。階段上から谷中銀座を見下ろす風景は谷中関連の雑誌や番組にしばしば登場する有名なもので、夕焼けの絶景スポットにもなっている。階段の下には「谷中ぎんざ」と書かれたゲートがある。夕焼けが美しいことと、下町情緒が感じられる名前として、森まゆみが命名した。(Wikipedia)

《谷中霊園》
かつては、感応寺(現・天王寺)の寺域の一部であり、中央園路は感応寺の参道であった。江戸期には、この感応寺で富くじが行われ、「江戸の三富」として大いに客を呼んだ。この客を当て込んで茶屋が参道入り口に立ち並び、現在でもその名残から墓地関係者は中央園路にある花屋のことを「お茶屋」と呼んでいる。中央園路の半ばには、幸田露伴の小説『五重塔』のモデルとなった五重塔跡がある。これは、1908年に天王寺より寄贈されたものであった。この五重塔は、1957年に谷中五重塔放火心中事件で焼失するが、東京都が史跡に指定した。なお、「谷中墓地」と称される区域には、都立谷中霊園の他に天王寺墓地と寛永寺墓地も含まれており、徳川慶喜など徳川氏の墓は寛永寺墓地に属する。 また、谷中霊園は桜の名所としても親しまれている。中央園路は通称「さくら通り」ともよばれ園路を覆う桜の枝に花が咲くと、まるで桜のトンネルのようになる。(Wikipedia)

《天王寺》
日蓮が鎌倉と安房を往復する際に関小次郎長耀の屋敷に宿泊した事に由来する。関小次郎長耀が日蓮に帰依して草庵を結んだ。日蓮の弟子・日源が法華曼荼羅を勧請して開山した。1641年(寛永18年)徳川家光・英勝院・春日局の外護を受け、29690坪の土地を拝領し、将軍家の祈祷所となる。開創時から日蓮宗であり早くから不受不施派に属していた。不受不施派は江戸幕府により弾圧を受けた。日蓮宗15世・日遼の時、1698年(元禄11年)強制的に改宗となり、日蓮宗14世・日饒、日蓮宗15世・日遼が共に八丈島に遠島となる。廃寺になるのを惜しんだ輪王寺宮公弁法親王が寺の存続を望み、慶運大僧正を天台宗1世として迎え、毘沙門天像を本尊とした。慶運大僧正は、後に善光寺を中興する。当寺の改宗をもって、祖師像は瑞輪寺に引取られていった。(Wikipedia)

d0183387_23103587.jpg
江戸名所図会 谷中感応寺 (わたしの彩(いろ)『江戸名所図会』から引用)

by Twalking | 2012-10-22 10:48 | 東京散歩(新規)

<< ユリノキ ぶらり上野 05 >>