無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 二子新地駅   

d0183387_12180082.jpg

対岸から二子多摩川の景色を見てみました。
二子新地駅/東急田園都市線


二子/川崎市高津区
町内をかつての官道「大山街道」および「府中街道」が東西および南北に貫き、隣接する溝口」とともに交通の要衝として栄えた。律令時代に武蔵国の国衙が置かれた府中と各地を結ぶ府中街道(現・国道409号)が当町の南部を通っており、久良岐郡(現在の横浜市の一部)・橘樹郡(現在の川崎市の大部分および横浜市の一部)より武蔵国国府、および 8世紀以前の主要街道であった東山道(中山道・甲州街道)へ至る道として活発に利用された。1641年(寛永18年)多摩川の洪水に悩まされていた光明寺が、矢倉往還が整備されるとともに周辺の住民とともに街道沿いに移動した。これが二子村の起こりと言われる。江戸時代中期には、江戸と上方を結ぶ足柄道として、また大山信仰の参詣道として矢倉沢往還は大山街道と呼ばれるようになった。すると、かつては府中街道沿いに立地していた中心街が、おのずと大山街道沿いに移ってゆくこととなる。また、江戸時代に多摩川は江戸護衛の観点より架橋が制限されていたこともあり、大正年間に二子橋が架かるまで大山街道は渡船「二子の渡し」で多摩川を越えていた。このため、渡船の着発する二子および隣の溝口町内の大山街道沿いは宿場町として栄えた。(Wikipedia)


by Twalking | 2014-05-14 12:19 | ○station

<< ○写真上達への道 二子多摩川駅02 >>