無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ムラサキツメグサ   

d0183387_18330090.jpg

ムラサキツメグサかなぁ~。。。
グリーンベルト/多摩ニュウタウン通り
2015.4.18(土)



ムラサキツメクサ
(紫詰草)
ジャジクソウ属の一種である。和名ではアカツメグサとも、あるいは一般に赤クローバーとも呼ばれる。多年草の草本で、大きさは株により 20-80cm とまちまちであり個体変異が大きい。互生する葉は3枚の葉片から構成されるいわゆる三つ葉で、葉片3枚をあわせた径は 15-30 mm であり、葉片1枚の幅は 8-15mm である。各葉片には葉の中ほどに特徴的な三日月型の白い模様が入る。花は鞠状の集合花序をなしその径は 2-3cm である。花色は黒みがかったピンクで、基部ほど色が薄くなる。稀に白花を咲かせる株もあり、この変異が固定された園芸種をセッカツメクサ(雪華詰草)またはシロバナアカツメクサ(白花赤詰草)とも呼ぶ。牧草や家畜飼料として広く栽培されている。土壌を肥沃にする空中酸素固定作用も評価されており、それゆえ緑被としても利用される。(Wikipedia


by Twalking | 2015-04-18 18:36 | ○Flower

<< ハルジオン ヤマツツジ >>