無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 樹07-ムクノキ   

d0183387_22062114.jpg

椋木
二子神社/川崎市高津区


ムクノキ(椋木、椋の木、樸樹)

アサ科ムクノキ属の落葉高木。またはエノキに似るためムクエノキ(椋榎)とも言う。高さは20m以上、幹の直径は1m以上になり、板根が発達する場合もある。樹皮は淡灰褐色で、表面は平滑だが樹齢に伴ってすじや割れ目が生じ、老木では樹皮が剥がれてくる。葉は互生し、長さ4-10cmの卵形又は狭卵形で、縁は先端まで鋸歯状、葉脚はくさび状、3行脈を持つ。葉の質は薄く、表面は細かい剛毛が生え、紙やすりのようにざらついている。花期は4-5月ごろ。花には雄花と雌花がある。葉と展葉とともに葉の根元に淡緑色の小さな花を咲かせる。花の後に直径7-12mmの球形で緑色の果実をつける。熟すと黒紫色になり食べられる。味は非常に甘く、美味である。ムクドリなどがよく果実を食べに集まり、種子の散布にも関与している。Wikipedia

by Twalking | 2015-12-18 22:15 | ○Flower

<< 祖師谷大蔵駅 稲田堤駅 >>