無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 カラスウリ   

d0183387_14013530.jpg
カラスウリ
長坂道/町田市下小山田


カラスウリ
烏瓜
ウリ科の植物で、つる性の多年草。朱色の果実と、夜間だけ開く花で知られる。4月〜6月にかけて塊根から発芽、あるいは実生する。花期は夏で、7月〜9月にかけての日没後から開花する。雄花の花芽は一ヶ所から複数つき、数日間連続して開花する。対して雌花の花芽は、おおむね単独でつく。花弁は白色で主に5弁(4弁、6弁もある)で、やや後部に反り返り、縁部が無数の白く細いひも状になって伸び、直径710cm程度の網あるいはレース状に広がる。雌花の咲く雌株にのみ果実をつける。果実は直径57cmの卵型形状で、形状は楕円形や丸いものなど様々。熟する前は縦の線が通った緑色をしており光沢がある。10月から11月末に熟し、オレンジ色ないし朱色になり、冬に枯れたつるにぶらさがった姿がポツンと目立つ。Wikipedia


by Twalking | 2016-01-06 14:07 | ○Flower

<< スイセン 読売ランド前駅 >>