無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ムラサキハナナ   

d0183387_13303520.jpg
ムラサキハナナ
お鷹のみち/国分寺市西元町


オオアラセイトウ (大紫羅欄花)

アブラナ科オオアラセイトウ 属の越年草。別名にショカツサイ(諸葛菜:諸葛孔明が広めたとの伝説から)、ムラサキハナナ(紫花菜)。原産地は中国で、日本では江戸時代に輸入されて栽培されたものが野生化し、全土で見られる。根生葉と茎下部の葉は羽状深裂し、基部は心形で縁に鈍い鋸歯がある。花は茎先につく総状花序で、薄紫色の花弁には細い紋様がある。花期の後期では徐々に花弁の色が薄くなり、最終的には白色に近くなる。花弁は4枚が十字状に付き、長さは各1-2cm程度、先端に3-mmの爪状の突起を持つ。雄蕊(ゆうずい・おしべ)は6本で花糸は白色、葯は黄色である。2月頃から成長を始め、3月から5月にかけて開花する。最盛期には50cmくらいまで直立する茎を伸ばす。Wikipedia


by Twalking | 2016-04-10 13:37 | ○Flower

<< ○写真上達への道 シデコブシ >>