無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 鶴見川(2)鶴川~市ヶ尾01 岡上   

日時 2016.5.13(金)
天気 晴れ


久し振りの鶴見川です。夏日ですが風は爽やか。
鶴川から市ヶ尾まで右岸の丘も織り交ぜて
歩いてみました。

いつも小田急線から見える岡上の丘、
登ってみると広い農場が広がり、景色は抜群です。
東側には古刹も多く、見応えがありました。


・・岡上
(おかがみ)/麻生区

岡上は川崎市麻生区の大字で南側を横浜市青葉区に、三方を町田市に挟まれた飛地である。周辺は1970-80年代に宅地化が進んだが、岡上は大部分が市街化調整区域と農業振興地域に指定されたため現在でも農村的風景が残っている。Wikipedia

d0183387_10360625.jpg
鶴見川の風景① 鶴川駅の右岸(南)の岡上の丘を目指します/かわいだ人道橋


d0183387_10472107.jpg
丘の風景① 鶴川団地方向、左奥がよこやまの道でしょうか

d0183387_11020000.jpg
d0183387_11020642.jpg
急坂を上ります            外周道路を廻ります


d0183387_11163049.jpg
丘の風景②三輪町方向、南側の風景です

d0183387_11153297.jpg
d0183387_11153506.jpg
右手に和光大学の校舎         ここを左折すると営農団地です


d0183387_11185033.jpg
丘の風景③ 森に囲まれて農場が広がります/岡上営農団地

岡上営農団地

都市化の波が押し寄せる中でも岡上の人たちは営農意欲が強かった。昭和47年(1972年)に営農団地推進協議会が組織され、翌年に起工式が行われ、昭和59年(1984年)に完工した。面積は35.6ha。温室での野菜栽培、露地野菜、柿、リンゴ、さつまいも、落花生掘りなど、都市近郊型の観光農業も行われている。平成19年(2007年)6月、国の登録記念物に指定された禅寺丸柿の古木が随所に見られる。「ふるさと麻生八景」にも選ばれている。(川崎市農業振興センター)


d0183387_11231343.jpg
丘の風景④ ぐるーと営農団地を一周して岡上神社へ

d0183387_11284508.jpg
d0183387_11283779.jpg
名産の柿・次郎丸の木         谷戸にはたんぼ


d0183387_11491323.jpg
岡上神社鳥居

d0183387_11504051.jpg岡上神社

祭神は日本武尊、健御名方命、大山昨神、稲倉魂命。明治42年(1909年)3月、岡上村中にあった五つの神社(諏訪神社、剣神社、日枝神社、宝殿稲荷社、開戸神社)が合祀された。敷地は村の中央にある諏訪神社に決まり、村民融和のため村名を取り岡上神社として祀られている。また、境内には金勢大明神がある。高さ95cmの石碑で、子孫繁栄の御利益があると言われている。嘉永4年(1851年)建立。(川崎市農業振興センター)


d0183387_12021266.jpg
d0183387_12021968.jpg

境内には水神塔(水天宮、嘉永3年、1850年)、金勢大明神(嘉永4年、1851年)、青面金剛(安政2年・1855年)、堅牢地神碑(安政2年)などがあります。(麻生観光協会)

堅牢地神
(けんろうじしん)
仏教における天部の神の1柱で大地を司る。通常は女神であるが密教では男神と一対とする。十二天の一である地天と同一視される向きもある。堅牢地天堅牢地祇あるいは単に堅牢と呼ばれる場合もある。大地女神として地の堅牢と神の不壊とに解釈される。つまり大地を堅固ならしめる神である。また仏法が流布される処に赴いて、その仏・如来の法座の下にあって警護するという。Wikipedia


d0183387_13301819.jpg
東光院宝積寺境内

東光院
東光院の創建の時期についてはわかっていませんが、江戸時代につくられた『新編武蔵風土記稿』には「開山開基は詳らかにせずといえど、天正の頃(15731592)までに11代に及ぶ」と記されています。当寺には江戸時代に建築された本堂(18世紀頃)、位牌堂(享保3年、1718)、仁王門(18世紀頃)、庫裏、書院などの建造物の他、市重要歴史記念物に指定されている木造兜跋毘沙門天立像(とばつびしゃもんてんりゅうぞう)が伝えられています。兜跋毘沙門天像は多くの場合、西洋風の鎧を身につけ、頭には兜を付け地天の上に立ち、左右に邪鬼を配する姿に造られています。また、この像の多くは平安時代につくられており、関東では、東光院と南足柄の朝日観音堂だけにしか伝えられていません。当寺像は、髻(もとどり)を結い、左手は屈臂(くっぴ)して宝塔を掲げ、右手は屈臂して腹前で戟(げき)を取り、身に鎧を着、地天の上に立つ姿につくられています。構造は、頭・体躯・地天を一木から彫出し、背部に内刳(うちぐり)を施しています。面部は丸く、釣り上がった眼に太い眉や高い頬骨、腹や腰を太くつくり、足を開いて立つ姿に守護神の力強さがうかがわれますが、全体に素朴な印象を受けます。制作年代は平安時代と考えられています。なお、東光院の近くの阿部原と呼ばれている地区から、軒丸瓦・軒平瓦・鬼瓦・「荏」「国」と書かれた文字瓦などが発見されており、岡上廃寺の跡と考えられていますので、当地には古くから仏教文化が伝えられていたとおもわれます。(川崎市教育委員会)


d0183387_12215978.jpg
東光院仁王門



d0183387_12233351.jpg木造阿弥陀如来坐像

当院は、『新編武蔵風土記稿』(江戸時代後期の地誌)によれば、新義真言宗に属していましたが、現在は単立寺院になっています。当院所属の木造・兜跋毘沙門天立像は、一木造、彫眼で、髻を結い、左手に宝塔を掲げ、右手に戟を取り、甲冑をつけて地天(女性神)の上に立っています。その作風は腰太で、あたりを圧する威風を備えており、平安時代後期の制作と考えられています。川崎市教育委員会は、この仏像を昭和49219日、川崎市重要歴史記念物に指定しました。(川崎市教育委員会)

d0183387_13541642.jpg境内にある
蚕影山跡碑
昔はここに祠堂が建っていたんですね~。

蚕影山祠堂(こかげさんしどう)
この建物は川崎市麻生区の東光院境内にあったもので、養蚕の神「蚕影山大権現(こかげさんだいごんげん)」を祭った宮殿(くうでん)と、その覆堂(さやどう)から成っています。覆堂の茅葺屋根は、頂上を土と草で固める芝棟(しばむね)で、春にはイチハツが咲き誇ります。宮殿は正面に唐破風を設けた春日造風の社で、浮き彫りの彫刻を施しているのが特徴です。中でも注目に値するのは、金色姫(こんじきひめ)伝説を表現した側面の彫刻です。金色姫は天竺(てんじく、現在のインド)に生まれ、四度の大苦難ののち、馬鳴菩薩(めみょうぼさつ)の化身として日本に養蚕を伝えたといいます。この彫刻は養蚕の起源を説くもので、四度の大苦難は蚕の四回の休眠(食事をせず動かなくなる脱皮前の時期)を象徴しています。(川崎市立日本文化園)


d0183387_13170470.jpg
鎌倉街道・早の道だそうです。緩やかな勾配でいい道ですね/麻生区岡上

鎌倉街道・早の道
岡上には鎌倉街道“早の道”と呼ぶ道が通っていたといわれます。早の道とは近道という意味で、この道の場合は鎌倉街道“中の道”の青砥(現横浜市緑区中山)から青葉区の奈良、岡上、そして町田市の広袴、真光寺、黒川を経て現多摩市の蓮光寺、関戸に通じる“上の道”の貝取を結ぶ中間道で、その道筋には様々な伝承、逸話が残されています。岡上の東光院は平安時代創建の古刹ですが、その山門と本堂は寺院としては珍しい東向きです。これには寺の東を通る鎌倉道に向け再建したので東向(光)院としたとの逸話があり、今でも古道の面影が残るところがあります。古老の話ではこのあたりを”ヘイミチバ”と呼んだそうで、それは”ハヤノミチ”の詰まった言葉といわれています。(タウンニュース麻生区版「麻生の歴史を探る」)



・・・三輪町

沢谷戸自然公園の裏あたりにはかつて沢山城という城があったと伝わる。三輪城ともいう。北条氏照が豊臣秀吉の小田原征伐に備え、沢山城の兵糧米を小田原に移送するよう指示したという書簡が残っている。江戸時代より上三輪、下三輪の2つの集落が存在した。椙山神社の笠をかぶせたような形が奈良県の三輪山に似ているから、という説がある。(Wikipedia


d0183387_13094594.jpg

三輪熊野神社/町田市三輪

元慶元年(877)大和の国城上郡三輪の里よりの勧請との伝承がある。明和4年(176711月別当高蔵寺法印亮恰により社殿造営され、鎮守の神、そして氏子の崇敬の的となり、嘉永7年(18508月石像の三尊仏を造立して再建を図る。その後昭和4年大きく増改築が施され、現社殿は昭和489月氏子の総意により造営される。(境内板)

d0183387_13120780.jpg熊野神社本殿(町田市指定有形文化財)

当、熊野神社覆屋の内にあり、桁行二尺七寸五分(91cm)、梁行二尺四寸五分(81cm)向拝の出二尺六分(68cm)の流見世棚造りの社殿で正面に三級の階をつけている。屋根は板葺で、葺替えにより一部変形している。正面に千鳥破風をつけ縁は前面のみである。縁長押、内法長押、頭貫で身舎を固め、大斗上に実肘木を組み桁を受けている。向拝はエビ虹梁でつなぎ、向拝柱上は実肘木付三斗を組み、中備は蟇股とする。享保7年(1723528日の棟札及び本殿内の幣の台裏銘明和4年(1767)があるが、絵様・刳型及び細部の造りから考え17世紀末から18世紀頃の特徴を示しているものと思われる。(町田市教育委員会)

d0183387_13140392.jpgご神木のアカガシ
樹高15m、幹周り5.2m。参道に大木がありましたが、相次ぐ台風と落雷により今は根株を残すのみとなり、樹齢300余年のご神木であるアカガシ一樹が聖域を守っています。(案内板)


d0183387_16135368.jpg
この先左手の七面山が沢山城址(たくさんじょう)です/熊野神社


d0183387_19391649.jpg
七面山の南側の尾根に沿って造られています/沢谷戸自然公園

d0183387_19452425.jpg
d0183387_19451555.jpg
芝生広場               調整池


d0183387_19475386.jpg
鶴見川の風景② 城址には寄りませんでしたが左が七面山です/子の神橋先


d0183387_19512482.png
岡上営農団地付近マップ
(赤:歩行ルート 青:鶴見川・麻生川 橙:津久井道 紫:鶴川駅)

源流の泉~鶴川まではこちらへ(http://teione.exblog.jp/20626978/


by Twalking | 2016-05-14 20:19 | リバーサイド(新規)

<< 柘榴 エゴノキ >>