無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 鶴見川(3)市ヶ尾~小机02 鴨居   

日時 2016.5.19(木)
天気 晴れ

新横浜から新幹線に乗るのにいつも車窓から眺める風景、
川辺を行けば早いのですが、折角なので鴨居周辺を散策しました。
この辺りはりは往古は海、右岸にすぐ丘陵が迫ります。

鶴見川右岸の丘に沿って町並みが続き、谷戸が入り組みます。
麓は平坦だと思ってましたが、ちょっとした峠越えでした。
以外と時間がかかり、予定していた小机城は次回になりました。


・・・緑区

区域は鶴見川流域に沿って東西に細長く、中央を鶴見川やJR横浜線が東西に縦走している。鶴見川流域は平地であるが、南側は丘陵地となり住宅地が多く旭区に隣接する。北側は都計道川崎町田線に沿って工業団地となっている。JR横浜線や都計道山下長津田線に沿って住宅地や団地が広がるが、南側丘陵部は近年宅地化された新興分譲地も多い。鶴見川と恩田川合流地点から上流は市内でも珍しい広大な農業用地となっており稲作や梨生産が見られる。
Wikipedia

d0183387_23485657.jpg
鶴見川の風景④ 鎌倉道はこの辺りを渡ったんでしょうか、対岸側へ/精進橋


d0183387_23493398.jpg
d0183387_23502699.jpg
右岸の丘陵              左岸の丘陵


d0183387_20251154.jpg
十二神社鳥居


d0183387_20251486.jpg十二神社/北八朔町
祭神:伊邪那岐命。武蔵風土記によれば、十二神社は旧称十二天社と称し慶安2年(1447)久世大和守領地の時、武蔵国久良岐郡本牧の十二天社を当村に勧請せりと記されている。北八朔の十二神社(十二天社)の命名の元と思われる、本牧十二天社の天像が明治初年の神仏分離令により本牧十二天社の別当地であった多聞院に分けられ、十二天社は大日霊女命(別名・天照大御神)を祀り本牧神社と改称されております。現在本牧十二天社は中区本牧の和田山に本牧神社として御遍座されております。十二神社の祭神(木花咲耶姫命)と本牧神社の祭神(木花咲耶姫命)を祭っていることから、北八朔町の十二神社の名称も、同時期頃に十二天社から十二神社に改称されたものではないかと推定される。(案内板)


・・・
青砥町

地元では「青砥」の由来について鎌倉時代の武士、鎌倉幕府の評定頭、青砥左衛門藤綱が居住していたからだという。青砥藤綱のことは『弘長記』や『太平記』に記されているだけで『吾妻鏡』には記されておらず実在の人物であるかは不明。地名研究で「アオ・ト」は「川辺の地、湿地」を意味するという。東側を鶴見川が流れ、南側を恩田川が流れる。(緑区町名由来)

d0183387_20391349.jpg
鶴見川の風景⑤ 木陰があるとホットしますね~/千代橋手前


d0183387_20375051.jpg

蓮生寺
日蓮宗の寺院。永禄2年(1559年)明静院日領(-1575年没)を開山に創建された。寺内の青砥大明神は、鎌倉時代に領主であった青砥左衛門藤綱を祀るもので、享保17年(1732)池上林昌寺から日義を招き勧請したもの。Wikipedia

d0183387_20375318.jpg青砥大明神ご遷座の記 
鎌倉時代北条時頼に仕えた忠臣評定頭・青砥左衛門尉藤綱公が当地を所領し、善政をもって諸民を養われたことより当地地名が「青砥」と号されるようになり、その願望を慕う村人は公の歿後ここに墳墓を構えてお祀りしたのであります。享保17年(1732)の頃、当地に部落民がほとんど死に絶えてしまうほどの悪病が流行した際、神に祈願したところ青砥大明神が荒廃にまかされて顧みる者もないため神の怒りに触れたのだとのお告げがあったという。村人たちは大いに驚きお墓を清掃し池上林昌寺
より日義上人を招いて、大明神の勧請を行い、青砥村の守り神としてあがめ奉るようになりました。以前より青砥の領主であり、徳川家代々に仕えた勝部尚正公、勝部正房公以下歴代の殿様が当蓮正寺の中興維持に盡されたのでありますが、享和3年(1803・今より175年前)この勝部公のご子孫と村人有志により以前のお墓が修復されこの青砥大明神の建立菩提が行われたのであります。しかしその后の永い年月の経過でお墓の周囲は荒れ果てて僅か数坪の敷地内に青砥大明神の石碑だけが淋しく残ったのです。この石碑は、以前青砥町バス停留所の裏側にあり敷地内には雨水が流れ集るといったありさまで、時折心ある人々により墓標の建立・清掃等が行われましたが一般には忘れられがちとなり現在にいたりました。青砥大明神のこのお姿をこれ以上放置しておくことは真に申し訳ないことであり、今後は更に顧りみられなくなることも懸念されておりましたところ、この程当境内にご遷座申し上げることとなったのであります。勝部公の菩提寺である当寺内にご遷座奉るにあたり、希くは藤綱公の御靈、何とぞ安らかに永遠に当地にお鎮まり下さるようお祈りするものであります。(説明板)


d0183387_20415765.jpg

d0183387_20420214.jpg杉山神社
御祭神:五十猛命 ( いたけるのみこと ) 日本武尊 ( やまとたけるのみこと ) 応神天皇( おうじんてんのう ) 大日孁命 ( おおひるめむちのみこと ) 面足尊 ( おもだるのみこと )
御由緒:創建年代不詳だが徳川期初期と思われる。新編風土記稿に「青砥村鎮守」とある。明治149月再建の棟札あり。大正48月村内にあった無格社、御嶽社外4社を合祀。昭和53年氏子の寄進より現社殿を改修する。(神奈川県神社帳



・・・中山町

村の中央部が丘陵になっているところから「中山」と呼ばれるようになったという。北側を恩田川が流れ、中央を横浜線が通り、中山駅がある。町内に横浜市緑スポーツセンターがある。(緑区町名由来)

d0183387_21114275.jpg

大蔵寺
鎌倉期(
西暦1200年頃)小高い丘になっている「松原」(日本高周波のある一帯、鎌倉往還といわれた現在の中原街道より120m程入ったところに創られた当時としては割合に交通の便はよく、裏は小高い丘であり前は田畑に適し広地で鶴見川や恩田側を望む景勝の地と軍事的には要衝の地でもあった。その当時の大蔵寺の御開山様や宗派は不明創建者(御開基様)は鎌倉浪人「衛尉相原左近殿」(鎌倉将軍源頼朝の家臣・中山村の相原家一族の祖)であり、「源頼朝公の菩提提冥福の弔い」と「相原家の菩提寺」として大蔵寺を建立したと言い伝えらている400年後の慶長年間(1608年頃)大火災にて堂塔伽藍などすべて焼失、現在土中から屋根瓦の破片とか敷石が発見されるのみ大火災後10以上後、顕道長察大和尚禅師が当地に巡行の折り止錫(シシャク)せられ、村民の教化に当たられた。その時に一般檀信徒に働きかけて大藏寺の再建を計画し、相原左近の元屋敷で六十間四面(約1202)の土地(現在の場所)を境内地とした。この時から大藏寺は「曹洞宗」となり「顕道長察大和尚禅師」を御開山と仰ぐようになった。(大蔵寺)


d0183387_21121267.jpg稲荷大明神社
11世俊峯雲外大和尚の代、文化10年(18139月に山城国(京都府)伏見の本宮より大藏寺の鎮守様として奉勧遷した社。毎年211日に大藏寺初稲荷の大祭を勤修している。 (大蔵寺)



d0183387_21124320.jpg中山小学校創立之碑
明治2597日大藏寺内に「新治村立高等新冶小学校」設立。これが「中山小学校」の創立である。明治414月1日「新治村立尋常高等中山小学校」設立。(大蔵寺)





・・・恩田川合流地

d0183387_21271230.jpg
鶴見川の風景⑥ 恩田川と合流、ここから中流域でしょうか/落合橋(中原街道)


d0183387_00071323.jpg
鶴見川の風景⑦ 下流・落合橋方向の風景/恩田川


d0183387_00213161.png緑区の地形
横浜市の北部一帯は、なだらかな多摩丘陵と平坦な下末吉台地の2つの洪積台地から成り、その丘陵と台地を刻みながら鶴見川とその支流が流れ、流域に沖積平野をつくり出しています。そのような地形の中で緑区は、鶴見川とその支流の恩田川を北側の区境とし、分水嶺となる尾根を南側の区境とする東西に細長い区域となっています。区の地形は、鶴見川に流れ込む短い支流の流域にあたる丘陵地(丘陵・台地)と鶴見川が流れる低地から構成されています。鶴見川や尾根の連なりが東西方向であるのに対して、丘陵地には、現在の緑区あたりまで海(古鶴見湾)がせまっていた頃に海蝕によって形づくられた谷戸と呼ばれる谷や沢が南北方向にいくつも刻まれ、それら1つ1つの土地のかたまりが緑豊かな丘となっています。(緑区HP)

d0183387_00193289.png
谷本川・恩田川合流地付近マップ
(赤:歩行ルート 青:谷本川・恩田川 紫:中原街道 橙:青砥上星川線)

中原街道・佐江戸&中山の関連記事はこちらへ(http://teione.exblog.jp/22283601/



・・・鴨居町


鴨居一丁目から七丁目と鴨居町からなる。駅北側を鶴見川が流れ、対岸は都筑区となる。南側は保土ヶ谷区に、南東側は神奈川区に隣接する。

d0183387_00083103.jpg
鶴見川の風景⑧ 右手に鴨居の町が見えてきます/落合橋下流

d0183387_00174522.jpg
橋の風景① 堂々としたいい橋ですね/鴨池大橋


d0183387_21345612.jpg鴨池大橋

2003年に開通した緑区と都筑区の鶴見川に架かる橋梁。鴨居地区の中心部を突き抜けるJR横浜線、および沿線の道路と鶴見川をまたぎ、緑区鴨居町・竹山・神奈川区羽沢町方面と都筑区池部町方面を結ぶ自動車・歩行者用の橋である。全体の延長は約455m、幅員は約1832m。道路部分は片側二車線の車道、および歩道からなる。鶴見川をまたぐ部分はアーチ橋の構造となっており、この部分は延長約130m、高さ約20mこの鴨池橋からの景観は関東の富士見百景のひとつに選ばれているWikipedia

d0183387_21434815.jpg
橋の風景② 池辺町と鴨居駅を結ぶ歩道橋、これは便利ですね/鴨池橋

鴨池橋

JR横浜線鴨居駅から工業団地へ通じる人道橋で、ユニークな風見鶏の照明灯が通る人の心をなごませてくれる。鋼連続鈑桁橋で平成2年に竣工した。橋長107m 幅員8m(かながわの橋百選)


池辺町
(いこのべちょう/左岸)
横浜市都筑区の地名。かつては「池野辺」や「伊子野辺」とも書いた。捨馬台遺跡や池辺遺跡など、縄文時代の遺跡が多数発掘されている。須恵器や土師器も出土しており古くからこの地に人が住んでいたことが分かる。中世は武蔵国都築郡池辺郷、江戸時代から都筑郡池辺村と呼ばれた。農業が行われており、用水は鶴見川の支流から佐江戸村で分水して引いたとされる。町名の由来は宗忠寺の前に「赤池」があったからだといわれている。Wikipedia

d0183387_11150334.jpg
鶴見川の風景⑨ 左岸の丘が川から離れ、右岸に丘が迫ります/鴨池橋


d0183387_00240667.jpg
鴨居杉山神社参道

d0183387_00241054.jpg鴨居杉山神社

当神社は宝徳元年(皇紀2109年)の創建であり、爾来この場所に鎮座ましまし、神社明細帳には「明治812月村社(旧社格)に列せられたり、明治2455日神明社・稲荷社を合併せり」と記載されている。杉山神社は鶴見川水系(帷子川を含む)を中心として集中しており、「新編武蔵風土記稿」によれば72社あると云われているが、多摩川を越えた北側には全く分布を見ない。霊験あらたかな神社として往事この様に数多く建立された様である。延喜式の神名帳には唯一の延喜式内社として記載されているが、どの神社が該当するのか定かではない。当鴨居は数10年前迄、戸数90戸に満たない純農村であったが、創建の昔より大切にお護りして来た鎮守様であり、今後も心のよりどことろして尚一層、崇敬の念を新にしなければならない。側社として裏山の中腹に、大山阿夫利神社・榛名神社をお祀りしてある事を附記して御由緒とする。(境内掲示)


d0183387_09400933.jpg

d0183387_09412073.jpg林光寺/鴨居町
横浜市緑区にある高野山真言宗の仏教寺院。山号は鴨居山。関東88ヶ所第66番霊場。宝徳元年(1449)義慶が開創。慶長年間(1596)に誓順が再興。文政元年(1818)火災により焼失。明治27年(1894)火災により焼失。1974年から1995年にかけて整備を行い復興。Wikipedia)

d0183387_09462185.jpg
丘の風景④ 対岸の丘陵です、中原街道がとおります/林光寺境内


d0183387_09515042.jpg

d0183387_09515408.jpg東観寺/東本郷

古儀真言宗、瑞照山慈眼院東観寺。天平の頃行基菩薩が此の地を訪れ、聖観音を彫刻し精舎を建立したと伝えられる。寺宝として脇神像や梵字で線刻された文殊菩薩像などがある。俗体男女並坐像浮彫墓標は境内にある。

d0183387_09551309.jpg俗体男女並坐像浮彫墓標(横浜市指定有形文化財)

この墓標は、正面唐破風屋根付の位牌型墓標で、俗体の男女像が浮彫されています。刻銘によれば、男女は桓武天皇29代で三浦氏を名のる由緒ある家系の夫妻で、亡夫の墓標を造立するに当り、妻は逆修宇(生前に仏事を行うこと)して連理の契りをあらわしたものであることが知られます。墓標に俗体像を彫刻する例は非常に珍しく、石彫技術も秀逸で、江戸時代前期の特異な石造遺品として注目されます。(横浜市教育委員会)

d0183387_10522707.png
鴨居駅周辺マップ(赤:歩行ルート 橙:青砥上星川線・横浜上麻生線)


・・・港北区

昭和14年に都築郡下の各町村が横浜市に合併した際、神奈川区から分区する形で成立した。都筑郡下の各町村は都筑郡一体での行政区成立を望んだが、地理的条件などを勘案し神奈川区の旧大綱村(白幡除く)・日吉村・城郷村(小机・鳥山・岸根のみ)・旭村師岡の地域に、旧都岡村・二俣川村を除く都筑郡の各町村をもって一行政区とされた。成立当時の名前の候補として菊名区が挙げられたが、横浜港の北にあるということで港北区に決定した。
Wikipedia

d0183387_09575240.jpg
浄土宗のお寺です/泉谷寺参道

d0183387_09595086.jpg
d0183387_09595345.jpg
山門                 本堂

板絵著色山桜図
泉谷寺は松亀山本覚院と号し、元享の頃(1321-24)草創の庵本覚院を、大永3年(1523)開基二宮織部正が父の菩提のため、見譽上人を招いて開山とし地名によって泉谷寺としたと伝えられています。第26世立譽了信上人の代(天保5年・1834〜天保11年・1840)に本堂内陣と下陣の間の杉戸に、左右4面づつ8面、山桜に小禽が画かれました。向かって左の図には「一立齋廣重畫」と署名し、下に「東海堂」と朱印されています。この杉戸は初代歌川広重の傑作であり、浮世絵史上稀に見る杉戸にえがく大作です。杉戸絵は、山内の杉を使用して作った板で、上下2枚に別々に画き、中央の横桟のところで接続しています。板には、胡粉を塗布した上に、墨線を以って画き、それに彩色を施しています。(横浜市教育委員会文化財課・横浜国際観光協会掲示より)

d0183387_00131774.jpg
江戸名所図会 泉谷寺 (わたしの彩(いろ)『江戸名所図会』から引用)


d0183387_10122974.jpg

d0183387_10125051.jpg金剛寺

小机城址の麓にある曹洞宗のお寺さんです

d0183387_11130154.jpg
鶴見川の風景⑩ 左が小机城のあった市民の森、第三京浜が横断します/小机大橋



by Twalking | 2016-05-22 18:54 | リバーサイドウオーク(新規)

<< お月さん アジサイ >>