無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 布田道   

日時 2016.10.2(日)
天気晴れ


束の間の晴れ間みたいですが、布田道を歩いてみました。
この辺りの布田道の存在は知ってはいましたが、
谷戸や真光寺へ下ったりしと余り意識はしていませんでした。

一応ルートを確認して通しで歩いてみました。
眺めは抜群ですし、静かでいい道がついてますね~。
ちょつと間違いもありましたが、気持ちよく歩けました。



・・・南野(多摩市)

d0183387_19120801.jpg
街道の風景① この道を小野路へ下だり、布田道に入ります/裏鎌倉道


d0183387_19393936.png鎌倉道/一本杉公園

本道途中の多摩市和田や百草に、鎌倉時代遊郭伝承(恋路ヶ原、女沢、鎌倉沢)や新田義興(義貞の子)らの軍勢が笛を吹きながら、豊ヶ岡(笛吹峠)から一本杉の尾根を通ったとい行軍伝承なども残されています。また、幕末に新撰組の土方歳三らが小野路の小島家(現在の小島資料館)へ出稽古に通った道でもあります。(標柱)

d0183387_20294802.png鎌倉道
多摩市の関戸にあった軍事上の関所「霞ノ関」を通らずに鎌倉へ向かう、本道の鎌倉街道よりやや西方の脇街道的な道路です。府中市四谷付近から多摩川を渡り、多摩市一ノ宮の小野神社から和田「愛宕の切通し」を通り、豊ヶ丘北公園(笛吹峠)付近から一本杉公園、町田市小野路へと続くルートです。(標柱裏)


d0183387_20325344.jpg小野路道と鎌倉裏街道/一本杉公園
ここに残る杉並木の存在から、崖上に残る古道跡=通称「鎌倉裏街道」が確認されました。この道は多摩市一ノ宮にあった渡河点(多摩川の渡し場)から愛宕団地の愛宕の切通し豊ヶ丘北公園を通って小野路の宿に続く中世の鎌倉街道の一つで、関戸にあった関所を通る煩わしさを避けた道とも考えられます。江戸時代には日野往還や小野路道ともいわれ、後に新撰組となる土方歳三や沖田総司らが小野路での出稽古に日野宿方面から通った道でもありました。(標柱)



d0183387_19135769.jpg
d0183387_20310479.png


南野/一本杉公園
「南野」の町名は多摩市の「南」にあり、旧小野路町の「野」を採って命名したものです。この区域は町田市から編入した小野路と下小山田町の各一部で、町田市に同じ町名があることなどから、語調の良い新しい町名に変更したものです。この付近は村境に近い所で、その昔は武蔵国の国府(府中)から多摩川を渡り、関戸の宿から小野路の宿を経て、相模あるいは鎌倉などへの往来で多くの人々が利用していた道がありました。 また、この辺りに大きな杉の大木があったと言われ、一本杉という地名にもなっています。この一本杉に関する言い伝えや物語に、美しい女性に化けた狐にだまされたり、通る人に天狗が悪戯や難問を出して困らせたりする話があります。なお、この彫刻は、一本杉公園にちなんで杉をテーマとしたものです。(案内版)


d0183387_20404446.jpg
一本杉公園

d0183387_20460032.jpg
d0183387_20460304.jpg
旧加藤家住宅
建築年代は不明であるが、建築様式、構造手法などから十八世紀後半と推定される。建物は桁行七・五間(13.69)、梁行三・五間(6.34)、入母屋造り、茅葺、平入りの農家住宅である。間取りは広間三間取り型、一間ごとに建つ柱、土間・床上境の伍平柱(柱断面のタテ・ヨコの差が大きい)、「ざしき」前の縦格子腰高窓(猪窓)、「ざしき」の竹簀子床など古式の特徴である跡が各所に遺されている。文化史的、学術的にも価値の高い住宅であるが、茅葺屋根を茅葺形銅板葺に、「ざしき」の竹簀子床を板張りに「おく」を茶室としても利用できるよう炉を切り、水屋を加える等市民の憩の場として利用するため一部を改造している。(多摩市教育委員会)

d0183387_20460953.jpg
d0183387_20465397.jpg
旧有山家住宅
多摩市指定有形文化財、多摩市乞田の有山氏からの寄贈をうけ解体・保管していたものを復元。建築年代は不明であるが建築様式、建築手法などから18世紀初頃と推定される。建物は桁行六・五間(11.83)、梁行三間(5.46)、寄棟造り、茅葺、平入りの農家である。間取りは閉鎖的な広間三間取り型、一間ごとに建つ柱、土間・床上境の伍平柱(柱断面のタテ・ヨコの差が大きい)、土間回りの手斧仕上げ柱、「ざしき」の竹簀子床など古式の特徴である痕跡が各所に遺されている。小規模な建ちの低い農家住宅であるが文化的・学術的にも貴重な住宅である。なお、復元にあたっては茅葺屋根を茅葺形銅板葺に改めた以外はできる限り原形に忠実に復元した。(多摩市教育委員会)

d0183387_20501114.jpg
街道の風景② 竹林の道、気持いいですね~/裏鎌倉道(府中道)

d0183387_20503931.jpg
d0183387_20505115.jpg
「ショパン坂」の愛称も        道祖神



・・・布田道(町田・川崎市)

d0183387_22010261.jpg
中宿/小野路宿通り


d0183387_21211176.jpg
d0183387_21210468.jpg
中宿に布田道の標識があります     直進が鎌倉古道、関屋の切通しは右へ


d0183387_21182623.jpg
関屋の切通

d0183387_21542515.jpg
此の道は布 田道にて、幕末に近藤勇らが通いし道に御座候。是より関屋を経て二丁程にて小野路宿に着き申し候」(案内板)



d0183387_22171450.jpg
街道の風景③ う~ん、緑のトンネル、最高!


d0183387_22214386.jpg
谷戸の風景① 前方の鉄塔を目指します

d0183387_22213279.jpg
d0183387_22222453.jpg
フットパスの案内板          別所集落の道

d0183387_22254861.jpg
街道の風景④ 現在の鎌倉街道、直進ですがちょっと寄り道していきます/別所


d0183387_22361139.png別所/鎌倉街道
大軍勢が通った長い谷/鎌倉街道
【小野路と鎌倉古道】
現代の鎌倉街道が南北に通るこの谷は、多摩市の乞田の五差路から古戦場伝説や大きな道路跡が発見された町田市の野津田の丘まで、約4.5kmに渡ってほぼ南北に真っ直ぐ伸びた自然の谷です。それと平行するように、この道の西側約400mの多摩市南野から町田市の小野路の宿にかけては 中世武士の時代の幹線道路であった「鎌倉古道(鎌倉街道上ノ路本路)」が通り、また東側の小野路町別所にも同様に鎌倉道と伝わる道が尾根の上を通っています。これらの中間に位置する現代の鎌倉街道の谷も、長い戦乱の時代には大勢の武士や兵士が通り過ぎていったことが考えられます。


d0183387_22383705.jpg【鎌倉や小田原への早道】
治承4年(1180102日、源頼朝は伊豆で旗挙げするも敗戦し、海を舟で渡って房総半島に逃げ、そこから墨田川を渡り浅草付近で千葉氏や江戸氏らの支援を受け体制を取り戻しました。その後、府中から一路この付近を通って鎌倉をめざし、我が国初の武士による政権「鎌倉幕府」を樹立します。しかし、この時にはまだ鎌倉街道は出来ていませんでした。幕府樹立から6年後にも頼朝は「奥州藤原氏征伐」の往復で、また13年後の建久46月「那須野の狩」でも鎌倉から府中に向かっています。この頃には鎌倉街道と後に呼ばれた道ができ始めたものと考えられます。その後も新田義貞の鎌倉攻め、観応の擾乱での通過など、いずれも大軍勢がこの谷や鎌倉古道を通過していったものと思われます。(よこやまの道案内版)


d0183387_22594039.jpg
d0183387_23001085.jpg
別所薬師堂の石仏群          現在は集会所になっています


d0183387_23071546.jpg
東光寺 曹洞宗のお寺さんです、境内を尾根まで登ります。

d0183387_23080713.jpg
d0183387_23183111.jpg

d0183387_23115344.jpg
丘の風景① 眼下に鎌倉街道、右手の尾根を鎌倉講堂が野津田へ向かいますすぐ


d0183387_23141796.jpg
d0183387_23142986.jpg
先がよこやまの道です         国士舘大学グランド

古道五差路と軍事戦略的な鎌倉道
ここは小野路町別所と多摩市永山の境界にあたり、古道が集る五差路です。堀切を持つ関所跡のような場所(現在消滅)、頼朝の弟・源範頼の念持仏をまつったと伝わるお寺や鎌倉時代初期(弘安4年・1281)の大板碑、源氏の戦いの伝承地(鶴川団地)などが近くにあります。南北朝時代頃から鎌倉や小田原などへの近道として発達したと考えられるこの鎌倉道は、古戦場伝説や古墳が残る別所の高台(三社大権現、富士塚古墳)を乗り越えて、野津田や金井、本町田へと続いています。交通の要衝である小野路の宿や野津田上ノ原の先へ回り込む早道であったと考えられます。(案内版)

d0183387_23210319.jpg
尾根道を南に戻ります、ここもいい道ですよ~!/小野路ヶ丘
d0183387_23234998.jpg
丘の風景② 別所からの登り道、こちらが布田道でしょうか/小野路ヶ丘の辻


d0183387_11502854.jpg
d0183387_11503105.jpg
二差路を左へ、右は真光寺への下り  野球広場の手前左が三社権現でした~


d0183387_11572584.jpg
街道の風景⑤ 突如として変電所が現れてきます、前方の尾根へ向かいます 

電源開発J-POWER)西東京変電所(西東京電力所)

町田市との境界にある変電施設。ここを中心に田子倉発電所(只見幹線)など各方面へ送電線が延びる。Wikipedia

d0183387_12033836.jpg
d0183387_12035234.jpg
藪道の先が変電所          再び藪道へ

d0183387_12061845.jpg
谷戸の風景② 黒川の谷戸の一番奥ですね、向の尾根を歩いたことがあります

西ノ谷(にしのやと)
現在、電源開発西東京発電所となっている一帯を指す地区名であり、郷地谷戸から西に別れる谷戸の名前でもあったようだ。発電所開発で全く痕跡をとどめていない。(「谷戸めぐり」さんの解説より)

d0183387_12212925.jpg
街道の風景⑥ 尾根上のいい道が続きます

d0183387_12291362.jpg「新撰組近藤・土方が歩いた道 至布田五宿 布田道 至小野路」の道標






d0183387_12290055.jpg隣に「天保10年(1839)2月榎本角次郎ほか江戸28名」のお地蔵さん




d0183387_12360766.jpg
丘の風景③真光寺方向の景観です/いずみ浄苑入口

d0183387_12404499.jpg

街道の風景⑦ 道路左に小路がついてます

d0183387_12441923.jpg
d0183387_12442204.jpg
階段下に馬頭観音           右へ行くと鶴川街道です/布田道起点



・・・黒川(麻生区)

「黒川」の名前の由来は川の水が澄んで川底が黒く見えたためと言われています。かつては村人達は、この水を利用して稲作を営み、山の斜面に植えたクメギやコナラなどの雑木を伐って「黒川炭」と呼ばれる良質な炭を作って暮らしていました。(よこやまの道案内板)

d0183387_13354110.jpg
谷戸の風景③ 谷戸の南側側を三沢川が流れます

d0183387_13374634.jpg
d0183387_13371776.jpg
階段下から左手へ下ります       明治大学の農場に出ます

明治大学黒川農場
三菱重工相模原製作所黒川試験場跡を明治大学が買い取り、2005年度より整備方針が検討されて、20124月開場。川崎市と連携して市民も利用可能な農業試験場として整備されている。Wikipedia

d0183387_13465825.jpg
谷戸の風景④入口側の谷戸から黒川駅方向の景観です

黒川上営農団地

昭和53度から57年度にかけて土地基盤整備事業が実施された。既存農家の他、市民農園や近隣学校の体験学習農地としても利用されている。ただし国士舘大学裏に抜ける山道沿いには不法投棄された各種のゴミが大量に散乱しており、極めて見苦しい光景をみせている。Wikipedia

d0183387_13531757.jpg
街道の風景⑧ 丘陵を抜け多摩川渡り布田五宿(調布)へ向かいます/鶴川街道

黒川周辺の関連記事はこちらへ(http://teione.exblog.jp/22795650/


d0183387_14012827.png
黒川区(市街地調整区域)マップ(赤:歩行ルート 橙:鶴川街道
 紫:よこやまの道 青:三沢川)


d0183387_21571887.jpg
布田道ルート図
(赤:布田道 赤丸:小野路・いずみ浄苑 緑:鎌倉古道 紫:鶴川街道 橙:よこやまの道)


・・・・・・・
資料ファイル
d0183387_23144702.png
多摩市ジオラマ(昭和37年・1962頃)/パルテノン多摩歴史ミュージアム

d0183387_23154510.png
多摩市ジオラマ(平成年11年頃)/パルテノン多摩歴史ミュージアム
(赤:鎌倉街道 紫:鶴川街道 青:三沢川・乞田川を着色)


by Twalking | 2016-10-06 23:20 | たまのさんぽ道(新規)

<< Dancing All Nig... ホトトギス >>