無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 烏天狗/功雲寺   

d0183387_15222610.jpg
烏天狗
功雲寺/相模原市緑区根小屋


烏天狗

大天狗と同じく山伏装束で鳥のような嘴をした顔をしており、自在に飛翔することが可能だとされる伝説上の生物。小天狗、青天狗とも呼ばれる。剣術に秀で鞍馬山の烏天狗は幼少の牛若丸に剣を教えたともいわれている。また、神通力にも秀で昔は都まで降りてきて猛威を振るったともされる。中世以降の日本では天狗といえば猛禽類の姿の天狗のことを指し、鼻の高い天狗は近代に入ってから主流となったものである。天狗は一説には仏法を守護する八部衆の一、迦楼羅天が変化したものともいわれる。カルラはインド神話に出てくる巨鳥で、金色の翼を持ち頭に如意宝珠を頂き、つねに火焔を吐き龍を常食としているとされる。奈良の興福寺の八部衆像では迦楼羅天には翼が無いがしかし、京都の三十三間堂の二十八部衆の迦楼羅天は一般的な烏天狗のイメージそのものである。Wikipedia


by Twalking | 2017-03-06 15:27 | ○石造&モニュメント

<< ツキヌキニンドウ ○写真上達への道 >>