無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 千鳥草   

d0183387_10221879.jpg

千鳥草
多摩市グリーンライブセンター/多摩中央公園
6月ですね~、梅雨入りもまじか
なにかと鬱陶しい季節ではありますが
気持は『爽やかに!』で行きたいでね。


ラークスパー(飛燕草 千鳥草)
キンポウゲ科ヒエンソウ属、南ヨーロッパ原産の一年草。本来は多年草ですが日本の気候では夏の暑さで枯れるため一年草として扱われています。以前はデルフィニウムの一種として「オオヒエンソウ属」に分類されていましたが現在では「ヒエンソウ属」として独立して分類されています。花期は5月~6月。真っすぐに立ち上がった茎に穂状に咲く花が美しい植物です。花には後部に飛び出す突起がありこの形が鳥の蹴爪に似ていることから「Lark's spur(ひばりの蹴爪)」の名前が付けられました。花色は青、ピンク、白、紫。一重咲きの他、八重咲き品種も流通しています。葉はコスモスのように細く繊細な形をしています。デルフィニウムとの一番の違いはこの葉の形です。(ガーデニングの図鑑)


by Twalking | 2017-06-01 10:54 | ○Flower

<< 桜ヶ丘駅 ○写真上達への道 >>