無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 鎌倉大仏-高徳院   

d0183387_21241790.jpg

鎌倉大仏
高徳院/鎌倉市長谷


鎌倉大仏

鎌倉市の高徳院(浄土宗)にある大仏。はじめは僧浄光の勧進により幕府の財政的援助と民衆の喜捨を得て1243(寛元1)に完成した木造の阿弥陀如来であったと伝えられる。現在の国宝金銅阿弥陀如来座像は52(建長4)に〈金銅八丈の釈迦像〉の鋳造が始められたと《吾妻鏡》に記されているのにあたるといわれる。1495(明応4)の津波で大仏殿が倒壊してからは露仏となった。1712(正徳2)祐天が当寺を再興し浄土宗となった。像高約11.39m(台座を含め高さ13.35m、重量約121t。(コトバンク)

by Twalking | 2017-07-01 21:35 | ○石像&モニュメント

<< 半夏生 ○写真上達への道 >>