無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 オオバギボウシ   

d0183387_15550266.jpg

オオバギボウシ
愛宕下通り/多摩市愛宕
蒸しますね
一雨くらい欲しいところですが
台風は勘弁だよね~、ギボウシくん。


オオバギボウシ(大葉擬宝珠)

リュウゼツラン亜科ギボウシ属(学名: Hosta)の多年草。別名は多くトウギボウシ。高さは50100cmくらいになる。葉は根生葉、形は卵状長楕円形で、葉の長さは3040cm、幅は1015cmくらいになり葉柄がつく。花期は68月で、漏斗型の白色または淡紫色の花をやや下向きにつける。花軸につく蕾が下部から上部へと開花していく。蕾が和橋の欄干の擬宝珠に似ているので大葉擬宝珠という。他に、湿地に自生する小形のコバギボウシが知られる。オオバギボウシの若葉はウルイと呼ばれ山菜として賞味される。春先の若葉が丸まって立つように生え、葉の色がうり類の皮に似ているので瓜菜(うりな)が転化したと言われている(Wikipedia

by Twalking | 2017-07-04 16:06 | ○Flower

<< 雲 猛暑日 >>