無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 カテゴリ:○Flower( 712 )   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 アロエ   

d0183387_19580838.jpg

高浜運河沿緑地/港区港南
アロエでしょうか??
冬の陽ざしに輝いて、美しいこと、
公園の下段に咲いてました。


アロエ

ツルボラン亜科アロエ属の多肉植物の総称。現在までに500種以上が知られている。南アフリカ共和国からアラビア半島まで広く分布するが、とりわけアフリカ大陸南部およびマダガスカル島に集中し分布する。古くはアロエの「ロエ」を漢字で音訳(当て字)した「蘆薈」の読みを変えた「ろかい」と称した。日本には鎌倉時代に伝来したとされ、現在はキダチアロエが九州、瀬戸内海、伊豆半島、房総半島などの海岸に逸出し帰化している。葉はふつう肉厚でロゼット状であるがしばしば扇状であったり肉厚が薄いものも存在し、CAM型光合成を行う。花被は6弁が合着し管状で朱色ないし黄色。雌蕊1つに対して雄蕊は6つある。花序は総状花序で花茎は数cm1mに伸びる。(Wikipedia


by Twalking | 2017-12-13 22:37 | ○Flower

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 さざんか   

d0183387_21240552.jpg

さざんか/豊ヶ丘南公園
う~ん、眩いばかり・・・
純白のさざんか、美しいですね!

by Twalking | 2017-12-11 21:28 | ○Flower

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02   

d0183387_22245088.jpg


奈良ばい谷戸/町田市小野路
谷を伝う風にゆらゆらと
青空に映えて美しいですね~!


ススキ
(芒、薄)

イネ科ススキ属の植物。尾花ともいい秋の七草の一つ。また茅(かや。「」とも書く)と呼ばれる有用植物の主要な一種。 野原に生息し、ごく普通に見られる多年生草本である。高さは1から2m。地下には短いがしっかりした地下茎がある。そこから多数の花茎を立てる。葉は細長く根出葉と稈からの葉が多数つく。また、ケイ酸を多く含むため堅く、縁は鋭い鉤状になっているため皮膚が傷つくことがある。夏から秋にかけて茎の先端に長さ20から30cm程度の十数本に分かれた花穂をつける。花穂は赤っぽい色をしているが、種子(正しくは穎果・えいか)には白い毛が生えて穂全体が白っぽくなる。種子は風によって飛ぶことができる
Wikipedia

by Twalking | 2017-12-10 22:30 | ○Flower

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ツキヌキニンドウ   

d0183387_18341181.jpg

愛宕下通り/多摩市愛宕
きみも黄葉するんだね~、ニンドウさん
風が冷たいから辛抱かな・・・、
がんばれ~!

by Twalking | 2017-12-06 18:42 | ○Flower

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 椿   

d0183387_14173933.jpg

椿
乞田川/多摩市落合
美しいですね~・・・
うっとり。


ツバキ
(椿、海柘榴)またはヤブツバキ(藪椿)
ツバキ科ツバキ属の常緑樹。照葉樹林の代表的な樹木。普通は高さ56mだが、樹高18m・胸高直径50cmにも達する例も知られる。ただしその成長は遅く寿命は長い。樹皮はなめらかで灰白色、時に細かな突起がまばらに出る。冬芽は線状楕円形で先端はとがり円頭の鱗片が折り重なる。鱗片の外側には細かい伏せた毛がある。鱗片は枝が伸びると脱落する。葉は互生、長楕円形から広楕円形、鋭尖頭(先端が突き出す)で、葉脚は広いくさび形、縁には鋸歯が並ぶ。葉質は厚くて表面につやがあり濃緑色で裏面はやや色が薄い。花期は冬から春にかけてにまたがり、早咲きのものは冬さなかに咲く。Wikipedia


by Twalking | 2017-12-01 14:22 | ○Flower

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 モミジあれこれ   

d0183387_15214084.jpg
イロハモミジ/京王百草園

イロハモミジ

カエデ科の落葉高木。イロハカエデ、タカオカエデともいう。葉は対生し、葉柄は24cm、葉身は長さ、幅ともに47cmで掌状に57裂し、縁(へり)に粗い重鋸歯(じゅうきょし・大きなギザギザの中に小さなギザギザ)がある。冬芽の鱗片は45対。雌雄同株。45月、径約5mmの小花が1020個、散房状円錐花序に開く。花弁は淡黄白色で5枚、萼片は紅色で5枚、雄しべは8本。果実は2翼があり、秋に熟す。福島県以西の本州、四国、九州、朝鮮南部、中国東部の温帯から暖帯に分布する。庭園にもっともよく植えられるカエデで、多数の園芸品種がつくりだされている。名は葉の裂片をイロハ順に数える遊びに由来する。またタカオカエデは京都のカエデの名所高尾にちなむ。秋の紅葉が美しい。(コトバンク)


d0183387_15242165.jpg
ヤマモミジ/松が谷さんぽ道


ヤマモミジ(山紅葉)

カエデ科の落葉高木。高さ10m。葉は対生しイロハカエデに似ているが、葉が大きく長さ610cm。中ほどまで79裂し、裂片は狭卵形から広披針(こうひしん)形で先が尾状にとがり、縁に重鋸歯(じゅうきょし)または切れ込みがある。45月、新枝の先に紅色の小花が散房花序をなして垂れる。翼果は大きく、翼の長さは約2cm。秋に美しく紅葉する。山地に生え、中部地方以北の本州から北海道に分布する。(コトバンク)


d0183387_15564772.jpg
オオモミジ/京王百草園

オオモミジ(大紅葉)

カエデ科の落葉中高木。イロハモミジに次いで日本の代表的なカエデで園芸品種も多い。イロハモミジに比べ葉がやや大きく、鋸歯(きょし)は一般に規則的な細かい単鋸歯(同じようなギザギザ)。北海道、本州、四国、九州の主として温帯山地に分布する。変種ヤマモミジは葉が79裂し粗い重鋸歯をもつ。青森県から福井県までの日本海側山地に分布する。イロハモミジやオオモミジの野生のものを園芸品種に対比させ単にヤマモミジということがあるが分類学上は正しくない。(コトバンク)


d0183387_14283067.jpg
オオサカズキ/京王百草園

オオサカズキ(大盃)
オオモミジの園芸品種です。葉が内側に巻き盃上になるのでこの名があります。秋に美しく黄葉します。(説明板)



・・・
紅葉と黄葉の違い

葉が赤くなるのは葉の中の緑色のクロロフィルが分解して赤いアントシアンが生成されることでおこる。黄色の方は緑のクロロフィルが分解して黄色のカロチノイドが残るから黄色くなる。

モミジとカエデの違いは

植物分類上ではカエデとモミジは、区別はしません。植物学的にはモミジもカエデも「カエデ」と言い、どちらも分類上カエデ科のカエデ属の植物です。一般的にはカエデの仲間の特にきれいな仲間(子供の手のような葉の形のやつ)をモミジと区別して呼んでいます。園芸上や盆栽の世界では葉の切れこみ数切れこみ具合によって明確に区別しています。イロハモミジヤマモミジオオモミジなど葉が5つ以上に切れ込んで掌状のものをモミジと呼び、それ以外のトウカエデ(切れ込みが3つのもの)などをカエデと呼んでいます。(RICOH)


by Twalking | 2017-11-30 19:51 | ○Flower

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 十月桜   

d0183387_16201685.jpg

七生丘陵/日野市百草
小春日和の穏やかな天気に誘われて
里山をぶらりっと歩いてみました。
あれ、十月桜でしょうか?、やっと会えたね。


ジュウガツザクラ
十月桜)
バラ目バラ科サクラ属の植物。エドヒガンの系列でコヒガンの園芸品種。毎年、年に二度開花する。花が4月上旬頃と10月頃の年2回開花する。花は十数枚で花弁の縁が薄く紅色になる。また萼筒が紅色でつぼ型である。春は開花期に新芽も見られる。また、春のほうが花は大きい。樹高は5m程。シキザクラ、コブクザクラ等も年に2回開花する。(Wikipedia



by Twalking | 2017-11-29 16:49 | ○Flower

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ギョリュウバイ   


d0183387_21100289.jpg

多摩中央公園/多摩市落合
どこかでみたことあるような・・・
ギョリュウバイの一重でしょうか??
可愛いですね~。


ギョリュウバイ

フトモモ科。開花期は2-5月、11-12月。葉の姿がギョリュウ科の樹木「ギョリュウ(御柳)」に似ており梅のような花を咲かせるので「ギョリュウバイ(御柳梅)」の名前があります。オーストラリア・ニュージーランドを中心に約40種が分布する常緑の低木です。日本ではその中でもスコパリウムと言う種を指し「ギョリュウバイ」と呼んでいます。葉は先端がとがった形をしており小さくて堅いです。花の大きさは12cmで枝の先端近くにびっしりと付け最盛期は全体が花色に染まります。一重咲きや八重咲きがあり色は白、紅色などがあります。開花後は小さな褐色の果実を付け熟すと裂けて中から細長いタネをたくさん出します(ヤサシイエンゲイ)



by Twalking | 2017-11-23 21:16 | ○Flower

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 オオモミジ   

d0183387_16105164.jpg

旧冨澤家庭園/多摩中央公園(多摩市)
風は冷たいけどいいお天気です。
鮮やかなモミジですね~、気持いい。
多摩のモミジはこれからです。


オオモミジ(大紅葉)

カエデ科の落葉中高木。イロハモミジに次いで日本の代表的なカエデで園芸品種も多い。イロハモミジに比べ葉がやや大きく、鋸歯(きょし)は一般に規則的な細かい単鋸歯。北海道、本州、四国、九州の主として温帯山地に分布する。変種ヤマモミジは葉が79裂し粗い重鋸歯をもつ。青森県から福井県までの日本海側山地に分布する。イロハモミジやオオモミジの野生のものを園芸品種に対比させ単にヤマモミジということがあるが分類学上は正しくない。(コトバンク)


by Twalking | 2017-11-19 16:14 | ○Flower

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ゆず   

d0183387_09543184.jpg

多摩市豊ヶ丘
どんよりとした寒い朝
きょうはあったかな鍋がいいな~・・・
ね~、ゆずさん。

by Twalking | 2017-11-19 10:24 | ○Flower