無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 カテゴリ:○Flower( 693 )   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ツワブキ   

d0183387_09544056.jpg

愛宕下通り/多摩市愛宕
寒いですね~・・・
パット、明るく、だよね
つわぶきさん、ありがと~!


ツワブキ
(石蕗、艶蕗)
キク科ツワブキ属に属する常緑多年草(冬でも葉が緑のままで、1年や2年で枯れること無く、よく生き残れる草)である。つやのある大きな葉を持っており、毎年秋から冬にキクに似た黄色い花をまとめて咲かせる。そのため「石蕗の花(つわのはな)」は、日本では初冬(立冬・118日ごろ)から大雪の前日(127日ごろまで)の季語となっている。葉は濃い緑色でぶ厚くて表面につやがあり、若いときには綿毛が多い。葉の間を抜けて花径を伸ばし、その先っぽに散房花序をつけ10月の終わりごろから12月の初めごろにかけて直径5cmほどのキクに似た黄色い花をまとめて咲かせる。(Wikipedia

by Twalking | 2017-10-16 10:05 | ○Flower

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 キバナコスモス   

d0183387_14115173.jpg

キバナコスモス/乞田川(多摩市落合)
おはよ~!
冷たい雨だけど
負けてないね~、美しい。


キバナコスモス(黄花コスモス)

キク科コスモス属の多年草または一年草。原産地はメキシコで標高1600m以下の地域に自生する。18世紀末にスペイン・マドリードの植物園に送られヨーロッパに渡来した。日本には大正時代の初めに輸入された記録が残っている。高さは約30100cm。概ね60cm程度に成長するが、鉢植えやプランター向けの20cm程度に留まる矮性種も出回っている。花期は比較的長く、6月から11月にかけて直径35cm程度の黄色またはオレンジの花を咲かせる。花は一重咲きと八重咲きがあるが、園芸品種として市場に出回っているもののほとんどは八重咲き。(Wikipedia


by Twalking | 2017-10-15 14:18 | ○Flower

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 金木犀   

d0183387_14223119.jpg
金木犀
愛宕下通り/多摩市
いい香り・・・
穏やかな秋日和です。
ありがと~!


キンモクセイ
(金木犀)
モクセイ科モクセイ属の常緑小高木樹でモクセイ(ギンモクセイ)の変種。秋に小さいオレンジ色の花を無数に咲かせる。雌雄異株であるが、日本では雄株しか入っていないので結実しない。雄しべが2本と不完全な雌しべを持つ。花は芳香を放つ。芳香はギンモクセイよりも強い(Wikipedia


by Twalking | 2017-10-12 14:23 | ○Flower

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 白バラ   

d0183387_15292241.jpg

多摩市グリーンライブセンター/多摩中央公園(多摩市)
お天気よすぎて、
ちと暑いかな~・・・、だよね。


by Twalking | 2017-10-10 15:32 | ○Flower

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ホトトギス   

d0183387_14435783.jpg
ホトトギス
愛宕下通り/多摩市愛宕
咲きだしね~・・・
おはよ~!


ホトトギス(杜鵑草)
科名:ユリ 科学名:Tricyrtis 別名:ユテンソウ(油点草)  開花期:710
東アジアを中心におよそ20種が分布する毎年花を咲かせる多年草でその内の10種が日本に自生します。茎が湾曲や下垂して花を咲かせる姿は風情があり、山野草として人気の高い植物です。斑点のある花びらがホトトギス()のおなかにある模様と似ているためこの名前があります。また、若葉に油染みのような斑点があるのでユテンソウ(油点草)の別名があります。主な開花期は夏~秋で通常花びらは6枚あります。杯状で上向きに咲くタイプと、釣鐘状で下向きに咲くタイプがあります。種ごとに独特の個性があり、それもこの植物の魅力となっています。属名のTricyrtis(トリルキルティス)は「3つの距」という意味で、花の基部に3つの距ができるところから付けられました。距(きょ)とは花びらやがくが変化した突起状の部分で中は空洞になっており、主に花の後ろ側にできます。(ヤサシイエンゲイ)


by Twalking | 2017-10-03 19:44 | ○Flower

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ユリ   

d0183387_18295239.jpg

愛宕下通り/多摩市愛宕
雑木林の隅にひっそりと
黄色のユリ一輪、鮮やかなこと。
石で囲ってるから移植したのかな。

by Twalking | 2017-09-28 18:37 | ○Flower

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ムラサキシキブ   

d0183387_13473280.jpg
ムラサキシキブ
上之根公園/多摩市愛宕
おはよう~!
雨あがったねようだね。


ムラサキシキブ(紫式部)

シソ科の落葉低木である。日本各地の林などに自生しまた果実が紫色で美しいので観賞用に栽培される。高さ3m程度に成長する。小枝はやや水平に伸びる。葉は対生で長楕円形、鋭尖頭(先端が少し突き出すこと)、長さ6-13cm。細かい鋸歯がある。黄緑で洋紙質、薄くて表面につやはない。花は淡紫色の小花が散房花序をつくり葉腋から対になって出て6月頃咲く。秋に果実が熟すと紫色になる。果実は直径3mmで球形。栽培品種には白実のものもある。名前の由来は平安時代の女性作家「紫式部」だが、この植物にこの名が付けられたのはもともと「ムラサキシキミ」と呼ばれていたためと思われる。「シキミ」とは重る実=実がたくさんなるという意味。Wikipedia


by Twalking | 2017-09-28 13:57 | ○Flower

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 アガバンサス   

d0183387_10515807.jpg

愛宕下通り/多摩市愛宕
タネも飛んで茎だけだだけど
見事な枯れ際、美しい
ありがと~!

by Twalking | 2017-09-25 10:59 | ○Flower

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 真柏   

d0183387_21521654.jpg

真柏
八芳園/港区白金台
推定樹齢500年、
凄い、お見事の一言です。
お墓参りのひと時、安らぎました。


真柏
科名:ヒノキ科 和名:ミヤマビャクシン
サハリンから屋久島までの高山や海岸沿いの崖などに自生するイブキの仲間であるミヤマビャクシン変種シンパクと称して盆栽に用いられている。幹は横に曲がって生長することが多く、樹皮は赤褐色。ジンやシャリを伴い、バラエティに富んだ樹形作りが楽しめることから盆栽界では最も人気の高い樹種のひとつとなっている。とくに葉性のよい「糸魚川シンパク」が人気がある。日当りと風通しの良い場所で管理し、葉水をこまめに与え空中湿度の高い状態を維持する。(用語辞典)



by Twalking | 2017-09-23 22:39 | ○Flower

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 はぐまのき   

d0183387_13210222.jpg
はぐまのき
愛宕下通り/多摩市愛宕
風に吹かれてキラキラと
最後の一花・・・、美しい。


はぐまのき (白熊の木)

ウルシ科ハグマノキ属の落葉低木。中国からヒマラヤ、ヨーロッパ南部にかけて分布しています。わが国へは明治時代に渡来しました。高さは45mになります。葉は卵形で対生し、枝先に輪生状につきます。6月から7月ごろ、枝先の花序に小さな黄緑色の花を咲かせます。花後、花柄が糸状に伸びて長い毛のように枝先を被います。和名は、ヤク(白熊)の尻尾の毛を束ねてつくられた仏具の払子(ほっす)に似ていることから。別名で「スモークツリー」とも呼ばれます。(植物図鑑)


by Twalking | 2017-09-22 13:29 | ○Flower