無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 <   2011年 04月 ( 37 )   > この月の画像一覧   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 日光街道(7) 幸手宿~栗橋宿   

日時 2011.4.29(金)
天気 晴れ

ゴールデンウイークの初日は好天に恵まれました。

幸手宿は日光御成街道の合流地、筑波みちの追分ですし、
利根川の本流・権現堂川には権現堂河岸、西関宿河岸があって
廻船問屋が軒を連ね、陸と合わせて交通の要所として栄えました。
そんな面影が残る宿場をのんびりと訪ね歩きました。

初夏を思わせる日差に思わず木陰が恋しくなるくらいでしたので、
途中、チョット街道を離れて権現堂堤の桜並木や行幸湖畔の
遊歩道を歩きました。爽やかでほんと気持ちよかったですよぉ~!
みなさんも目に染みる青葉と川面を伝うそよ風を思い切り楽しんで
おられたように思います。

行きの高速道路はどこも大渋滞でしたので4号を選んで正解でした。
帰りはうそのようにスイスイと流れてましたが、ドラーバーのTさんと
添乗員のKさんのナイス判断にもう感謝、感謝です!
どうもありがとうございました。


d0183387_1111553.jpg

権現堂堤
戦国時代の天正4年(1576)に初めて築かれたとされています。
江戸時代は「権現堂川通り水除堤」(みずよけつつみ)「御府内御囲堤」
(ごふないおかこいつつみ)といわれたこともあり、言葉に示されるように
権現堂川の大水から江戸を守っている重要な堤でした。

d0183387_111239.jpg

行幸湖(権現堂調整池・権現堂川)
明治時代の初め、高須賀~外国府間(そとごうま)までの新しい堤防工
事が行なわれた。完成後に明治天皇が閲覧されこれを祈念して「行幸
堤」の名を賜れ「行幸堤之碑」が建てられました。

d0183387_1845314.jpg

小右衛門・大平橋
大正6年に中川改修工事が始まり、権現堂川は大正15年に上流の栗
橋流頭が、昭和2年に下流の西関宿地先が締め切られて利根川から
切り離された。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
記録
人数 30名
歩数 20500歩
時間 5時間

行程
上野8:30⇒道の駅・庄和(高速渋滞・4号選択)9:45⇒幸手駅10:25
幸手駅10:30・・・稲荷神社(一色氏)・・・旅館・あさよろず・・・
本陣・問屋場跡(ポケット公園・S)10:45・・・田宮雷電神社(田宮の庄)・・・
聖福寺・勅使門・・・正福寺(義賑窮餓之碑・道しるべ)11:45・・・一里塚跡・・・
熊野神社・・・権現堂堤(権現堂河岸・巡礼の碑)・・・かつ太郎12:30(昼食)
かつ太郎13:20・・・外国府間の道しるべ・・・外国府間の一里塚・・・
雷電神社13:50・・・小右衛門の一里塚・・・大平橋(行幸湖・WC)・・・
川通神社・・・会津稲荷・・・焙烙地蔵15:20・・・顕正寺・・・静御前の墓・・・
栗橋駅15:50(WC・S)16:10⇒加須IC⇒川口SA17:05⇒上野17:45

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
資料ファイル
《一色館跡と陣屋稲荷》(別名一色稲荷)
d0183387_1129284.jpg

幸手駅付近一帯に城山又は陣屋という地名が残っていま
すが、ここは古河公方足利氏の家臣一色氏が館を構えた跡といわれている。
一色直朝は天元年間(1532~55)に足利晴氏、義氏にしたがい田宮庄(幸
手庄)に住したという。直朝の子義直も幸手庄に父とともに住んだが、小田原
の北条没落後は徳川家康に仕え幸手庄から5160万石の領地を与えられる。
(幸手市教育委員会)


《田宮雷電神社》
d0183387_11295191.jpg

中世の幸手は田宮庄または田宮町といいその中心がこの
神社で、日本武尊の伝説も残されている幸手で最も古い神社の一つです。
田の中に金色の雷神が落ちこれを祀り田の中の宮、田宮としました。
(幸手市教育委員会)


《菩提山 東皐(とうこう)院 聖福寺》 
およそ600年前、応永年間(1394から1427)に浄土宗として創建。
総本山知恩院末、開基は不明ですが開山は安阿聖龍上人(あんあしょうり
ゅう)とされています。
日光参内の折、御殿所として将軍休憩所の役割を果たしました。

d0183387_17543680.jpg

【勅使門】
山門は唐破風(からはふ)四脚門、将軍と例幣使以外は通行出来なったと
されています。

【芭蕉句碑】
幸手を行かば栗橋の関    芭蕉
松杉をはさみ揃ゆる寺の門  曾良

奥の細道の旅を終えた芭蕉は4年後の元禄6年9月13日、江戸深川芭蕉
庵で十三夜連句を催した折、奥州の旅を思い起こし、同行した弟子の曾良
とならんで上の句をよんだそうです。日光街道四百年を迎え、山門の改修
工事がなりこの句碑を建立とありました。

【昼食メニュー】(ダブルクリックで大きくなります)

d0183387_12114958.jpg




《熊野神社》
d0183387_16204711.jpg


“権現堂”の地名は新編武蔵風土記稿に「村内に熊野・若宮・白山の権現
を合祀せし旧社あれば、この村名起これり」と記されいますが、この3つの
神社を一緒にまつった古い神社あったことに由るそうです。

by Twalking | 2011-04-30 11:12 | 日光街道(完)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 上野公園 03   

d0183387_10596.jpg



d0183387_1073379.jpg



d0183387_0502339.jpg


by Twalking | 2011-04-29 22:41 | 日光街道(完)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ○写真上達への道   

d0183387_9412918.jpg

by Twalking | 2011-04-28 09:41 | ○写真上達への道

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ○写真上達への道   

d0183387_20524585.jpg



suiden/mamada

by Twalking | 2011-04-27 20:46 | ○写真上達への道

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ○写真上達への道   

d0183387_10101987.jpg

by Twalking | 2011-04-26 10:09 | ○写真上達への道

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 健康ウオーキング指導士ワークショップin日和田山   

日時 2011.4.24(日)
天気 晴れ

今日は「地図の読み方」を研修してきました。
座学では一応学んではいるのですが、こうして現場で実践的な
指導を受けるのは初めてですので楽しみにしていました。

コース下見で地図は必需品なんですが、主に距離や時間、標高差、
ラウンドマークの設定など現地と地図との照合を中心にしてます。
通常のウオーキングコースではこれくらいでもいいかなと思ってますが、
登山道や自然歩道などを歩く場合はやはり「地図を読む」読解力が
必要になります。

地図でどんな地形なのかをイメージできる、逆に現在地を地形など
から地図上で確認できることが大事ですが、これも経験を積んで
身につくものだと思います。基本的なことを教えていただいたので、
地図とコンパスを使ってもっと読めるようになりたいなぁ~と思います。

佐々木さんの取材ノート(野帳)を見せていただきましたが、それは
もうスケッチを含めて実に綿密な記録なのでビックリしました。
また、山行時の携行品や収め方、取材ノートの整理の仕方など
示唆に富んだ話を伺いましたが、機会があったらまた是非とも
じっくりと教わりたいなぁ~と思いました。

今日はほんといい勉強になりました。
指導士のみなさんともお会いできたし、楽しい有意義な一日でした。
どうもありがとうございました。


《研修風景》
d0183387_11151940.jpg

「ここからは地図に示した番号の位置が何処か?実際に当ててください」
昼食後に各班に課題がだされました。
佐々木先生、優しい顔で結構きついことやりますねぇ・・・・。


d0183387_1117611.jpg

「地形をよくみて地図と見比べてください」
佐々木先生の解説を聞き漏らさないよう、もうみなさん真剣そのものでした。



《奥武蔵自然遊歩道》
d0183387_11261461.jpg
日和田山から日高・所沢方面を望む


d0183387_11271947.jpg
ユガデの里


d0183387_1151133.jpg
橋本山展望台から秩父連山を望む



・・・・・・・・・・・・・・

第5回ワークショップ概容

主催 健康ウオーキング指導士育成事務局(BSC)
日時 2011.4.24(日)  
    集合:西武池袋線高麗駅(8:30)  解散:東吾野駅(17:30頃)
会場 日和田山・物見山(埼玉県日高市・飯能市)
参加者 19名(指導士17名 事務局2名) 
会費 4000円
携帯物 地図「飯能」 オリエンテーチングコンパス(シルバ社・スント社など)

講師   佐々木亨氏(山岳ライター)
      1985年 編集オフィス・フォーエバー設立。
      ヤマケイ登山教室・地図読み講座や山岳専門旅行会社、
      カルチャーセンターなどで登山・ハイキング教室の講師を務める。
      
      著書:「今から始める山歩き」「展望の山歩きベストコース」
          「アルペンガイド八ヶ岳」「登れる!富士山」など
    
講習概容 「地図の読み方・作り方、それに伴うリスクマネッジメント」
       国土地理院発行の縮尺2万5000分の1地形図を使って
       奥武蔵自然歩道を歩きながら現在位置の判読やコンパスを
       使った進路確認・地形判読など、地図の読み方や使い方の
       基本を実践的に学ぶ。


d0183387_13133766.jpg
研修用地図(佐々木氏作成 ルートは当方記入)



・・・・・・・・・・・・・・

記録
池袋7:35⇒高麗8:26(受付・講習開始・S)
高麗駅9:50・・・石器時代住居跡・・・登山道入口10:30・・・金毘羅神社11:30・・・
日和田山11:40・・・高指山・・・茶屋(WC)・・・物見山(昼食・一等三角点)13:45・・・
(以降課題問題)北向地蔵14:35・・・ユガデ(WC)15:50・・・福徳寺17:15・・・
東吾野駅(S・解散)17:30⇒池袋18:40(下山祝い)

歩数 20900歩
時間 7時間
  

by Twalking | 2011-04-25 11:04 | DogWarkig&セミナー(新規)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ○写真上達への道   

d0183387_123554.jpg



kinchakuda/hiyoriyama

by Twalking | 2011-04-24 22:20 | ○写真上達への道

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ○写真上達への道   

d0183387_10122223.jpg

by Twalking | 2011-04-23 10:12 | ○写真上達への道

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 甲州街道(18) 金沢宿~下諏訪宿   

日時 2011.4.20(水)~21(木)
天気 晴れ

好天に恵まれて甲州道中のフィナーレを飾ることができました。

諏訪の里はうめやこぶし、さくら・・・と花々が一斉に開花し、
柔らかで伸びやかな空気が満ち満ちていました。
のどかな山里の風景を楽しみながらのんびりと歩きましたが、
ほんと気持ちよかったですね・・・・。

諏訪大社の大祝で戦国大名の諏訪氏ゆかりのお寺を訪ねました。
頼岳寺、頼重院、貞松院、そして浮き城として名高い高島城など
いずれも趣があって素晴らしいところでした。

下諏訪宿へは諏訪湖を眺めながら美ヶ原の峰に向かって歩きますが、
塩尻峠の彼方に槍・穂高連峰の勇姿を仰いだ時は嬉しかったですね。
もうみなさん足取りも軽く笑顔一杯でゴールの横断幕をくぐられました。

昼食後は下社秋宮、春宮そして上社の本宮と前宮の4つの大社に
参拝し、道中の安全のお礼と満願成就の報告をしました。
スタート時から実年齢は2つ重ねましたが、活力年齢も脳年齢も
ぐっとみなさん若返っつておられました。

ほんとうにおめでとうございます!!
こころよりお祝い申し上げます。


《桜三景》
d0183387_1205494.jpg

頼岳寺

d0183387_11464582.jpg

温泉寺

d0183387_1129383.jpg

高島城


《諏訪湖三景》
d0183387_12513874.jpg



d0183387_13114267.jpg



d0183387_12464012.jpg



.........................................................................................
記録
人数 37名
歩数 初日 24600歩 2日目 13700+9300 合計47600歩
時間 初日 5時間45分 2日目 3時間20分+3時間

行程
(初日)
新宿8:00⇒談合坂SA9:00⇒八ヶ岳SA10:15⇒金沢公民館10:45
公民館10:55・・・金沢宿・・・権現神社・・・(青柳宿)・・・一里塚11:30・・・
板室神社(WC)12:25・・・一里塚・・・丸井伊藤商店P12:45(昼食)13:30・・・
三輪神社・・・上原神社・・・頼岳寺(WC)14:55・・・頼重院15:15・・・
足長神社15:45・・・八剣神社・・・伊藤酒造(WC)16:30⇒華乃井17:00(泊)

(2日目)
華乃井8:20⇒伊藤酒造8:40・・・正願寺9:15・・・貞松院(本堂参拝)9:50・・・
上諏訪宿・・・手長神社10:20・・・吉田の松・・・一里塚・・・温泉寺(WC)11:05・・・
先宮神社11:20・・・茶屋跡・・・石投げ場跡・・・一里塚・・・承知川碑・・・
中山道追分(最終ゴール)12:20・・・下社秋宮参拝⇒食祭館昼食(12:50)

食祭館13:45⇒下社春宮参拝・・・万治の石仏14:25⇒高島城散策15:15⇒
上社本宮参拝16:05⇒上社前宮参拝16:30⇒談合坂SA18:10⇒新宿19:00

.........................................................................................
資料ファイル
《迎冬山貞松院月仙寺》
文禄年(1593)飼開山無哲上人によって開創された(宗派浄土宗)
開基は諏訪頼水公、総本山知恩院の直末寺院。
開創当時は慈雲院と称していたが正保2年(1645)頼水公夫人の没後
貞松院(母公の院殿号)と改称された。
天和3年(1683)に徳川家康公の六男・松平忠輝公が高島城南の丸で
亡くなられ、生前の縁故によって当院に葬られました。
宝永3年(1706)には5代将軍綱吉公から永代供養料として御朱印地
三十万石の寄進を受け、以後当院は菩提所の一院となり藩主家独礼、
蝕頭としてその日常社務は多忙を極めました・・・。(パンフレット)

寂林院殿墓  
松平忠輝公は越後六十万石の太守、妻は伊達政宗の娘五郎八姫です。 
家康公から勘当を申し付けられ、翌年兄秀忠公から改易処分を受けました。
以後伊勢・飛騨そして諏訪と流され天和3年に南の丸で没せられました。  
   
貞松院殿墓  
岡崎城主本多康重公の息女、家康公のお声がかりで初代藩主諏訪頼水公
夫人となりました

d0183387_13181182.jpg     

  
 
d0183387_1318548.jpg



《桑原山不断院正願寺》
d0183387_16133410.jpg

河合曾良の墓
慶安2年諏訪下桑原高野七兵衛を父として出生。俳聖松尾芭蕉の門人。
春にわれ 乞食やめても 筑紫かな (辞世の句)


d0183387_1614553.jpg

新田次郎の墓
本名:藤原 寛人(ふじわら ひろと) 
諏訪市角間新田(かくましんでん)に生まれる。ペンネームは“新田の次男坊”
から(「しんでん」を「にった」と読み替え)。
妻は作家の藤原てい、数学者でエッセイストの藤原正彦は次男。

春風や 次郎の夢の まだつづく  新田次郎  とありました。

《諏訪大社の御神紋》
諏訪大社では御神紋として、梶(カジ)の木の葉をモチーフにした紋を使用しています。
古い資料によると、梶は“穀”や、“栲”とも表記され、諏訪を治めていた藩主、「諏訪氏」や、
関係の一族の家紋としても使われています。上社の梶紋は「諏訪梶」呼ばれ、木の根に当
たる部分が4本、これに対して下社の梶紋は「明神梶」と呼ばれ、根に当たる部分が5本と
なります。
吾妻鏡(あづまかがみ:鎌倉時代に作成された歴史書)によると、「平安時代末期、源氏が
平家を討ち取らんとする動きの中、諏訪神社上社の大祝 篤光(おおほうりあつみつ)
の妻が、夫の使者として、甲斐源氏の武将である一条忠頼の陣所を訪ねた。妻によると、
篤光が源氏の武運を占うため参籠したところ、梶葉紋の入った直垂(ひたたれ:袴と共に
着ける衣服)をつけ、葦毛の馬に乗った武士が源氏方として西を指して鞭を揚げたという夢
を見たと言い、これは諏訪大明神のお告げであると考えた篤光が妻を使いに出したとの事。
この話を聞いた一条忠頼はお告げの通りに動き、戦の成功を収めた。」
と言う事がかかれており、この頃には既にカジが諏訪大社の御神紋として用いられていた
ことがわかります。

by Twalking | 2011-04-22 10:31 | 甲州街道(完)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ○写真上達への道   

d0183387_21411219.jpg




sinsyouin/kamisuwa

by Twalking | 2011-04-21 21:41 | ○写真上達への道