無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 <   2011年 12月 ( 59 )   > この月の画像一覧   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 大晦日   

『長期戦に入りみんな疲れている。人生はマラソン。
がんばらない時間を作りエネルギーを蓄えた人が勝つんです』 
鎌田實(被災地に通う医師・作家)

『がんを宣告され、残された回数券をどう使って生きていくか考えた。
放射能もはっきりしてくれ。進む覚悟が決まれば頑張れる』 
三本杉裕輝(病を抱えて原発事故で避難生活を強いられた元中学校教員)

『何でも絆でくくると、収まりのいい物語になってしまいます』 
あさのあつこ(作家) 

『日本というスーパーカーに付け忘れた装置が二つある。
ブレーキとバックギアです』 
倉本聰(小国でも尊敬される国をと願う脚本家)

『陸軍でも海軍でも、戦争体験のない若手に強硬派が多かった。
今こそ昭和史と向き合う必要がある時代じゃないでしょうか』 
役所広司(映画で山本五十六を演じた役者)

『マチンガ(行商人)にはウジャンジャ(手練手管)で窮地を切り抜けてしまう
生命力がある。私たちは将来が不安だからと現在を我慢してしまうけど、
今を大切にいきることを見直してもいい』 
小川さやか(タンザニアの行商体験を本にしたサントリー学芸員)

(天声人語12月30日  忘れがたき年を納める12月の言葉から)


d0183387_1365956.jpg

パンジー、好きな花なんです。


名前の見知った、好きな作家の方の言葉を取り入れてました。
忘れがたき年への“想い”と“スタンス”がはっきりしていて、いいと思います。
なによりも多様性を有することが、すごく嬉しいし安心感を保てます。

一陽来復。
『進む覚悟が決まれば頑張れる』 そうなんだよね!
2012がよき年であることを心から念じ、前へ踏み出したいと思います。

そして、拙いBLOGではありますがご覧になっていただきましたみなさま、
ほんとうにありがとうございました。
心から厚くお礼申し上げます。
TEIONE



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
《大晦日》
旧暦では毎月の最終日を晦日(みそか)といった。晦日のうち、年内で最後の晦日、つまり12月(または閏12月)の晦日を大晦日といった。もともと“みそ”は“三十”であり、“みそか”は30日の意味だった。ただし、月の大小が年によって変動するので、実際には29日のこともあった。現在は、新暦の12月31日を指す。
大晦日を大つごもりともいった。「つごもり」は、晦日の別名であり、「月隠り(つきごもり)」が転じたものである。英語では「New Year's Eve」と呼ぶ。また西ヨーロッパを中心にシルウェステル1世 (ローマ教皇)が由来の「ジルベスター(Silvester)」とも呼ばれる。(Wikipedia)

by Twalking | 2011-12-31 20:09 | さんぽみち

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ○写真上達への道   

d0183387_1101782.jpg


Sanrio Puroland/tamasentar

by Twalking | 2011-12-31 11:00 | ○写真上達への道

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 12月30日   

今年も残すところあと二日ですね・・・。

息子にデザインしてもらった賀状、せっせと書いてるところです。
あ~ぁ、近くで掃除機かけてる音が聞こえてきました・・・、
ううん~、ちょっとマズイかなぁ~・・・・?

よし、早く片付けて手伝わなくちゃ。。
それにしても澄み切ったいい天気ですねぇ~。。
“パチリ、いただき!” こらぁ、もっとまずいかな・・・。

ということで“御用”と相成りました・・・。
これからお伴で運転手してきます。。


d0183387_12255667.jpg




数え日
今年もあといく日と、指折り数えるほど暮れが押し詰まること。また、その押し詰まった日。《季 冬》「―の欠かしもならぬ義理ひとつ/風生」

by Twalking | 2011-12-30 12:26 | さんぽみち

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 宝野公園 二景   

d0183387_16483436.jpg




d0183387_13273283.png



宝野公園/多摩市落合

by Twalking | 2011-12-29 13:23 | ○たま

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ○写真上達への道   

d0183387_16454770.jpg


otiba/yatone-ryokuchi・atago

by Twalking | 2011-12-29 13:05 | ○写真上達への道

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 12月の空 (3)   

d0183387_1351422.jpg




d0183387_1355246.jpg




d0183387_1358566.jpg


by Twalking | 2011-12-28 10:52 | ○雲

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 駆け足で富士五湖   

日時 2011.12.25(日)~26日(月)
天気 晴れ

母と妻、そして妹と姪の運転手で富士五湖に行ってきました。

“随分とみんなで出かけてないわね・・・・”、母のポツリ一言。
“アイタッタ・・・”ですよね。。
それに妻とも出かけてないし・・・・、と少々気にかかってました。

丁度、妹が母の所に手伝いで上京して来るということなので、
この際だから、みんなまとめて“サービス、サービス”て感じです。
いつも応援してくれてるからねぇ~。。

気温がマイナスなのを除けばもう最高の日和に恵まれました。
山中湖、忍野八海、河口湖、西湖、精進湖、本栖湖、田貫湖、最後に
忠ちゃん牧場と富士のビューポイントを絞って案内しました。

“ガイド付きのツアーに来たみたい”となかなか好評だったようです。
そらそうですよね。。
いつもツアーで歩いてるんですからポイントは外しませんよ、一応は。

富士も良く見えましたよ。。
あちらはおしゃべりと買い物、こちらは写真をバシバシ、丁度いいかな。
それに、気になってたほうとうやさんや休暇村富士などで食事もできたし、
浩庵荘や天下茶屋にも寄れたし・・・ということで、良かったです。
みんな、楽しんでもらえたかな・・・?


d0183387_0265595.jpg
逆さ富士/山中湖

d0183387_2338657.jpgd0183387_23383515.jpg
富士を見て、湖水に遊ぶ白鳥に餌をやって・・・、もう楽しそうにはしゃいでました。。



d0183387_22115229.jpg

ほうとう不動・東恋路店/河口湖

d0183387_22513541.jpgd0183387_22523296.jpg
変わった建物ですよね。“かまくら・・・?”。“いえいえ”。“富士の雲”をイメージして
デザインしたんだそうです。 信玄ほうとう、美味かったですよ!



d0183387_22131135.jpg

河口湖ハーブ館

d0183387_23105143.jpgd0183387_23113793.jpg

こういう所のほうが面白かったかな・・・? 
ワンちゃん、君の方が良く知ってるよね、いつも見てるんだから・・・。


d0183387_1241038.jpgd0183387_1243476.jpg
浩庵荘/本栖湖                 田貫湖



宿 : 富士健康センター/河口湖

d0183387_020283.jpg



d0183387_0462767.jpgd0183387_0491272.jpg
館内風景                    2Fホールからも富士が眺められますよ。。

ツアーではいつも日帰り入浴で忙しいんですが、今日は違います。
ゆったりと温泉につかって、おいしい食事を食べ、そこはかと夢心地・・・・。
夕暮れの富士、朝焼けの富士を部屋から十分に堪能して、もう最高でした!
みなさん、ほんとお世話になりありがとうございました。
どうぞよいお年を!

by Twalking | 2011-12-27 22:06 | さんぽみち

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 御坂峠・天下茶屋   

天下茶屋、一度訪ねてみたかったんです。
ここは、甲斐九筋の主要路である鎌倉往還の御坂峠にある茶屋で、
井伏鱒二や太宰治が滞在(昭和13年9月13日~11月15日の三か月余)
して執筆活動をした所として知られています。

宿の夕食には早かったので、思い切って足を運んでみました。
太宰治が滞在した天下茶屋から三代目の建物(昭和58年開店)になる
そうですが、風情があって味わい深い雰囲気でしたね。。

冬季はトンネルが交通止になりますが、御坂山や黒岳への登山口にもあたり
“登山のお客さんがよく来ますよ・・・”と茶屋のご主人から伺いましたが、
なるほどね、それもまた面白そうだなぁ~ていう感じがします。
今回は車でしたが、いつか歩いて“峠越え”してみたくなりました。


d0183387_1527378.jpg

天下茶屋

d0183387_15251082.jpg
d0183387_15315464.jpg

御坂隊道(396m 昭和6年完成)     “風呂屋のペンキ画””ねぇ~・・・。

当時、滞在中の太宰治にほうとうを出した所、「僕のことをいっているのか」と不機嫌に
なったとの事。「甲州の食べ物である」と説明し、これを食しましたら、大変気に入った
様子で、次からは「ほうとう、ほうとう」と食べたがったそうです。ちなみに太宰は「ほう
とう息子」と間違っていたようです。(パンフより)


d0183387_16134744.jpg
d0183387_15274217.jpg


富嶽百景(抜粋)
甲府からバスにゆられて一時間。御坂峠にたどりつく。御坂峠、この峯の頂上に、
天下茶屋という、小さな茶店があって、井伏鱒二氏が初夏のころから、ここの二階に、
こもって仕事をして居られる。私は、それを知ってここへ来た。
ここから見た富士は、むかしから富士三景の一つにかぞえられているそうであるが、
私は、あまり好かなかった。まるで、風呂屋のペンキ画だ。芝居の書割だ。どうにも
注文どおり景色で、私は恥ずかしくてならなかった。
三七七八メートルの富士の山と、立派に相対峙し、みじんもゆるがず、なんというか、
金剛力草とでもいいたいくらい、けなげにすくっと立っていたあの月見草は、よかった。
富士には、月見草がよく似合う
(太宰治天下茶屋記念館資料)


d0183387_1665969.jpg
d0183387_169188.jpg

看板料理はほうとう鍋だそうですが、夕食が待っているのでお茶にしました。
コーヒーうまかったですね! それと峠のいもだんごとみそ田楽、これも手作りで
ほんと美味ですよ。。

2011.12.25


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
資料ファイル
《御坂峠》
御坂峠(みさかとうげ)は山梨県南都留郡富士河口湖町(旧・河口湖町)と笛吹市(旧・東八代郡御坂町)にまたがる峠。鎌倉往還御坂路のルート上にある。御坂の名は日本武尊が東国遠征の際に越えたことに由来するとされる。
富士吉田側と甲府盆地側にまたがる御坂山地の御坂山(1596m)と黒岳(1793m)との中間付近に存在する(1520m)。御坂隧道(後述)開通まで、富士吉田側と甲府盆地側の行き来は徒歩により御坂峠を越えなければならなかった。

御坂隧道(笛吹市側)
旧道路法により旧峠より2kmほど東の位置に1931年(昭和6年)、御坂隧道(延長396m)を含む旧・国道8号(現在の国道20号)が開通した。後に御坂隧道を通り甲府と富士吉田を結ぶ路線バスも運行され交通の便は飛躍的に向上した。1952年(昭和27年)、新道路法制定に伴い旧・国道8号が国道20号に変更された際に御坂峠越えから笹子峠(大月市・甲州市)越えにルート変更される。1953年(昭和28年)には現在の国道137号として指定された。以後、「御坂峠」の呼称は御坂隧道の富士吉田側入り口地点(標高1300m)付近を指すようになる。また、古道の峠を「旧御坂峠」、御坂隧道の峠を「新御坂峠」と分けて呼称する場合もある。 1994年(平成6年)11月20日に後述の御坂トンネル有料道路が無料開放・国道指定されたのに伴い、国道指定を解除され、山梨県道708号に移管された。(Wikipedia)

by Twalking | 2011-12-27 15:26 | 富士五湖レイクサイド(完)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 田貫湖 12月   

d0183387_142074.jpg

展望デッキ


d0183387_1495729.jpg

キャンプサイト


d0183387_1425012.jpg


d0183387_14113455.jpg
d0183387_1410498.jpg

休暇村・富士
客室数60室(和室20室 洋室40室) 宿泊定員160人
富士山恵みの湯(温泉 日帰り入浴11:00~14:00)
レストラン・ティーラウンジ・売店など

2011.12.26

by Twalking | 2011-12-27 13:50 | 冨士山麓一周(完)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 富士五湖レイクサイド 12月   

d0183387_2353979.jpg

長池親水公園/山中湖


d0183387_23542194.jpg

大石公園/河口湖


d0183387_23595599.jpg

根場浜/西湖


d0183387_0231062.jpg

他手合浜/精進湖


d0183387_025317.jpg

本栖キャンプ場/本栖湖

2011.12.25~26

by Twalking | 2011-12-26 23:55 | 富士五湖レイクサイド(完)