無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 <   2013年 04月 ( 55 )   > この月の画像一覧   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 東海道(13)元箱根宿~三島宿 01 下見 元箱根   

下見日時 2013.4.25(水)
天気 曇り/雨

d0183387_11372630.jpg
雨の下見となりました/国指定史跡・旧街道杉並木(吾妻地区)


d0183387_1418842.jpg
手形、お持ちですかぁ~・・・・/国指定史跡・箱根関所跡


d0183387_1240443.jpg
前方の箱根峠(中央鞍部)へ向かいます/箱根宿


d0183387_11531589.jpg
d0183387_1156596.jpg
国道の下をくぐります              この上で国道に合流です


d0183387_1420818.jpg
箱根峠(標高864m)


・・・・・・・・・
資料ファイル

箱根関所
狭義においては江戸幕府によって元和5年(1619年)から明治2年(1869年)まで、相模国足柄下郡箱根の芦ノ湖湖畔に設置された東海道の箱根関所を指すが、広義における「箱根関」は江戸時代以前に箱根山山麓に置かれた関所及び江戸幕府が東海道と並行して走る脇往還に設置した関所も含んでいる。箱根に関所が設置された始期については定かではないが、律令期には既に箱根峠を経由する箱根路が開設されるとともにその路上に関所が設置されており、足柄峠の足柄路とともに関東防衛の役割を担った。平将門の乱の際に平将門が箱根に兵を派遣してこれを封鎖することを考え、承久の乱の際にも北条義時が御家人から出された箱根路・足柄路に置かれた関を固めて同地で官軍を食い止める策を斥けて兵を上洛させたと伝えられている(『吾妻鏡』承久3年5月19日条・『承久記』など)。室町幕府の鎌倉府も箱根に関所を設置して関銭の徴収を行った事が知られ、康暦2年(1380年)には、箱根の蘆川宿に関を3年間限定で設置して円覚寺の修繕に充てたと伝えられ、その後も応永13年(1406年)に箱根山中の水飲峠に水飲関が置かれたという。その後、戦国時代に後北条氏が箱根山の西側(伊豆国)に山中城を設置した際に関所の機能を吸収したという。
後北条氏滅亡後、江戸幕府は須雲川沿いに新道(「箱根八里」)を設置してこれを東海道の本道として整備して、箱根神社の側に関所を設置したが、地元(元箱根)住民との対立を惹き起こし、そのため箱根峠寄りに人工の町である「箱根宿」を設置して元箱根側の芦ノ湖畔に箱根関所を設置したのである。箱根関所は一時期を除いては原則的には相模国足柄下郡及び箱根山を挟んで接する駿河国駿東郡を支配する譜代の大藩小田原藩が実際の管理運営を行っていた。東海道は江戸と京都・大坂の三都間を結ぶ最重要交通路とされ、通行時間は明け6つから暮れ6つまでと規定されて夜間通行は原則禁止された。これにより、「入鉄炮に出女」に象徴される厳重な監視体制が採られた。後に、寛永年間に同じ東海道の今切関所(新居関所:舞坂宿(静岡県浜松市西区)と新居宿(静岡県湖西市)の間に位置)との役割分担が定められ、今切が江戸に入る鉄砲(入鉄炮)を監視し、箱根が江戸から出る女性(出女)を監視する任務を主とするようになった。貞享3年(1686年)の小田原藩の職制によれば、箱根関所は番頭1・平番士3(以上侍身分)・小頭1・足軽10・仲間(中間)2(以上「足軽」身分)・定番人3・人見女2・その他非常用の人夫から構成された。後に番頭を補佐する者として侍身分の横目1名が追加された。侍・足軽身分の者は小田原藩士であり、侍は毎月2日、足軽は毎月23日に小田原城から派遣されて交代で勤務したが、定番人・人見女は箱根近辺の農民から雇用して幕府が手当の肩代わりを行い、人夫は主として駿東郡などの小田原領民があたった。箱根関所以外にも箱根裏街道には仙石原関、足柄路の流れを汲む矢倉沢往還には矢倉沢関所、熱海入湯道(熱海道)に根府川関所など5ヶ所の脇往還にも関所が設置された。江戸幕府の公式な箱根関所と5つの脇関所から江戸時代の箱根関が構成され、それ以外の経路を通過することは「関所破り」「関所抜け」として固く禁じられていた。明治2年(1869年)に明治政府が諸国の関所を全廃したときに廃止された。(Wikipedia)

d0183387_1685411.jpg
d0183387_1694229.jpg
大番所                       京口御門


d0183387_16564982.jpg 身替り地蔵
宇治川の先陣争いで名高い梶原景季(かげすえ)はある年箱根を通りかかった時何者かに襲われました。当時弁舌巧みでたびらび人をおとしいれた平景時と間違えられたらしいのです。幸いにもかたわらにあった地蔵が身替りになってようやく命が助かりました。それ以来この地蔵を景季の身替り地蔵と呼んだとのことです。(案内板)


箱根宿
東海道五十三次の10番目の宿場である。1618年に箱根山にかかる箱根峠と箱根関所の間の狭い地域に設置された。これに対して古くからの箱根の町があった関所から江戸寄りの地域を「元箱根」と呼ぶ。これは関所設置に不満を抱いた元箱根の住民が本陣の提供を拒んだため、大坂寄りに急遽人工の町を設置したためである。最初の住民は隣接する小田原・三島両宿場の住民を強制的に移住させたといわれている。標高725m という五十三次の中で最も高い場所に置かれていたため、幕府も宿場の維持に苦心したという。(Wikipedia)


d0183387_16473877.jpg
d0183387_1648540.jpg
塔ヶ島                        箱根駅伝往路ゴール地点

神奈川県立恩賜箱根公園
神奈川県足柄下郡箱根町元箱根にある神奈川県立の都市公園(風致公園)。ここはかつての函根離宮跡で、1946年に一般開放された。芦ノ湖に突き出た塔ヶ島と呼ばれる半島にあり、離宮を模した展望台からは箱根外輪山や富士山が一望できる。園内の散策路では、5月にはツツジ、夏から秋にかけてはヤマユリを楽しむことが出来る。周辺には箱根関所跡や旧東海道杉並木などの観光名所がある。(Wikipedia)


d0183387_17203919.jpg駒形神社
駒形神社は天御中主大神(あめのなかのぬしのおおかみ)、大山祇神(おおやまずみのかみ)、素戔鳴命(すさのうのみこと)を祭神とした箱根宿の鎮守です。箱根神社の社外末社として荒湯駒形権現とも称し、神社の創立は古いものと思われます。(案内版)



d0183387_1721148.jpg芦川の石仏群
この箱根旧街道向坂地区の入口付近には「芦川の石仏群」と呼ばれる数多くの石仏・石塔があります。もとは芦川集落内の駒形神社境内にあったものを写したといわれています。ここには箱根で最も古い万治元年(1658)の庚申塔や江戸時代後期に建てられた多くの巡礼供養塔などがあります。

国指定「箱根旧街道」向坂地区杉並木・石畳
旧箱根宿の西側にある芦川の街並みを過ぎると旧東海道は箱根峠までの約400mにわたって急坂が続きます。この坂は順に「向坂」「赤石坂」「釜石坂」「風越坂」と呼ばれています。江戸時代前期、街道整備の一環としてこの急坂の両側には杉が植えられ、道路には石畳が敷設されました。(案内版)

箱根峠
律令時代には、相模国(箱根町)駿河国(小山町)との境に当たる足柄峠には、足柄関が設置された。鎌倉時代から天正時代まで は東海(駿府、浜松など)や関東(鎌倉、小田原など)に本拠地を置く戦国武将は、箱根峠と足柄峠を防衛の要衝としていた。鎌倉時代以後の「関東」の定義は、「東海道の箱根峠、足柄峠から東の地」となり、この定義が第二次大戦後の「関東地方」の基になっている。戦国時代には、箱根を介して武田氏・後北条氏・今川氏が「甲相駿三国同盟」を結んでいた。江戸時代になると、徳川幕府の五街道整備において、距離の短い箱根峠ルートが重視された。芦ノ湖畔には箱根の関が設けられ、幕府防衛のための関と位置付けられた。(しかし関所として取締りが厳重で厳しかったのは新居の関で、箱根の関は、比較的緩やかだった。)関の守備は小田原藩が担当した。幕末には、佐幕派の遊撃隊と明治政府に恭順していた小田原藩兵との間に関所をめぐり激しい戦闘が行われ、関の大部分が戦火で焼失した。(Wikipedia)

by Twalking | 2013-04-30 19:57 | 東海道(完)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 クレマチス   

d0183387_1044048.png

クレマチスでしょうか。。。
多摩市愛宕

by Twalking | 2013-04-30 09:11 | ○Flower

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ○Bird   

d0183387_132361.png

たたずむ
乞田川/多摩市落合

by Twalking | 2013-04-29 11:09 | ○Bird

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 姫うつぎ   

d0183387_2232841.jpg

姫うつぎ/大巧寺
ウツギ(空木、学名:Deutzia crenata)
ユキノシタ科の落葉低木で、ウノハナ(卯の花)とも呼ばれる。樹高は2-4mになり、よく分枝する。樹皮は灰褐色で、新しい枝は赤褐色を帯び、星状毛が生える。葉の形は変化が多く、卵形、楕円形、卵状被針形になり、葉柄をもって対生する。花期は5-7月。枝先に円錐花序をつけ、多くの白い花を咲かせる。普通、花弁は5枚で細長いが、八重咲きなどもある。茎が中空のため空木(うつぎ)と呼ばれる。「卯の花」の名は空木の花の意、または卯月(旧暦4月)に咲く花の意ともいう。(Wikipedia)


d0183387_2236731.png

シラーベルビアーナ/大巧寺
オオツルボ(大蔓穂、学名:Scilla peruviana)
ユリ科ツルボ属(シラー属またはスキラ属ともよぶ。)の多年草。学名よりシラー・ペルビアナで呼ばれる事も多い。原産地は地中海沿岸の南ヨーロッパ、北アフリカなど。草丈20~40cmほど。5~6月ごろ、花茎の先に径2cmぐらいの星型の小花を数十個傘状につける。花色は濃い紫が多いが、白色の物もある。蕾は個々の蕾が集まった楕円形をしており、下のほうより咲き始め、沢山の花が釣り鐘状になる。(Wikipedia)



d0183387_2253746.jpg
d0183387_22533869.jpg

大巧寺(だいぎょうじ)/鎌倉市小町
初め「大行寺」という名でしたが、源頼朝がこの寺で行った軍評定で大勝したので「大巧寺」に改めるようになったと伝えられています。室町時代の終わりの頃、この寺の住職の日棟上人が難産で死んだ秋山勘解由(かげゆ)の妻を供養して成仏させました。その後、お産で苦しむ女性を守護するために「産女霊神」(うぶすめれいしん)を本尊としてお祀りしました。(鎌倉市)

by Twalking | 2013-04-27 22:38 | ○Flower

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ○写真上達への道   

d0183387_21592479.jpg

サーファー
七里ヶ浜/稲村ヶ崎磯づたいのみち

by Twalking | 2013-04-27 21:42 | ○写真上達への道

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ○写真上達への道   

d0183387_21421251.jpg

古の道
法華堂跡(源頼朝墓)/鎌倉市西御門

by Twalking | 2013-04-27 21:26 | ○写真上達への道

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ○写真上達への道   

d0183387_13593294.jpg

噴水
多摩中央公園/多摩市

by Twalking | 2013-04-26 13:12 | ○写真上達への道

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 メタセコイア   

d0183387_15123841.jpg

メタセコイア大通り/多摩市唐木田

by Twalking | 2013-04-26 13:02 | ○Flower

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 番外 ぶらり箱根 01 箱根神社   

d0183387_19573338.jpg
三の鳥居/表参道

d0183387_19584438.jpg
湖上に浮かぶ平和の鳥居

d0183387_19532342.jpg
神門&拝殿


・・・・・・・・・
資料ファイル

箱根神社
〈箱根大神〉  瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)、木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)、彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)の3神の総称。
明治に神仏分離が行われるまで「関東総鎮守・箱根権現」といわれていたが、神仏分離以後に社格が旧国幣小社と低いものになってからも、かつて総鎮守であった箱根神社の存在感は非常に大きく、吉田茂を始めとする政財界の大立物が陸続と参拝したことで知られる。なお、駒ヶ岳山頂には奥宮(元宮)がある。六国史や延喜式神名帳には見えないが、古代よりの山岳信仰の霊地であったと見られる。『筥根山縁起』によれば、孝昭天皇の時代、聖占仙人が駒ヶ岳を神体山として神仙宮を開いたのに始まり、天平宝字元年(757年)、万巻上人が現在地に里宮を創建して僧・俗・女の三体の神を箱根三所権現として祀ったと伝える。駒ヶ岳山頂には箱根元宮が昭和39年(1964年)に堤康次郎の寄進によって再建された。以来、奥宮として登拝者を集めている。 社宝の『箱根権現絵巻』には、天竺斯羅奈(しらな)国・波羅奈国の姫君と王子が日本に来て箱根三所・伊豆二所両権現となったという伝承が掲載されている。『吾妻鏡』には石橋山の戦いで敗れた源頼朝を当社の権現別当が助けたとの記事があり、以降、関東の武家の崇敬を受けるようになった。豊臣秀吉の小田原征伐の際に焼失したが、徳川家康が社領200石と社地不入の朱印状を寄せ、社殿を再建した。(Wikipedia)

d0183387_23371978.jpg
d0183387_23375994.jpg
二の鳥居                         四と奥の五の鳥居


d0183387_23402316.jpg箱根神社の矢立のスギ
(かながわの名木100選)
平安時代に征夷大将軍坂上田村麻呂が蝦夷平定に、また陸奥守源頼義が安倍氏追討に際してこのスギに表矢を献納したと伝えられている。樹高35m・胸高周囲6m樹齢約200年(伝承)。(案内版)



d0183387_06788.jpg九頭龍神社新宮
九頭龍神社の縁起は箱根神社と同じ天平宝字元年(757年)。九頭龍神社は箱根神社を開いた万巻上人が調伏した龍を奉る神社である。芦ノ湖がまだ万字ヶ池と呼ばれていた奈良時代以前、箱根の村には毎年 白羽の矢が立った家の若い娘を芦ノ湖に棲む毒龍に人身御供に差し出すという習慣があった。それを知った箱根山で修行中の万巻上人は娘達を助け、村人を助けるため法力で毒龍に改心してもらうため立ち上った。 万巻上人は御仏に祈り人身御供の代わりに三斗三升三合三勺の赤飯を21日間の祈祷満願日の前日6月13日(旧暦)に捧げることを誓い、湖畔で経文を唱え 毒龍に対して人身御供を止めるように懇々と仏法を説いた。毒龍は 姿形を変え、宝珠・錫杖・水瓶を捧げ出現した。それでも鉄鎖の法を修し、龍を湖底の白檀の大樹に縛り付け、仏法を説き続けた。後に、その木は「逆さ杉」と呼ばれるようになった。 龍は、もう悪事はせず、地域一帯の守り神になる旨を約束をする。万巻上人は龍の約束が堅いことを知り、九頭龍大明神としてこの地に奉ることにした。その満願の日とは6月14日(旧暦)。そのため九頭龍神社の祭りは、毎年6月13日が例大祭、毎月の13日が月次祭である。 今でも芦ノ湖の湖水祭ではお櫃に赤飯を入れ、御供船に載せ 逆さ杉のところで湖底に沈め捧げる。このお櫃が浮かび上がってくると龍神が受け入れなかったとされ、災いが起きると言われる。(Wikipedia)



d0183387_06685.jpg曽我神社
鎌倉時代、箱根権現の稚児であった曽我五郎時致と、兄十朗祐成の霊を慰めるため「勝名荒神祠」としてお祀りされたのが始まりである。江戸時代の正保四年(1647)小田原城主稲葉美濃守正則が石造の本殿を造営し、また平成の御代に社殿を改修した。祥月命日には故実による傘焼の神事や、居合道の奉納等が行われ、今日なお心願成就の守護神として崇敬されている。(案内板)



d0183387_065699.jpg第六天神社
御祭神淤母陀琉神(おもだるのかみ)は神代の昔、 天神 ( あまつかみ ) の第六番目に誕生された生殖力の旺盛な神ですが特に殖産興業・商売繁昌の守護神と敬仰されています。箱根神社は古来関東における山岳信仰の霊場として崇められ、奈良時代の末 萬巻上人 ( まんがんしょうにん ) により現在地に奉遷されました。爾来、箱根山に入峰修行する多くの修験者(山伏)等が 跪拝 ( きはい ) した九頭龍明神や弁財天と共に第六天神と崇め奉り信仰しましたが、明治維新の神沸分離以来ひっそり奉斎されてきました。(案内板)


by Twalking | 2013-04-25 21:31 | 東海道(完)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ○写真上達への道   

d0183387_18433080.jpg


鶴牧東公園/多摩市鶴牧

by Twalking | 2013-04-25 18:10 | ○写真上達への道