無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 <   2015年 01月 ( 64 )   > この月の画像一覧   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 いざ西へ60 水口城南駅   

d0183387_22045751.jpg

近江鉄道・水口城南駅/東海道水口宿


近江鉄道本線
滋賀県米原市の米原駅から滋賀県甲賀死氏の貴生川駅までを結ぶ、近江鉄道の鉄道路線である。「近江線」「近江本線」などと呼ばれることがある。また、本線を始め近江鉄道各線は地元住民から「近江ガチャコン」「ガチャコン」と呼ばれることがある。東海道本線や草津線のルートから外れた近江盆地の穀倉地帯を縦断する鉄道として、北陸から関西鉄道(現在の草津線)へ伊勢参詣への短絡路も兼ねて建設された。五箇荘以北は旧中山道、五箇荘から日野までは旧御代参街道(伊勢道)におおむね沿っている。(Wikipedia)


by Twalking | 2015-01-31 22:26 | ○station

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 いざ西へ59 彦根駅   

d0183387_17362540.jpg

JR西日本彦根駅/東海道本線


彦根駅 
滋賀県彦根市古沢町にある西日本旅客鉄道(JR西日本)・近江鉄道の駅である。JR西日本の東海道本線と近江鉄道の本選が乗り入れている。JR西日本の駅はアーバンネットワークエリアに属し、東海道本線は「琵琶湖線」の路線愛称設定区間に含まれている。(Wikipedia)

by Twalking | 2015-01-31 17:37 | ○station

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 番外 ぶらり近江八幡   

日時 2015.1.24(土)
天気 晴れ

d0183387_13294134.jpg
日牟禮八幡宮


d0183387_13343909.jpg
八幡堀


d0183387_13354563.jpg
朝鮮人街道

d0183387_13355137.jpg
d0183387_13354885.jpg
新町通り                       京街道道標


・・・・・・・・・・・・・・・・
資料ファイル 

近江八幡市(おうみはちまんし)
滋賀県中部、琵琶湖東岸に位置する市。2010年(平成22年)321日、近江商人と水郷で有名な(旧)近江八幡市と安土城で有名な蒲生郡安土町が合併して成立した。近江八幡市は、豊臣英次が築いた城下町を基礎として、近世は商業都市として発展した。いわゆる近江商人の発祥の地である。近世の風情がよく残る新町通り、永原町通り、八幡堀沿いの町並みおよびに日牟禮八幡宮境内地は「近江八幡市八幡伝統的建造物群保存地区」の名称で国の重要伝統的建造物群保存地区として選定されており、時代劇の撮影場所としてもよく使われる。ウイリアム・メレル・ヴォーリズが住み、多くの近代建築作品を遺した地としても知られている。「近江八幡」を冠する神社があるとしばしば誤解を受けるが、地名のもととなった神社名は「日牟禮八幡宮」である。市域は全般に平坦地で、鈴鹿山系に源を発する諸河川により形成された湖東平野の一角をしめる。市内には、雪野山、瓶割山、八幡山(鶴翼山)、岡山、長命寺山、津田山(奥島山)などの小高い山が平野に浮かぶように点在し、琵琶湖上には同湖で最大の島である沖島と呼ばれる有人島がある。また市の北東部には、西の湖が水郷地帯を展開しており、「安土八幡の水郷」として琵琶湖八景の一つに数えられている。(Wikipedia)


d0183387_15100143.jpg日牟禮八幡宮
(ひむれはちまんぐう)
祭神は誉田別命(ほんたわけのみこと)、息長足姫尊(おきながたらしひめのみこと)、比賣神(ひめかみ)の三柱。古くから近江商人の信仰を集め、二大火祭の「左義長まつり」と「八幡まつり」は国の選択無形民俗文化財である。伝承によれば、131年、成務天皇が高穴穂の宮に即位の時、武内宿禰(たけしうちのすくね)に命じてこの地に大嶋大神を祀ったのが草創とされている(この大嶋大神を祀ったのが、現在の大嶋神社奥津嶋神社なのか、境内社の大嶋神社なのかは定かではない)。275年、応神天皇が奥津嶋神社から還幸の時、社の近辺に御座所が設けられ休憩した。その後、その仮屋跡に日輪の形を2つ見るという不思議な現象があり、祠を建て、日群之社八幡宮と名付けられたという。691年、藤原不比等が参拝し、詠んだ和歌に因んで比牟禮社と改められたと云われる(「天降りの 神の誕生の八幡かも ひむれの杜に なびく白雲」)。991年(正歴2年)、一条天皇の勅願により、八幡山(法華峰)上に社を建立し、宇佐八幡宮を勧請して、上の八幡宮を祀った。さらに、1005年(寛弘2年)、遥拝社を山麓に建立し、下の社と名付ける(現在の社殿は下の社に相当)。1590年(天正18年)、豊臣秀次が八幡山城築城のため、上の八幡宮を下の社に合祀した。替地として日杉山に祀る予定であったが、1595年(文禄4年)秀次が自害に及び、日杉山に社殿は建立されず、現在のように一社の姿となった。秀次自害により八幡城は廃城となったが、城下町は近江商人の町として発展し、当社は守護神として崇敬を集めた。(Wikipedia)

d0183387_16245602.png

八幡山城
1582年(天正10年)の本能寺の変により灰燼に帰した安土城は、山崎の戦いの後の清洲会議によって織田秀信を城主に、織田信雄を後見人として再興することとなった。しかし翌1583年(天正11年)の賤ヶ岳の戦い以降、政情が豊臣秀吉の天下へする中で、1585年(天正13年)の紀州攻め、四国征伐で副将格で戦陣に入り武勲を立てた豊臣秀次は823日の論功行賞で近江八幡43万石(豊臣秀次は20万石、宿老に23万石)を与えられると安土城の隣地に八幡山城を築き、安土城の建物や城下町を移築することにした。豊臣秀吉は八幡山城を安土城に替わる近江国の国城として、豊臣秀吉自身がフ普請の指揮をとり、山頂の城郭と麓にある居館、そして安土城から移築した城下町の造営に力を注いだ。しかし、八幡山は安土山と違い険しい山で、山の斜面を十分活用できず麓の居館が城の中心となった。豊臣秀吉の八幡山築城の狙いは、豊臣秀次の宿老に田中吉政を配し、水口岡山城に中村一氏、長浜城に山内一豊、佐和山城に堀尾吉晴、竹ヶ鼻城一柳直末を配して、近江国を軍事的、経済的要衝として万全な体制にすることにあった。豊臣秀次は18歳で入城したが、1590年(天正18年)に尾張清洲城へ移封。代わって京極高次が28千石で入城したが、1595年(文禄4年)秀次事件で羽柴秀次は切腹、聚楽第と同時期に八幡山城が廃城となると京極高次は大津城へ移った。築城から10年で廃城となった。(Wikipedia)


d0183387_15212540.jpg八幡堀
(はちまんぼり)
戦国時代に造られた滋賀県近江八幡市にある人工の水路。八幡堀の水運によって町は発展し、近江商人を生んだ。幅員約15メートル、全長6キロメートルに及ぶ。安土桃山時代に豊臣秀次が八幡山城を築城した際、市街地と琵琶湖を連結するために造られた。城下町の都市計画として整備され、城を防御する軍事的な役割と、当時の物流の要であった琵琶湖の水運を利用する商業的役割を兼ね備えた。八幡堀により船や人の往来が増えたことで商業が発達し、八幡山城廃城後の江戸時代には、近江商人(八幡商人)による町の発展に大きな役割を果たした。町は大阪と江戸を結ぶ重要な交易地として発展し、堀沿いには裕福な豪商たちの白壁の土蔵や旧家が建ち並ぶ。(Wikipedia)


d0183387_15350289.jpg朝鮮人街道
(ちょうせんじんかいどう)
近江国(滋賀県)に存在した近世の脇往還である彦根道(ひこねみち)、京道(きょうみち)および八幡道(はちまんみち)の異名である。中山道(上街道)との比較で下街道・浜街道、あるいは朝鮮人道、唐人街道などともいう。東海道・中山道などの道と異なり、以前からあった農道などから比較的交通量が多い道を継ぎ足してできた道であるため、距離は約41.2kmで同区間の中山道38.7kmより長い。滋賀県野洲市行畑で中山道から分岐し、琵琶湖沿いを八幡・安土・彦根を経由して、滋賀県彦根市鳥居本で再び中山道に合流した。旧来の中山道が安土城下を経由しないため、織田信長が岐阜城から安土城を経由して京都に向かう道として整備し、安土城築城後の天正5年(1577)に城下に宛てた13ケ条の定書において『安土発展のため中山道ではなく、この街道を通ることが原則』とされ、安土落城後に同地を支配した豊臣秀次は八幡建設後町衆に対して同様の定めを公布し、この道の利用を奨励した。慶長5918日(16001024日)、徳川家康が関ヶ原の戦いに勝利した後、佐和山より永原に至り上洛凱旋する際この道を通り、秀忠もこの道を用いて永原に逗留し軍が整うのを待ち上洛した。このため縁起が良い道と認識され、以降将軍上洛の度に用いられ、沿道には永原(永原茶御殿)と神崎郡伊庭(現東近江市)に将軍休息所を設け、将軍専用の道とされ参勤交代での大名使用は認められていなかった。(Wikipedia)



by Twalking | 2015-01-31 16:26 | 東海道(新規)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ○写真上達への道   

d0183387_12223385.jpg

雪晴
多摩センター駅/多摩市

by Twalking | 2015-01-31 12:29 | ○写真上達への道

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ○写真上達への道   

d0183387_08231544.jpg

彦根の朝/彦根市
まだかなぁ~・・・。
2015.1.25.7:14


by Twalking | 2015-01-31 08:25 | ○写真上達への道

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ○写真上達への道   

d0183387_22525246.jpg

八幡堀/近江八幡市

by Twalking | 2015-01-30 23:03 | ○写真上達への道

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ○写真上達への道   

d0183387_20272204.jpg

車窓の風景・伊吹山
東海道新幹線米原付近

by Twalking | 2015-01-30 20:28 | ○写真上達への道

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ツワブキ   

d0183387_19455237.jpg

ツワブキ
西見付/東海道関宿
2015.1.25

by Twalking | 2015-01-27 20:03 | ○Flower

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ○walk 133   

d0183387_20002385.jpg
二十七曲り/東海道鈴鹿峠
みなさんポールお持ちなんですね~、いいですね!一歩ずつ行きましょう~。。。

by Twalking | 2015-01-27 20:02 | ○walk

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 東海道(31)庄野宿~土山宿04    

日時 2015.1.24(土)~26(月)
天気 晴れ&曇り

最後の難関・鈴鹿峠を越えて近江国へ入りました。
『坂はてるてる 鈴鹿は曇る あいの土山雨が降る』
馬子歌にもあるように気候の変化の激しい所です。

雪時雨に備えて装備をしっかり準備して頂きました。
結果、この季節にしては暖かで雨も降らず、
もう、最高の条件で峠越えをすることができました。

でも、備えあれば憂いなし、このくらいの心構えが
あってのこと、みなさん余裕を持って歩かれてました。
よかったです、越えて一安心ですね。

城下町亀山・丁度大市の開催日とも重なりましたし、
伝馬館もご厚意により開館して頂きました。
鈴鹿越えとともに記憶に残ることでしょう、
ありがとうございました。

さぁ~、近江路、一路琵琶湖へ。
楽しみですね、みなさんお疲れさまでした。
楽しかったで~す!


・・・初日・亀山宿
d0183387_10531734.jpg
北伊勢名物・亀山大市の開催日だったんですね、ラッキー!/亀山宿江戸見附

d0183387_10571607.jpg
d0183387_10570930.jpg
亀山城多門櫓                    広重も描いた京口坂

d0183387_11030525.jpg
大岡寺畷道を関宿へ

d0183387_11084592.jpg
d0183387_11090146.jpg
亀山特産ローソク                  あすに備えて伊勢御前で元気回復


・・・2日目・関宿・坂下宿&鈴鹿峠

d0183387_11231803.jpg
朝の関宿から鈴鹿峠を望む/百六里庭・眺関亭

d0183387_11243771.jpg
d0183387_11244123.jpg
関宿名物・関の戸、開いて頂きましたぁ~! のんびり関宿散策

d0183387_11323935.jpg
最後の難関・鈴鹿峠、近江国ですよ~/鈴鹿峠

d0183387_11352395.jpg
d0183387_11352713.jpg
三子山の麓を巻いていきま~す         二十七曲がり、ゆっくり行きましょう~


d0183387_11485867.jpg
さぁ~、一路土山宿へくだりましょう

d0183387_11495328.jpg
d0183387_11495735.jpg
趣のあるいい社叢ですね/田村神社       峠越えのあとは、やっぱりお肉かなぁ~


・・・3日目・土山宿

d0183387_12024091.jpg
休館日でしたが、開けていただけました、ありがとうございま~す!/東海道伝馬館

d0183387_12024501.jpg
d0183387_12024866.jpg
錦絵が描かれていて、いい雰囲気です    茶畑の広がる反野畷道/大野町


d0183387_12025452.jpg
みなさんで記念撮影しました/道の駅あいの土山


・・・・・・・・・・・・・・・
記録
人数 21名
歩数 初日26400歩 2日目31800歩 3日目16900歩
時間 初日4時間20分 2日目6時間40分 3日目3時間30分
宿泊 ルートイン亀山(連泊)

行程
(初日)
東京駅7:56⇒三河安城10:50⇒井田川駅(WC・S)12:30・・・和田道標・・・
石上寺・・・栄町Fマート(少休)13:35・・・おぼの神社参道・・・
露心庵跡・・・巡検道・・・江戸口門・・・土山宿・・・遍照寺・・・
石井兄弟仇討碑・・・亀山城(WC)14:45・・・西堀跡・・・京口門跡・・・
京口坂・・・照光寺・・・野村一里塚・・・布気皇舘神社・・・
昼寝観音(WC・S)・・・大岡寺畷・・・関一里塚・・・小万もたれ松・・・
大鳥居・追分・・・関宿・・・道の駅関17:00(WC・S)17:25⇒
ルートイン亀山17:40
(2日目)
ルートイン8:00⇒道の駅関(WC・S)8:20・・・関宿・・・福蔵寺・・・
深川屋・・・地蔵院・・・西追分(WC)9:40・・・
ころび石・・・筆捨山・・・沓掛一里塚・・・水掛・・・馬子会館(WC)10:55・・・
坂下宿・・・岩屋観音・・・バーベキュー鈴鹿峠(昼食・WC・S50分)12:30・・・
片山神社・・・二十七曲がり・・・鈴鹿峠・・・人講常夜灯(WC)13:00・・・
十楽寺(WC)13:30馬子唄の碑・・・山中一里塚(S)・・・猪鼻淨福寺・・・
蟹坂古戦場・・・海道橋・・・田村神社(WC・S)・・・道の駅15:00(買物)
15:30⇒ルートイン15:55
(3日目)
ルートイン8:00⇒道の駅(WC・S)8:45・・・土山一里塚・・・来見橋・・・
土山宿・・・伝馬館(WC・見学20分)9:35・・・南土山ローソン(小休)10:25
・・・歌声橋・・・滝樹神社参道・・・長楽寺・・・大野一里塚・・・大日川堀割・・・
反野畷道・・・大野公民館(WC・S)・・・赤甫碑・・・大野P12:00⇒
名阪関ドライブイン(昼食90分)14:55⇒長島SA(小休)三河安城駅15:30・16:07⇒
東京駅18:47

by Twalking | 2015-01-27 13:25 | 東海道(新規)