無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 <   2017年 11月 ( 64 )   > この月の画像一覧   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 モミジあれこれ   

d0183387_15214084.jpg
イロハモミジ/京王百草園

イロハモミジ

カエデ科の落葉高木。イロハカエデ、タカオカエデともいう。葉は対生し、葉柄は24cm、葉身は長さ、幅ともに47cmで掌状に57裂し、縁(へり)に粗い重鋸歯(じゅうきょし・大きなギザギザの中に小さなギザギザ)がある。冬芽の鱗片は45対。雌雄同株。45月、径約5mmの小花が1020個、散房状円錐花序に開く。花弁は淡黄白色で5枚、萼片は紅色で5枚、雄しべは8本。果実は2翼があり、秋に熟す。福島県以西の本州、四国、九州、朝鮮南部、中国東部の温帯から暖帯に分布する。庭園にもっともよく植えられるカエデで、多数の園芸品種がつくりだされている。名は葉の裂片をイロハ順に数える遊びに由来する。またタカオカエデは京都のカエデの名所高尾にちなむ。秋の紅葉が美しい。(コトバンク)


d0183387_15242165.jpg
ヤマモミジ/松が谷さんぽ道


ヤマモミジ(山紅葉)

カエデ科の落葉高木。高さ10m。葉は対生しイロハカエデに似ているが、葉が大きく長さ610cm。中ほどまで79裂し、裂片は狭卵形から広披針(こうひしん)形で先が尾状にとがり、縁に重鋸歯(じゅうきょし)または切れ込みがある。45月、新枝の先に紅色の小花が散房花序をなして垂れる。翼果は大きく、翼の長さは約2cm。秋に美しく紅葉する。山地に生え、中部地方以北の本州から北海道に分布する。(コトバンク)


d0183387_15564772.jpg
オオモミジ/京王百草園

オオモミジ(大紅葉)

カエデ科の落葉中高木。イロハモミジに次いで日本の代表的なカエデで園芸品種も多い。イロハモミジに比べ葉がやや大きく、鋸歯(きょし)は一般に規則的な細かい単鋸歯(同じようなギザギザ)。北海道、本州、四国、九州の主として温帯山地に分布する。変種ヤマモミジは葉が79裂し粗い重鋸歯をもつ。青森県から福井県までの日本海側山地に分布する。イロハモミジやオオモミジの野生のものを園芸品種に対比させ単にヤマモミジということがあるが分類学上は正しくない。(コトバンク)


d0183387_14283067.jpg
オオサカズキ/京王百草園

オオサカズキ(大盃)
オオモミジの園芸品種です。葉が内側に巻き盃上になるのでこの名があります。秋に美しく黄葉します。(説明板)



・・・
紅葉と黄葉の違い

葉が赤くなるのは葉の中の緑色のクロロフィルが分解して赤いアントシアンが生成されることでおこる。黄色の方は緑のクロロフィルが分解して黄色のカロチノイドが残るから黄色くなる。

モミジとカエデの違いは

植物分類上ではカエデとモミジは、区別はしません。植物学的にはモミジもカエデも「カエデ」と言い、どちらも分類上カエデ科のカエデ属の植物です。一般的にはカエデの仲間の特にきれいな仲間(子供の手のような葉の形のやつ)をモミジと区別して呼んでいます。園芸上や盆栽の世界では葉の切れこみ数切れこみ具合によって明確に区別しています。イロハモミジヤマモミジオオモミジなど葉が5つ以上に切れ込んで掌状のものをモミジと呼び、それ以外のトウカエデ(切れ込みが3つのもの)などをカエデと呼んでいます。(RICOH)


by Twalking | 2017-11-30 19:51 | ○Flower

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 多磨駅   

d0183387_10123166.jpg

西武多摩川線多磨駅/府中市
多磨霊園の最寄駅ですが、
墓参りは車ですので初めて降りました。
人見街道が通っているんですね~。


多磨駅

府中市紅葉丘三丁目にある西武多摩川線の駅。相対式ホーム22線を有する地上駅。駅舎は武蔵境方面ホーム側にあり是政方面ホームとの間は構内踏切により連絡している。駅の北西方向に旧駅名の由来となった都立多磨霊園、府中紅葉丘郵便局、府中市立紅葉丘図書館があり、霊園の北側には警視庁府中運転免許試験場がある。旧在日米軍関東村跡地の北西端に近く、その跡地に移転した東京外国語大学・東京スタジアム(味の素スタジアム)・警視庁警察学校や武蔵野の森公園へのアクセス駅となっており、東側バスロータリーが通り道となる。当駅北側を人見街道(都道110府中三鷹線)が通る。Wikipedia


by Twalking | 2017-11-30 11:34 | ○station

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 聖観音像-真照寺   

d0183387_18021143.jpg

聖観音像
真照寺/川崎街道(日野市落川)
鮮やかな紅葉に囲まれて
健やかなお姿だこと
合奏。

by Twalking | 2017-11-29 19:50 | ○石像&モニュメント

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 十月桜   

d0183387_16201685.jpg

七生丘陵/日野市百草
小春日和の穏やかな天気に誘われて
里山をぶらりっと歩いてみました。
あれ、十月桜でしょうか?、やっと会えたね。


ジュウガツザクラ
十月桜)
バラ目バラ科サクラ属の植物。エドヒガンの系列でコヒガンの園芸品種。毎年、年に二度開花する。花が4月上旬頃と10月頃の年2回開花する。花は十数枚で花弁の縁が薄く紅色になる。また萼筒が紅色でつぼ型である。春は開花期に新芽も見られる。また、春のほうが花は大きい。樹高は5m程。シキザクラ、コブクザクラ等も年に2回開花する。(Wikipedia



by Twalking | 2017-11-29 16:49 | ○Flower

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 西武多摩川線   

d0183387_14463077.jpg

西武多摩川線/人見街道踏切(府中市紅葉丘)
あまりご縁はなかったですが、歴史は古いんですね。
是政~多磨駅まで初乗車、記念に一枚、パチリ!です。


多摩川線

武蔵野市の武蔵境駅と府中市の是政橋を結ぶ西武鉄道の鉄道線路である。俗に、旧路線名から是政線とも呼ばれる。多摩川河原で採取した川砂利を運搬する目的で1910年設立された多摩鉄道によって開業した路線で、戦中は中島飛行機の工場への引き込み線があり沿線工場への貨物輸送にも利用された。多摩川線は路線名の変遷が激しい。多摩鉄道時代の1922年に是政駅まで全通後、1927年に旧西武鉄道に吸収され路線名は多摩線と呼ばれるようになる。その後路線名は是政線と名称変更され、後に更に武蔵境線と変更、そして現在の多摩川線に変更されて今に至る。他の西武鉄道の路線群とは直接の接続がない孤立路線でJR中央線の武蔵境駅から南西に延びている。(Wikipedia


by Twalking | 2017-11-28 15:20 | ○sun&moon

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 第4回『歩いて知ろう!わがまち府中』開催   

日時 2017.11.26(日)
天気 晴れ


秋晴れのいいお天気に恵まれて
第4回の府中市ウオーキング大会が開催されました。

20km・13km・ファミリー6kmに今回から
ポールウオーキング、ガイドウオークを新設しましたので、
ウオーカーのみなさんのお好みに合わせて選択できます。

メイン会場も府中駅前のケヤキ通り、交通の便も良くなりまし、
回を重ねるごとに参加者も増えています。
晩秋の府中、楽しんでいただけたでしょうか?!
みなさ~ん、ありがとうございました、楽しかったで~す!104.png



・・・スターティング/ケヤキ通りフォーリス前

d0183387_15373594.jpg
高橋市長の合図で20kmのスタートです、いってらっしゃ~い!

d0183387_15481828.jpg
d0183387_15482307.jpg
受付風景                            コース説明&諸注意のお願い


・・・20kmコースアラカルト 

d0183387_15535922.jpg
真白な富士も笑顔でお見送り、府中崖線を分倍河原駅へ下ります/清水下通り

d0183387_16055475.jpg
分倍河原駅から雑田堀緑道、新田川緑道へ/新田川公園

d0183387_16105402.jpg
d0183387_16140354.jpg
東京都指定旧跡「分倍河原古戦場跡」     旧鎌倉街道です

d0183387_16182830.jpg
熊野神社、甲州街道歩きでは立ち寄る古社です

d0183387_16213525.jpg
d0183387_16175805.jpg
国史蹟「武蔵府中熊野神社古墳」        熊野神社古墳石室復元展示室

d0183387_16310306.jpg
国指定史跡「武蔵国分尼寺跡」/国分寺市境

d0183387_16472070.jpg
美術館通りのケヤキ並木の下を浅間山通りへ

d0183387_16470977.jpg
d0183387_16471454.jpg
府中刑務所正門                 府中の森入口

d0183387_16574618.jpg
ご協力頂いた『タマロード商店会』みなさん、温かな味噌汁美味しかったで~す!、ありがとうございました/多磨霊園駅

d0183387_17024325.jpg
気持いいですね~、多摩川リバーサイド、るんるんです/府中多摩川風のみち

d0183387_17070920.jpg
d0183387_17071340.jpg
小柳散歩道                     小柳公園から多摩川へ

d0183387_17104411.jpg
仲間に迎えられてアンカーゴールです、お疲れさまでした~!

・・・・

d0183387_17245375.jpg
7:30分集合、最終打ち合わせをして矢張設置&コース誘導へ。朝早くからみなさん、ありがとうございました。

d0183387_17282786.jpg
d0183387_17284455.jpg
本日のMCは野島さんです            20kmの矢張

d0183387_17310103.jpg
今回からポールウオーキングを新設、インストラクターの皆さん、お疲れさまでした~!


・・・・・・

第4回『歩いて知ろう!わがまち府中』概要

開催日時: 2017.11.26(日)
       受付開始 8:30~ スタート9:10頃~ 最終Gは15:30まで

主催者: 府中市 

後援: 東京都 府中市体育協会 府中商工会議所 府中観光協会他

メーン会場: 府中駅ケヤキ並木フォーリス前

コース設定
 いけいけ20kmコース  
 るんるん13kmコース  
 ファミリー6kmコース(以上フリーウオーク)
 歴史ガイド6kmコース(ガイドウオーク)  
 ポールウオーキング9kmコース(ポールウオーキング協会)の5コース

大会運営協力
ハナミズキウオーキンググラブ・新宿W協会・千葉県W協会のみなさん

d0183387_17564943.png
20kmコースマップ

by Twalking | 2017-11-28 13:28 | DogWarkig&セミナー(新規)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 多摩のもみじ02   

d0183387_10532999.jpg

滝谷戸遊歩道/八王子市松が谷
「ことしは鮮やかさが足りない」と
お会いした地元の方がおっしゃってましたが・・・、
どうして、どうして、美しい風景だと思いますよ~。


by Twalking | 2017-11-27 10:57 | ○たま-2017

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 源義家像   

d0183387_23444691.jpg

けやき並木(府中市宮本町)

源義家像

「八幡太郎」の名で知られる源義家が、父頼義とともに奥州で起きた乱(前九年の役10511062)を鎮めました。その帰途、康平5年(1062)戦勝祈願成就の報賽として、けやきの苗1000本を大國魂神社に奉納したことが、けやき並木のはじまりと伝えられています。この像は前九年の役、後三年の役で卓抜した武勇をあらわし、源氏の最盛期を迎えた公と府中、大國魂神社、けやき並木の史実を後世に伝えようと府中ロータリークラブにより建てられたものです。(府中市)


by Twalking | 2017-11-26 23:47 | ○石像&モニュメント

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 京王「5000系」新型車両   

d0183387_19123562.jpg

京王線府中駅/府中市宮町
ニュースでは聞いてましたが、実物を見るのは初めて。
この秋から16年振りに導入された「ピカピカの1年生」、
丸みを帯びた立体的な形状に「京王レッド」の鮮やかなカラーリング、
早速、本年度の『グットデザイン賞』を受賞したそうですよ。
やるね~!京王さん、乗るのが楽しみです。

by Twalking | 2017-11-26 19:30 | ○station

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 是政橋   

d0183387_19490341.jpg

橋の風景-是政橋(府中街道)
いいお天気ですね。
明日の『歩いて知ろう!わがまち府中』の
事前準備でここからスタートです。
準備万端、みなさ~ん、お待ちしてま~す!

是政橋

府中市と稲城市の府中街道(都道9号川崎府中線)が通っている。かつては「是政渡し」があった。昭和16年に木造橋、鉄筋コンクリート橋は1957年(昭和32年)に竣工・完成したが、慢性的な交通渋滞、交通量増加や橋の老朽化のために1998年(平成10年)に第1期工事が竣工・完成して掛け替えられ、引き続き第2期工事が行われ2011年(平成23年)に竣工・完成した。これにより車道は上下線が合わせて4車線となった。形式:3径間連続合成桁斜張橋(全長401m) 合成桁:鋼・コンクリート合成床版(SCデッキ)架設工法:トラッククレーン・ベント工法Wikipedia

d0183387_19472392.jpg
是政渡し/府中市是政
是政渡しは 是政と対岸の大丸(現稲城市)とを結んでいた稲城道(川崎街道)筋の渡しで、是政村が経営していたことからその名があります。『新編武蔵風土記稿』(幕末の地誌)の「是正村」の項には「多摩川 (中略)此所に渡船あり、大丸村への往来を渡す。冬は土橋を架して渡船を出さず」と誌されています。渡し賃は明治15年で平水時(25)旅人通行(1)8厘、1人乗人力車(1)16厘、大八荷車(1)25厘でした。この是政渡しも昭和16年に是政橋(木橋)が完成しその姿を消しました。(Wikipedia







by Twalking | 2017-11-25 23:48 | ○たま-2017