無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 <   2017年 12月 ( 33 )   > この月の画像一覧   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 大岳山   

d0183387_23085389.jpg

大岳山
多摩・八王子境の松が谷トンネルの下り道、
真正面に「キューピーちゃん」が望めます。
特長があるのですぐわかります、いい山ですね~。


大岳山
東京都西多摩郡桧原村、奥多摩町の境界、奥多摩山域にある標高1266.5mの山。標高はさして高くないが、個性的な山容を備えた奥多摩の名峰である。日本二百名山及び花の百名山の一つに数えられる。山頂付近の特徴的な山容により同定しやすいことから古くは江戸湾の漁民からも目印にされ、鍋の蓋を伏せたように見えることから「鍋割山」「鍋冠山」と呼ばれた。また、東京都多摩地域、所沢市、相模原市付近でも、地域での通称がつけられていることがある(キューピー山、茶魔山(漫画「おぼっちゃまくんの主人公:御坊茶魔より)など)。Wikipedia


by Twalking | 2017-12-17 23:14 | ○たま-2017

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 『多摩センターイルミネーション2017』02   

d0183387_19593019.jpg

『ウインターコンサート』
多磨センターパルテノン十字路/多摩市落合
木枯らしがビュ~ンですが、
ここは若人の熱気が溢れんばかり、
落合中吹奏楽部のみなさん、
楽しかったよ~、ありがとう~!

by Twalking | 2017-12-17 20:03 | ○たま-2017

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 鎌倉街道上道(8)西大家~鳩山01-市場   

日時 2017.12.14(木)
天気 晴れ


風は冷たいですがいいお天気です。
ウオーキング行事が続き、おまけの腰痛で
自重してましたが、治まったので出掛けました。

電車を乗り継いで西大家から笛吹峠を目指しますが、
ここは鎌倉街道の遺構が多く残るところなので、
じっくりと見てみたい所、楽しみたいと思います。



・・・大家(村)(おおや)/坂戸市


埼玉県入間郡に存在した村。村名の由来はかつてこの地が『和名抄』において「大家郷」の在った所であるという伝承による。現在の坂戸市の南西部に位置しほぼ村内を高麗川が貫流、北東から南西にかけて長い形の村であった。現在の坂戸市厚川、萱方、成願寺、欠ノ上、森戸、四日市場、多和目及び鶴舞、けやき台、西坂戸がほぼ旧村域にあたる。現在は旧村内を東武越生線が通り、西大家駅が設置されている。県立坂戸西高校、城西大学、明海大学が現在ある所も旧大家村内である。
Wikipedia

d0183387_10270855.jpg
街道の風景① 踏切横の水路が鎌倉道の遺構でしょうか?右手の森が神社です/西大谷駅

d0183387_10324514.jpg
国渭地祇神社(
くにいちぎじんじゃ)鳥居/森戸


d0183387_10325067.jpg
国渭地祇神社
当村は高麗川の南岸に位置する。ここは川沿いが低地で南にいくほどゆるやかな台地状になっている。当社はこの村の鎮守として鎮座し、社前の往来は旧鎌倉街道であると伝える。社名は「クニイチギ」と読み、これはおそらく水と関係あるものといわれる。延喜式内社国渭地祇神社の伝承地については、従来、所沢市吉野に鎮座する北野天神社であることが定説となっている。しかし、当社の社殿から鎌倉期とおもわれる古瓦が出土していることや、樹相などが古いということを考えると、古社であることはまちがいない。もと、当社は国一熊野大権現と称していた。この社名の国一美称で国で一番すばらしい社であるという意味が込められこれが後に国渭地祇に転化されたものと思われる。このため社の創立は、越生の本山派修験山本坊と直接結びついていた別当三宮山大徳院の活動にかかわるものではないかと考えられる。社記には、延歴年中、坂上田村麻呂が東征の帰途、奉賽のため社殿を再営し、下って奥州藤原秀衛が再建したと伝えている。(埼玉の神社)

d0183387_10351046.png
森戸の獅子舞
秋になると豊年を祝う獅子舞が市内の各地で行われます。竹で作った「ささら」と呼ばれる楽器を使って獅子舞を踊るので「ささら舞」とも言われ、昔から地元の人々によって受継がれてきました。森戸の獅子舞は江戸時代に始まったと伝えられ、国渭地祇神社と周辺の神社のお祭りに舞われます。獅子は悪霊払いの霊獣として崇められ古来、祭りの主役として獅子舞が全国各地で行われてきました。森戸の獅子舞は江戸時代の安永6年(1777)に始まったと伝わっていますが記録などは残っていません。国渭地祇神社と周辺の神社へ毎年1015日に奉納されます。獅子舞の演者は雄獅子、雌獅子、中獅子の三頭でこれに山の神の天狗、軍配を振って舞いを盛り上げる配追い、花笠をかぶったささら子、これにほら貝、笛吹き、唄うたいが加わります。演目は「すり違い」「竿がかり」「花すい」「秋葉社の舞」「宮まいり」があります。獅子舞の当日はほら貝の合図で社殿を一周する「宮まいり」から始まり、境内で「すり違い」を舞います。四日市場、森戸の秋葉社へ行列を組んで行きそれぞれの神社に舞を奉納します。神社への行き来の間、国渭地祇神社の境内にもどり「竿かがり」を舞い、最後に神社境内で「花すい」を奉納して舞納めとなります。行列の先頭を行く万燈には天下泰平、五穀豊穣、風雨順調、氏子繁昌との願いが記されています。祭の当日に立てられるのぼり旗の文字は巌谷修(児童文学者巌谷小波の父)の書によるものです。(坂戸市教育委員会)


d0183387_10374617.jpg
万葉遺跡大家が原歌碑/坂戸市大字四日市市場
万葉集 巻14に『入間道の大家が原のいはゐづら ひかばぬるぬる吾に絶えそね』と歌われるごとく大家は古い歴史をもつが、和名抄所載入間郡の郷名に大家(於保也介)と見えている。しかしこの大家郷が現在の越生から坂戸の一部大家付近と推定されるだけでいまだ確かな論証はされていない。この歌は入間野に生うるいはゐずらが引けばぬるぬると続いて切れないように、私とあなたの間柄もいつまでも続いて欲しいと率直にその愛を表現したのであろう。この入間道こそ武蔵と上野の国府を結ぶ官道で中世以降は鎌倉街道として重要な役割を果し、新田義貞・畠山重忠ら名将武将もこの道を鎌倉へ上ったのである。なおいはゐずらについては水生植物のジュンサイ説スベリヒユ説があるが定説はない。(坂戸市教育委員会)

d0183387_10422630.jpg
入間郡
7世紀ごろに武蔵国のとして成立。交通路として古代の官道東山道武蔵路枝道入間路」が整備されていたほか、入間川及びその支流の水運も使用していた模様である。『万葉集』巻14東歌(あずまうた)・3778番に「伊利麻治能 於保屋我波良能 伊波為都良 此可婆奴流奴流 和尓奈多要曽称」(入間道の 於保屋が原の いはゐつら 引かばぬるぬる 吾にな絶えそね)がある。現在「入間」は「いるま」と読むが古くは「いりま」と発音していたことが知られる。郡衙は現在の川越市にあったものと見られ、同市大字的場字地蔵堂の霞ヶ関遺跡が郡衙跡であろうと考えられている(所沢市・坂戸市内の別の遺跡を郡衙跡に比定する説もある。またこれらの遺跡は古代の駅家跡であると見る意見もある)。716、朝廷が駿河など7ヶ国に居住していた旧高句麗の遺民1799人を武蔵国に移し高麗郡を設置。この際に入間郡域の西側の一部を高麗郡域に当てたものと見られる。高麗郡は律令制下では小郡に分類され、二郷のみであったものの中世以降高麗郡域が東側に拡大し、江戸時代には入間川が入間郡と高麗郡の境界となっていた。また758朝廷は帰化新羅僧32人、尼2人、男19人、女21人を武蔵国の空いた場所に移した。その場所が後に新羅郡、更に新座郡となる。同郡の郡域は入間郡の東辺の一部を割いて設けたものと見られ、郡内は志木郷と余戸のみの小郡であった。833年、多摩郡との境に悲田処が設けられた。中世以降「入間路」は鎌倉街道上道の本道となったWikipedia

d0183387_10550951.jpg
川の風景① 秩父の山を借景にして滔々と流れます、長閑ないい風景ですね

d0183387_10572618.jpg
高麗川/森戸橋
埼玉県南西部から中部にかけて流れる荒川水系の一級河川である。越辺川の支流。埼玉県飯能市、秩父郡横瀬町、比企郡ときがわ町の境である苅場坂峠(かばさかとうげ・818m)付近に源を発し、南川と北川が合流して高麗川と呼ばれるようになる。飯能市、日高市、毛呂山町を流れその間に長沢川、宿谷川などの支流を合わせ坂戸市越辺川に合流する。かつて高句麗からの亡命者を受け入れた高麗郡(現在の日高市周辺)を流れることからこの名がある。日高市の中心部にある高麗川駅の駅名も高麗川に由来する。(Wikipedia

d0183387_11100706.jpg
街道の風景② 道端にぽつんと庚申塔、高麗川の低地湿地から台地へ上ります/市境付近


・・・市場/毛呂山町

新編武蔵風土記稿の大類村「鎌倉道」の小名の状に『西方川角村の境をい云う、ここに古道あり(省略)南方大久保・市場二村の間に通ぜり、今は尤も小径となれり、是は鎌倉治世の頃、上下野州より鎌倉への往来なり、今も此細径を北へ往ば、越辺川を経て児玉郡本城宿へ通ぜり、南の方は市場・大久保の境を過、高麗川を渡りて森戸・四日市場村の間をつらぬけり』と記されており、道幅はほそくなるものの本庄宿(本庄市)や森戸村、四日市場村(坂戸市)へ抜ける道として用いられてていた江戸時代の鎌倉街道の様子を知ることができます。(「鎌倉街道と苦林野」/毛呂山町歴史民俗資料館刊より)

d0183387_11185890.jpg
鎌倉街道遺構① 台地への上りにある切通し、市場と西大久保の境を北へ進みます/市場

d0183387_11200972.jpg
d0183387_11201563.jpg
二差路を左に入ると切通し       県道(川越越生線)にでます

d0183387_12202514.jpg
市場神社鳥居(迷いましたので地元の方に訪ねました、県道の手前を左折ですね) 

d0183387_12204012.jpg
d0183387_12241303.jpg
本殿                  参道入口にお地蔵さん

毛呂山の「鎌倉街道」点描
高麗川を渡河した「鎌倉街道」はかつて九日市場と呼ばれた大字市場と大字西久保の境を進みます。街道西側には大正4年(1915)に三島神社から改称した市場神社があります。(「古道と宿の景観」/毛呂山町歴史民俗資料館刊より)

d0183387_14271996.jpg
街道の風景③ 葛川の先左手の森が「掘割遺構」、ここへの道は消えてますので川沿に左折して県道から迂回します

葛川(くずがわ)
坂戸市・毛呂山町流れる荒川水系の一級河川。入間郡毛呂山町の毛呂山総合公園付近に源を発する。概ね北東方向に流れ、坂戸市の葛川水門付近で高麗川に合流する。西大久保地区(旧県立毛呂山高校付近)に高麗川に放流する流路延長0.91kmの葛川放水路が2009年に設けられている。(Wikipedia


d0183387_14303896.jpg
d0183387_14304270.jpg
この畦道でしょか?         地元では「鎌倉街道入口」というそうです

d0183387_14421082.jpg
街道の風景④ 伺って正解、右手が「遺構」、樹の先に標柱が立ってます

d0183387_14491339.jpg
鎌倉街道遺構② 「鎌倉街道A遺跡」です、素晴らしいですね

d0183387_15021001.jpg
奥側から見た景観、堀割状態がわかります

鎌倉街道遺跡
ここの前を南北鎌倉街道上道が通っていた。この標識に向って、右手の林道の道をに行けば葛川・高麗川を越えて日高町女影ヶ原古戦場へ行く。は北方の越辺川に出る。すぐ右手の林道の凹道は県下でも珍しく良く旧態を残して、昭和57年県立歴史資料館によって試掘調査が行われた。堆積土の下に5旧道面があり両側には排水溝もあった。低湿のため長い間使用されず今は旧道に大木が生えている。(標柱/毛呂山町教育委員会)

女影ヶ原古戦場(おなかげ)/の関連記事はこちらへ(
http://teione.exblog.jp/26141261/


d0183387_15285654.png
「鎌倉街道A遺跡」
市場・西久保境の掘割遺構は南北120m東西70mの範囲で、4mの道幅とその両端に約1.5mの高まりをもつ「掘割」の形状を良好に残しています。昭和56年の埼玉県教育委員会の掘割遺構の調査の結果、現在の地面から30cm掘り下げたところから幅1m、深さ20~50cmの溝跡が道の両側から発見され、掘割は路面の両側に側溝を持つことがわかりました。さらに平成23年に毛呂山町民俗資料館により実施した確認調査では、ドロで埋まった側溝を数度に渡り直す道普請の様子が確認され、鎌倉街道の本来の姿とともに道の改修の様子が分かってきました。

d0183387_15443324.png
また、明治14年の陸軍「迅速側図」を見ると、鎌倉街道は村道より狭い騎小径(一本実戦:馬が通れる程度の幅)として描かています。しかし、掘割遺構の地点は道ではなく雑樹林や草地と表現されており明治時代には道としての役割を終えたことがうかがえます。(「鎌倉街道と苦林野」/毛呂山町歴史民俗資料館刊より)


d0183387_16555688.jpg
街道の風景⑤ 雑木林の中を進みます、「鎌倉街道」の案内板が立ってます

d0183387_16560182.jpg

d0183387_16560470.jpg
林の先は畑地の径&秩父の山並みを見ながら歩きます


d0183387_17164194.jpg
街道の風景⑥ 街道は県道を横断して進みますが、右折して資料館に寄り道します

d0183387_17185669.jpg
d0183387_17192173.jpg
県道角に案内板            街道は直進します

d0183387_11105332.png
高麗川渡河地点の周辺の景観/(「古道と宿の景観」/毛呂山町歴史民俗資料館刊より)

d0183387_11455757.jpg
高麗川渡河地点の景観 
「北条役帳」の「河越筋 森戸」は、国渭地祇神社の社頭で「鎌倉街道上道」と川越道が交差します。川越道に沿って街村形態が見られ「宿」「宿頭」の地名があります。宿の中ほどにある西光寺は毛呂山町市場の大林坊が移転したとあり、山号を大林山と称します。対岸の市場との行き来がありました。(「古道と宿の景観」/毛呂山町歴史民俗資料館刊より抜粋)

by Twalking | 2017-12-17 11:47 | 鎌倉街道(新規)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 西大谷駅   

d0183387_16210165.jpg

東武越生線西大谷駅/坂戸市
やっとスタート地点に到着しました。
天気は上々、コンビニがあるから
コーヒーでも飲んでから、いこうかな~。


西大家駅

坂戸市大字森戸623番地7にある東武鉄道越生線の駅である。駅名は当駅開設当時の村名「大家村」による。ただし、1945年(昭和20年)までは隣に大谷駅が存在しその西隣だったため「西」が付いた。単式ホーム11線を有する地上駅。ホーム・駅舎は線路の北側にある。駅のすぐ東側に鶴ヶ島市との境界があり、日高市との境界も駅南西400mほどのところにある。駅の西側にはかつて鎌倉街道上道が通っていた遺構が残っている。(Wikipedia


by Twalking | 2017-12-16 16:26 | ○station

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 坂戸駅   

d0183387_14004881.jpg

東武東上線坂戸駅
ここで左側の越生線に乗り換え、
多摩からはけっこう遠いですね・・・
のんびりといきましょうか。


坂戸駅
坂戸市日の出町にある東武鉄道の駅である。東上本線と越生線が乗り入れており、越生線の起点となっている。島式ホーム24線を有する地上駅で橋上駅舎を持つ。ホームは1面を東上本線が使用しもう1面を越生線が使用している。東上本線と越生線との間の乗り換えは駅舎併設の跨線橋と若葉寄りの跨線橋を経由する。(Wikipedia

by Twalking | 2017-12-16 14:07 | ○station

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 鶴ヶ島駅   

d0183387_20260068.jpg

東武東上線鶴ヶ島駅/鶴ヶ島市
つられて降りちゃったけど、違うみたい??
あ、坂戸だった、行っちゃったな~・・・、
土地勘がないので仕方ないですね、記念に一枚。


鶴ヶ島駅

埼玉県鶴ヶ島市大字上広谷にある東武東上線の駅、池袋-寄居間のほぼ中間に位置する。鶴ヶ島市と川越市との境界に位置し駅の北西が鶴ヶ島市、南東が川越市である。市名を駅名としており、市の代表駅であるが市中心部である脚折地区や市役所のある三ツ木・藤金地区からは離れており、市役所へは隣の若葉駅または2駅先の坂戸駅の方が近い。相対式22線を持つ地上駅で橋上駅舎を有している。(Wikipedia

by Twalking | 2017-12-15 22:10 | ○station

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ぶらり『高浜運河沿緑地』   

日時 2017.12.12(火)
天気 晴れ

天気がいいので品川から運河沿いを歩いてみました。
学生の頃、芝浦の倉庫街でバイトをしてましたが、
すっかり様変わりして、いい街になりましたね~。

天王洲は品川沖ですから歩いても近いですよ。
行き交う船やカモメが飛んで、海を感じられる
お手頃な散歩コース、「シーサイド」はいいですね!



・・・港南/港区


港区南部の東京港に面した沿岸に位置する。ほぼ全域が埋立地であり「隅田川口改良計画」の東京湾埋立3号地、「東京港修築事業計画」の埋立9号地、品川埠頭埋立地からなる。北で芝浦および海岸、南で品川区北品川および東品川、西で高輪、東で東京港を挟んで対岸に台場と隣接する。嘉永
61853)ペリー来航により危機感を抱いた江戸幕府が、江戸防衛のため現在の港南にあたる地区に台場(品海砲台)を建設する。1912年(明治45年)隅田川口改良工事が始まり、そのとき浚渫された土砂を使って芝浦一帯(現在の港南)の埋め立てが開始される。1933年(昭和8年)高輪海岸埋立地高浜町が起立され東京市芝区の所属となる。Wikipedia



d0183387_23154425.jpg
インターシティーの高層ビル群、再開発ですっかり変わりましたね/品川駅港南口

d0183387_23160514.jpg
御楯橋方向の景観です。高浜運河の両岸には遊歩道が付いています/楽水橋

d0183387_23222464.jpg
楽水橋から旧東海道の北品川宿は近いですよ/遊歩道

d0183387_23161880.jpg
d0183387_23162254.jpg
右岸のモニュメント                モニュメントから覗いてみました


・・・東品川
(ひがししながわ)/品川区

品川区東部に位置する。北部は港区港南に、東京港になり品川区東八潮になる。南東部一体は京浜運河に接し八潮になる。東品川は旧来の陸地と新興の埋立地からなっており住宅、オフィスビル、港湾関連の施設、工場、商店などが見られる。東品川二丁目天王洲アイルと呼ばれており1990年代以降、先端的なオフィスビルが次々と登場した区域として知られる。東品川五丁目は北部の港区港南とともに品川ふ頭の一角を担っているところで港湾関連の施設や発電所が見られる
。(Wikipedia

d0183387_23440514.jpg
天王洲運河が区界、前方はかつては旧目黒川の河口だった所です/天王洲橋



・・・天王洲アイル/品川区

東品川
東品川二丁目に東京モノレール羽田空港線・東京臨海高速鉄道りんかい線の天王洲アイル駅がある。シーフォートスクエアの北半分にあたるシーフォートタワー付近は、江戸時代末期に江戸防衛のため築造された第四台場の跡である。また、ボードウォークの護岸は旧第四台場石垣を再利用したものである。天王洲は海中の土砂が堆積してできたで、1751年(宝暦元年)江戸前の海であった頃に、船人が牛頭天王の面をこの海域から引き上げたという。この面は南品川の天王祭において神輿の屋根につける「神面」となっているが、この謂れが「天王洲」の地名の由来となっている。また、アイル(isle)とは英語で「」を意味する言葉で、この地が東京湾のウオーターフロントの良き景観に恵まれたロケーションであるためこの名前がつけられた。1925年(大正14年)から埋立が始まり1939年(昭和14年)に完成。第四台場は埋もれ品川と陸続きとなり埋立地は工場や倉庫の用地として利用が始まるWikipedia

d0183387_23384716.jpg
天王洲ふれあい橋を渡ると天王洲アイルになります


d0183387_23351076.jpg
遊覧船の船着場があります、奥が天王洲水門&天王洲橋です/天王洲運河

d0183387_11080120.jpg
d0183387_11083476.jpg
首都高羽田線                       りんかい鉄道天応洲アイル駅

d0183387_11014826.jpg
運河沿いのテラスでランチ&おしゃべりもいいですね~

d0183387_11035796.jpg
waterline(ウォーターライン)
天王洲アイルにある水上ラウンジである。現在はT.Y.HARBOR River Loungeに改称している。東京都では初となる民間による水上利用の開発プロジェクトとして2006年に完成した。内部は併設するレストラン(TYハーバーブルワリー)とあわせてラウンジ船となり、レストラン内で醸造された天王洲エールを飲むこともできる。また、隣接する天王洲ふれあい橋とあわせてドラマのロケ現場やイベント会場となることも多い。Wikipedia)
d0183387_11154917.png
港区ベイエリア 安心お散歩カナルコース


・・・・・
資料ファイル

d0183387_11472253.png
左が明治39年、右が現在の品川沖です(今昔マップ/埼玉大学教育学部・谷謙二氏を参照)
(赤:旧東海道 緑:中原街道 青:目黒川 赤丸:第四台場・第六台場)

明治維新後の品川 
嘉永6(1853)のペリー来航後、黒船を迎え撃つために急遽築造された品川台場(品川砲台)は、海上に浮かぶ第一から第七までの7でしたが、第四第七の台場は未完成のままであり、なかでも第七は海面を埋め立てただけでした。他に陸続きの台場「御殿山下砲台」が造られました。しかし、幕府の開国政策によって、完成した台場の大砲を使うことなく終わったことは、江戸庶民だけでなく品川宿周辺の村々にとっても幸運なことでした。明治維新後の品川台場は明治6(1873)に第一師団の中に設けられた海岸砲隊が管理にあたり、同8(1875)以降大正3(1914)までは陸軍省が管轄していました。第四台場は維新後に払い下げられ大正元年(1873)には東京府から緒明菊三郎に払い下げられて造船所となりました。陸軍省によって管理されていた品川台場は大正3年、4年の2回にわたって処分され、第三、第六台場は大正4(1915)74日に東京市に払い下げられ、同13(1924)に東京府によって史跡に仮指定され、同15(1926)1020日に史跡名勝天然紀念物保存法によって国の史跡に指定されています。このうち第三台場は関東大震災によって破壊されたため復旧工事が行われ台場公園として一般に公開していますが、第六台場原型を残していたため貴重な史跡として保存されています。その後、東京湾に浮かぶこれら六つの人工島は、史跡として指定された二つの台場を残し埋立地に埋没したり航路の支障になるということで撤去されたりしてきました。第四台場は大正14(1925)に埋め立てがはじまった旧天王洲町(東品川二丁目)の北側につながって陸続きとなり昭和30(1955)に港区から品川区に編入されています。第一、第五台場は品川埠頭の埋め立てで昭和37(1962)に撤去埋没してしまいました。第二台場は東京港整備の一環として昭和37年末に海上からその姿を消したのです。(品川区教育委員会)

d0183387_11560944.jpg
歌川広重『名所江戸百景』

地域内の往時の様子。画中の神社は現在の利田(かがた)神社(東品川)。手前の水路(当時の目黒川河口)は今では一部を除いて道路になり、背後の海も一部水路を除いて沖まで埋め立てられている。左下の遊郭は有名な相模土蔵を描いたものだともいう。Wikipedia

品川猟師町(旧目黒川河口)の関連記事はこちらへ(http://teione.exblog.jp/25840234/


by Twalking | 2017-12-15 19:13 | 東京散歩(新規)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 天王洲アイル駅   

d0183387_23304234.jpg

りんかい線天王洲アイル駅/品川区東品川
電車ですと新宿から直行なので
ここまでは意外と近いでんすね。
品川から運河沿いに歩くのもお勧めですよ~。


天王洲アイル駅

品川区東品川二丁目にある東京モノレール・東京臨海高速鉄道の駅である。りんかい線は島式ホーム12線を有する地下駅でホームの東京テレポート寄りは大きくカーブしている。当初、りんかい線は東京テレポート-大崎間の一括開業を予定していたが、当駅から大崎までの工事が大幅に遅れたため20013月に当駅まで先行開業した。当駅が設置される前は雑多な倉庫が並ぶ地区だったが三菱商事、第一ホテル(現・阪急ホテルマネジメント)、宇部興産による再開発事業「シーフォートスクエア」のオープンに伴い、駅を設置することになった。東京モノレールの駅自体がJTBビル(当時のUBEビル)内に設置されている。再開発完了後も周辺には倉庫などがありオフィスビルへの通勤客の他にも周囲の倉庫や品川埠頭への倉庫・通関地区への通勤客も利用する。(Wikipedia



by Twalking | 2017-12-14 23:45 | ○station

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 特急『小江戸』   

d0183387_21034730.jpg

特急『小江戸』
西武新宿線本川越駅/川越市新富町
お~、かっこいい!
やっぱり川越にはお似合いかな、
いずれじっくりと歩いてみたい街です。


小江戸

西武鉄道が西武新宿駅-本川越駅間を西武新宿線経由で運転する特急列車の名称。2011年現在は南入曽車両基地所属の「ニューレッドアロー」10000系電車によって運転されている。愛称の「小江戸」は、江戸時代は旧武蔵国であった埼玉県川越市の「江戸の文化が真っ先に伝わる繁栄した町」および「江戸時代の町並みを残す町」という意味合いな比喩的表現に由来する。(Wikipedia



by Twalking | 2017-12-14 21:30 | ○station

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 アロエ   

d0183387_19580838.jpg

高浜運河沿緑地/港区港南
アロエでしょうか??
冬の陽ざしに輝いて、美しいこと、
公園の下段に咲いてました。


アロエ

ツルボラン亜科アロエ属の多肉植物の総称。現在までに500種以上が知られている。南アフリカ共和国からアラビア半島まで広く分布するが、とりわけアフリカ大陸南部およびマダガスカル島に集中し分布する。古くはアロエの「ロエ」を漢字で音訳(当て字)した「蘆薈」の読みを変えた「ろかい」と称した。日本には鎌倉時代に伝来したとされ、現在はキダチアロエが九州、瀬戸内海、伊豆半島、房総半島などの海岸に逸出し帰化している。葉はふつう肉厚でロゼット状であるがしばしば扇状であったり肉厚が薄いものも存在し、CAM型光合成を行う。花被は6弁が合着し管状で朱色ないし黄色。雌蕊1つに対して雄蕊は6つある。花序は総状花序で花茎は数cm1mに伸びる。(Wikipedia


by Twalking | 2017-12-13 22:37 | ○Flower