無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 多摩の古道01 鎌倉古道   

鎌倉古道
(1)妙櫻寺(駐車場)から布田道・関屋切通しを通り小野路宿へ

d0183387_23233759.jpg《鎌倉古道(鎌倉街道上ノ道本路)跡》
わが国初の武家政権である鎌倉幕府が開かれた鎌倉と、各地の武士(御家人)たちの拠点を結んだ道が「鎌倉街道(関東の主要七道)」でした。その中で、武蔵国府(府中)近くを通る上ノ道は上野国(群馬県)から続き、武蔵国を南北に走る最重要路でありました。この近くに見える山道は貝取団地の尾根へとつながり、地中や地表に残された道の跡などから、本来の鎌倉古道本路跡ではないかと考えられます。(案内版)



d0183387_23171695.jpg
よこやまのみち方向/妙櫻寺奥の谷戸

d0183387_23175446.jpgd0183387_23181294.jpg
妙櫻寺の駐車場脇から小野路宿へ     別所方面に下る


d0183387_23214460.jpg
中央の尾根を下ってきました/布田道(ふだみち)合流地

d0183387_23425279.jpgd0183387_23231953.jpg
布田道の別所は左へ              切通しを経て小野路は右へ

d0183387_2339308.jpg
小野路宿


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(2)鎌倉裏街道
一本杉公園裏から小野路宿へ

d0183387_0175355.jpg《小野路道と鎌倉裏街道》
ここに残る杉並木の存在から、崖上に残る古道跡=通称「鎌倉裏街道」が確認されました。 この道は多摩市一ノ宮にあった渡河点(多摩川の渡し場)から愛宕団地の愛宕の切通し、 豊ヶ丘北公園を通って小野路の宿に続く中世の鎌倉街道の一つで、 関戸にあった関所を通る煩わしさを避けた道とも考えられます。 江戸時代には日野往還や小野路道ともいわれ、後に新撰組となる土方歳三や沖田総司らが 小野路での出稽古に日野宿方面から通った道でもありました。(案内版)


d0183387_2357136.jpg
掘割の道

d0183387_23575422.jpgd0183387_23585456.jpg
東出入り口先が入口             雑木林を下る

d0183387_23592956.jpg
この先から生活道になる(左手民家あり)

d0183387_00085.jpgd0183387_001369.jpg
右手に地蔵祠                  切通しからの合流地


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(3)妙櫻寺墓地から布田道・別所へ

d0183387_0301134.jpg
畑の中を行く

d0183387_0305546.jpgd0183387_0312348.jpg
上側が小野路宿への古道          生活道路を下る

d0183387_037276.jpg
布田道に合流

d0183387_0381950.jpgd0183387_038488.jpg
左手の尾根が小野路への古道       集落を抜けると鎌倉街道・別所バス停


d0183387_22201470.pngこげ茶:鎌倉街道上ノ道(本路)
薄茶 :鎌倉裏街道
青  :軍事戦略鎌倉道
緑  :鎌倉街道早ノ道
赤車線:現鎌倉街道の谷
赤  :よこやまの道
(よこやまの道案内版)



d0183387_2335312.jpg

by Twalking | 2013-08-12 21:29 | たまのさんぽ道(新規)

<< 朝顔 04 まちだFootPath 02... >>