無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 品川道(4)田園調布~大井01-千束   

日時 2017.9.9(土)
天気 晴れ

筏道と池上道を先にしましたので、
久し振りの品川道になってしまいました。
奥沢神社に寄るので自由が丘スタートです。

天気も良さそうなので寄り道しながら
台地の上を大井を目指して歩きます。
洗足池、旗の台あたりが良さそうですね。


・・・自由が丘/目黒区


目黒区南部に位置する。地域内には東急東横線と大井町線が通りそれらが交差する自由が丘駅がある。また、地域の中央部に自由通り、北端に隣接して目黒通通る。駅周辺は戦前に「衾沼(ふすまぬま)」と言う沼地を埋め立てて造成された土地であるため、丘と言う地名ながら周辺と比較して低地となっている。二・三丁目には丘が多いが自由が丘の南に九品仏川がありそこへ流れていた雨水が削っていったためである。
Wikipedia

d0183387_21172366.jpg
お洒落な街、この緑道も魅力の一つです。自由通り経由で品川道に向かいます/自由が丘駅前


九品仏川緑道

ここは目黒と世田谷の区界線で、昭和49年に暗渠になる前は九品仏川と呼ばれ九品仏浄真寺の裏を流れて緑ヶ丘の先で呑川に合流していた。旧名の丑川の名は九品仏城を建設する材を船で運び上げる途中、近くにいた牛がひっかかって川へ落ちてしまったことに由来するともいわれている。サクラ、サツキなどの花木が散策の目を楽しませてくれる(多摩川地域公園管理事務所)


・・・奥沢/世田谷区

町域は東急大井町線緑が丘付近を東端とし、北は九品仏川緑道を境に目黒区自由が丘・緑が丘、南は環八通り・大田区田園調布等に接しながら九品仏駅と尾山台駅の間で世田谷区等々力と接するところまで広がる。貞和
頃から吉良氏所領となり奥沢城が築かれた。江戸時代には荏原郡奥沢村となり城の跡地には浄真寺が創建された。1622年(寛文2年)西の開墾地が奥沢新田村として分村した。天保頃には奥沢村が奥沢本村、奥沢新田村が奥沢村と称されるようになった。田園調布、自由が丘と隣接し高級住宅地として人気が高い。地名は呑川の支流九品仏川水源湿地帯であることを指すWikipedia

d0183387_21254155.jpg
街道の風景① 自由が丘駅は「丘」とつきますが窪地なんですね/自由通り

東京都道426号上馬奥沢線
世田谷区上馬三丁目から目黒区八雲を経由し大田区雪谷大塚町に至る特例都道である。この道路は自由通りと通称されるWikipedia

d0183387_14064579.jpg
奥沢神社鳥居/奥沢

鳥居は通りに面して建ち、前年の大蛇お練り神事で使用された藁製の大蛇が巻き付いている。この鳥居は1939年(昭和14年)にそれまでの木造のものから石造に取り替えられた。以前の鳥居は厳島神社(広島県廿日市市・はつかいちし)の海中に建つ大鳥居と同じ「四脚鳥居」という形状であった
Wikipedia

d0183387_21361312.jpg
奥沢神社
祭神は応神天皇、倉稲魂ノ命である。世田谷城吉良氏の家臣大平氏が奥沢城を築くにあたり、世田谷郷東部の守護として八幡社を勧請したと伝えられる。旧本殿は3間半に1間、拝殿は2間に3間で、祭礼は915日である。この日には神楽を奏したが今でも「奥沢ばやし」として残っている。昭和3年石の鳥居にかえたが、それまでは木の鳥居で厳島の海中の鳥居と同じ形であった。江戸中期、疫病が流行した時、名主の夢枕に八幡様が立たれなわで造ったへびを祭るとよいというところから「厄除大蛇」が鳥居にかけられるようになり、今も続いている。

d0183387_14564810.jpg
慶応末、ここの社寮に土地の子弟を集めて読・書・算を教えた。明治12年一部を改修して認可を得、社名をとって「八幡小学校」とした。現在の社務所がそれである。本殿の西にある稲荷社は旧本村稲荷丸979にあったものを明治43年に合祀したものである。社務所の玄関わきの道標は大音寺のそば川のわきにあったものを移したものである(せたがや寺社と史跡)


d0183387_21363103.jpg
弁才天社
弁才天社は「福寿弁天」と呼ばれていて、かつて奥沢駅の南方100mほどのところにあった湧水池に鎮座していたものを1950年(昭和25)に移したものである。旧地である湧水池は「奥沢弁天池」の名で呼ばれ、池の主の白蛇が奥沢の田畑に水の恵みを与えていたと伝わる。ただし池の跡地は商店街となっていてその名残を確認することはできないWikipedia

d0183387_22034266.jpg
奥沢神社の大蛇お練り行事
江戸時代の中頃、奥沢の地に疫病が流行して病に倒れる者が多かったとき、ある夜この村の名主の夢枕に八幡大神が現われ「藁で作った大蛇を村人が担ぎ村内を巡行させると良い」というお告げがあったという。早速新藁で大きな蛇を作り村内を巡行させたところたちまちに流行疫病が治ったという言い伝えがあり、これが厄除の大蛇として鳥居にからまり大蛇お練りとして現在に伝えられている。蛇の形のものを作ってかつぎ歩く祭りは全国的にあるが都内では珍しい祭りである。蛇の形(水神の意)をかつぎ歩くことによって農耕に必要な水の確保や生産の順調なることを予祝する行事にほかならない。奥沢神社では毎年9月の第1日曜日に氏子が集まり大蛇づくりが行われる。これは社殿に安置され、社殿にあった昨年の大蛇を鳥居にかけられる。そして914日の大祭に大蛇お練りが行われる。(世田谷区教育委員会)


・・・東玉川/世田谷区


世田谷区南部の玉川地域に属する。北側は世田谷区奥沢に接するが、他の三方は大田区の田園調布、雪谷大塚町、石川町に囲まれている。自由通り
が町域の中央をほぼ南北に縦貫している。環八通りは町域の西側にほぼ1kmにわたって走り田園調布との境界を形成している。中原街道は町域の南部・東部に近接して通る。Wikipedia
d0183387_22115950.jpg
街道の風景② 品川道です。環八から分かれて旧道に入った辺りです/東玉川 

d0183387_22211089.jpg
d0183387_22211481.jpg
馬頭観音               中原街道まで一直線


・・・石川町/
大田区


大田区北部に位置する。石川町は東急目黒線と池上線とに挟まれ、南北に長い形をしていてそのほぼ北半分が石川町一丁目、南半分が石川町二丁目である。『新編武蔵風土記稿』は「
石川」を呑川別称とする
Wikipedia

d0183387_22225395.jpg
川の風景 中原街道柳橋を左折します/柳橋(呑川)

呑川柳橋

中原街道が呑川を渡る石川橋付近には大雨時に呑川の水を中原街道の地下を通り多摩川に逃がす水路の入口があるWikipedia

d0183387_15152661.jpg
石橋供養塔/呑川
安永3年(1774)に雪ヶ谷村の浄心ら6名の者が本願主になって石橋の安泰を祈って建てられた供養塔である。石橋は現存しないが呑川を渡って中原街道を通るため、当時すでに石橋がかけられていたことがわかる。正面に「南無妙法蓮華経」と題目が刻まれ、側面に村内の日蓮宗円長寺の住職日善の署名と花押が刻まれている。このように日蓮宗の色彩を帯びているのは、雪ヶ谷村の寺院がいずれも同宗であったという地域的な特色によるものである。石橋供養塔は他の民間信仰供養塔と兼ねたものが多いが、この塔は石橋の無事と通行人の安全という交通安全だけを目的として建てられたものであり貴重である。(大田区教育委員会)

d0183387_22584575.png
清流の復活
呑川は世田谷区新町を源として、大田区大森南で東京湾に注いでいます。呑川上流は極めて局地的に灌漑の水源として、下流は小舟の舟運に利用されていましたが、都市化の進展や陸上交通の発展と共にその利用状況が大きく変化し、水質の悪化や水量の減少が見られました。そこで平成7年(19953月より東京都では清流復活事業を行いました。この呑川に流れている清流は新宿区上落合にある落合水再生センターで高度処理した再生水を利用しています(東京都環境局)


・・・南千束/大田区


大田区の北部に位置する。北辺は大田区北千束に、東部は概ね環七通りを境にして品川区旗の台に接する。南部は中原街道に接し、大田区東雪谷・池上台に、西部は石川町にも接する。二丁目の南部の中街道沿いには洗足池があり多くの人が訪れる
Wikipedia

d0183387_23124196.jpg
街道の風景③ 左は大岡山方面、洗足池に下ります/大岡山駅入口(中原街道)

d0183387_23161679.jpg
庚申供養塔/坂途中
文化111814)に品川の御忌(きょき)講(御忌とは法然上人の忌日)という浄土宗を信仰する人々が再建したものである。背面の銘文から延宝6年(1678)に森氏道円が願主となり建てた旧碑が、何かの事情で失われていたものを再建されたことがわかる。この塔のような角柱型に文字を刻んだ庚申供養塔は江戸時代後期によくみられる特色のものである。また向かって右面に刻まれた銘文により九品仏(浄真寺、世田谷区奥沢)への道しるべを兼ねたものであることがわかる。この地点が中原街道から浄真寺に至る旧道の分岐点に当たることは古い地図からも確認できる。江戸時代の民間信仰の様相を示すものとして貴重である。(大田区教育委員会)

d0183387_00552272.jpg
池の風景 妙福寺境内からの洗足池の風景です

d0183387_00590954.jpg
洗足池
大田区南千束に存在する池である。湧水池であり流れ込む川はないが、付近一帯には農家が作物の洗い場として利用していた大小の湧水が多くあり、用水路を通して池に流れ込んでいた。洗足池の主要水源となる湧水は4か所あったとされ、現在は清水窪弁財天(大田区北千束1-26)の涌水が残っている。今も水量が豊富で浸透管を用いて洗足池に流れている。洗足池を出た水は洗足流れとなり、最後には呑川へと合流する(Wikipedia

d0183387_14290654.png
大田区自然観察路「池のみち」
洗足池は武蔵野台地の末端の湧水をせきとめた池で、昔は千束郷の大池と呼ばれた。灌漑用水としても利用されました。池畔の風景は優れ、江戸時代には初代広重の浮世絵「名所江戸百景」に描かれるなど江戸近郊における景勝地として知られていました。昭和3年(1928)に池上線が開通すると、公園として整備され同5年には風致地区として指定されました。面積は周辺を含めると約770002、水面の広さは約400002です。日蓮が足を洗ったので洗足池というとか、袈裟をかけたといわれる袈裟かけの松のある御松庵など日蓮にまつわる伝承も残されています。また、池畔にはこの池を愛した勝海舟の墓や西郷隆盛(南洲)の留魂祠、詩碑などがあります。池の西北部一帯は桜山と称し、桜の名所で区内有数の景観に富むところとして貴重です。(大田区教育委員会)


d0183387_14331720.png
目黒区の地名-洗足「洗足」は品川・大田両区の間に角のように突き出た区境のまち。その地名の由来は大田区の南・北千束とともに中世のこの辺り一帯の地名「荏原郡千束郷」にさかのぼる。さらにこの郷名「千束」については千束分の稲が貢祖から免ぜられていたところから名付けられたというのが定説。その免祖の理由としてはこの地にある大池(現在の洗足池)が水源地として灌漑に利用されていた、あるいは千人の僧を招いて供養を営む法会「千僧供養」の費用に当てる免田であったなどの説がある。なお、「千束」の一部の地域が「洗足」と書き換えられるようになったのは日蓮が池上に向かう途中ここの大池で足を洗ったという伝説によるもの。池畔にある御松庵の「袈裟掛の松」の伝説とともに広く流布し、いつのころからか「千束の大池」が「洗足池」と呼ばれるようになったといわれる。さて、大正の初めまで雑木林と湿地帯が広がる未開の地であったこの「洗足」の地に今日の町並みの原型が形成されたのは大正11のこと。「多摩川台地区」(現在の田園調布)とともにこの「洗足地区」を高級住宅地「田園都市」の建設地に選んだ田園都市株式会社では、碑衾村(ひぶすま・目黒区)、平塚村(品川区)、馬込村(大田区)にまたがる33万m2を宅地造成してこの年分譲を開始。その翌年の目蒲線開通・洗足駅開業、さらにその半年後に起こった関東大震災によってこの「田園都市」は郊外に住居を求める人びとに一躍注目され急速に「高級住宅地・洗足」が出現することとなった。(目黒区)

d0183387_14403311.jpg
妙福寺山門/大田区

d0183387_12530194.jpg
妙福寺
大田区南千束2丁目にある日蓮宗の寺院。旧本山は身延山久遠寺。当寺院は、もともとは洗足池の池畔にあった鎌倉時代に創建された「御松庵」という庵に由来する。御松庵は日蓮ゆかりの草庵である。日蓮1282年に身延山から武蔵国 (現在の東京都)池上にある池上宗仲の館(現在の池上本門寺)に向かう途中に、近隣の大池(千束池。現在の洗足池)にさしかかった。その際日蓮はここで休憩を取り、傍の松の木に法衣をかけて、池の水で手足を洗った。すると池か七面天女が現れたという。後にこのことを記念しようと七面天女を安置するお堂を建てたのが「御松庵」のルーツである。一方妙福寺は、日慈が現在の中央区の日本橋馬喰町に寛永年間以前に草創した寺である。しかし、1657年の明暦の大火のなどで本堂などが焼失し浅草に移転した。その後、1923年の関東大震災でまたも焼失してしまい1927年に当地に移転。既存の御松庵と合併という形で再建された。(Wikipedia

d0183387_12545018.jpg
妙福寺祖師堂(旧七面大明神堂)
天保4年(1833)木造平屋建、瓦葺、建築面積53㎡ 国登録有形文化財(建造物)もと天保4年再建の七面大明神堂で、後に曳屋されて祖師堂となった。前側を外陣、奥に内陣・内々陣を延ばした平面を持つ奥行の深い三間堂で、桟瓦葺の屋根は正面入母屋造、背面寄棟造になる。規模は小さいが洗足池畔の景観のランドマークとなっている(文化遺産オンライン)

d0183387_12572787.jpg
日蓮上人袈裟掛けの松由来
弘安59月(1282日蓮上人が身延山から常陸国(茨城県)に湯治に向かう途中、日蓮に帰依していた池上宗仲の館(池上本門寺)を訪れる前、千束池の畔で休息し傍の袈裟をかけ池の水で足を洗ったと伝えられる。この言い伝えからこの松を袈裟掛けの松と称することとなり、また千束池を洗足池とも称されるようになったといわれる。天保期(18301843)の「嘉稜紀行」によれば、初代の袈裟掛けの松は「枝四面におおい長さ幹囲み三合がかり、高さ五丈あり」程あったと記されている。なお現在ある松は三代目であると伝えられる。(御松庵 社団法人洗足風致会)

d0183387_12573326.jpg
馬頭観世音供養塔
天保11年(1840)に馬込村千束の馬医師や馬を飼っている人々によって、馬の健康と死馬の冥福を祈って建てられたものである。光背をつけた馬頭観世音像の下は角柱型の道しるべを兼ねており、各面には「北 堀之内・碑文谷 道」「東 江戸中延」「南 池上・大師 道」「西 丸子稲毛」というように東西南北のそれぞれの方向を示す地名が示されている。この銘文からもとは中原街道碑文谷-池上を結ぶ道との交差する地点に建てられたと推定されるが、民有地に移された後平成13年に現在地に移設された。江戸時代後期の民間信仰、交通史を考える上で貴重なものである(大田区教育委員会)

d0183387_13091912.jpg
勝海舟夫妻の墓

d0183387_13092902.jpg
勝海舟夫妻の墓 
勝海舟、諱(いみな)は義邦、初め麟太郎、後に安房または、安芳と改め、海舟と号した。文政6年(1823)江戸に生まれる。幕臣として万延元年(1860)咸臨丸で渡米、海軍奉行となり明治元年(1868)江戸開城に尽力する。維新後は海軍卿、伯爵、枢密顧問官などを歴任し漢詩、書を好み、高橋泥舟・山岡鉄舟とともに幕末三舟と称せられた。洗足池やその周辺の風光を愛し明治32年(1899)没後遺言によりこの地に葬られた。別荘洗足軒(現在は大森六中)で次の歌をよまれた。千束村の別墅に 楓樹数株を植ゑて うゑおかば よしや人こそ 訪はずとも 秋はにしきを 織りいだすらむ 染めいづる 此の山かげの 紅葉は 残す心の にしきとも見よ(飛川歌集より)(大田区教育委員会)

d0183387_13220614.png
勝海舟別邸(洗足軒)跡
勝海舟の別邸は戦後まもなく焼失しましたが、茅葺きの農家風の建物でした。鳥羽・伏見の戦い(1868)で幕府軍が敗れると、徳川慶喜より幕府側の代表として任ぜられた海舟は官軍の参謀西郷隆盛(南洲)と会見するため、官軍の本陣が置かれた池上本門寺に赴きました。その会見により江戸城は平和的に開けわたされ、江戸の町は戦禍を免れたのです。海舟は江戸庶民の大恩人と言えるでしょう。その際、通り掛った洗足池の深山の趣のある自然に感嘆し、池畔の茶屋で休息したことが縁となり、農学者津田仙(津田塾大学創始者、梅子の父)の仲立ちで土地を求めました。明治24年(1891)自ら洗足軒と名付けた別邸を建築し次のような歌を詠んでいます。『池のもに 月影清き今宵しも うき世の塵の 跡だにもなし』。晩年海舟は晴耕雨読の生活の中でかえで、さくら、松、秋の草々などを移し植え次のようにも詠んでいます。『うゑをかば よしや人こそ訪はずとも 秋はにしきを織りいだすらむ』。明治32年(189977歳で没しましたが『富士を見ながら土に入りたい』との思いから、生前より別邸背後の丘に墓所を造りました。石塔の『海舟』の文字は徳川慶喜の筆と伝えられています。初めは海舟一人の墓所でしたが、後に妻たみも合祀され大田区の史跡に指定されています。(勝海舟没後百年を記念して(社団法人洗足風致協会)

勝海舟邸(赤坂)の関連記事はこちらへ(http://teione.exblog.jp/22043854/
勝海舟生誕の地(両国)の関連記事はこちらへ(http://teione.exblog.jp/24259906/


d0183387_13265241.jpg
留魂祠由緒(りゅうこんし)
明治維新の英傑、西郷南洲(隆盛)勝海舟の両先生は、大政奉還後の江戸城明け渡し交渉によって、江戸の町を戦火より救われ、首都東京の基を築かれたことでも著名ですが、勝先生は晩年この洗足池畔に洗足軒と呼ぶ別邸を設けられ、南洲先生と日本の将来について歓談されたと伝えられます。南洲先生はその後、明治101877)年の西南戦役により故郷鹿児島において子弟三千余と供に逝去されましたが、これを惜しまれた勝先生は追慕のため南洲先生の漢詩を建碑され、さらに明治161883)年その魂魄を招祠して留魂祠を建立せられました。留魂祠の名は漢詩「獄中有感(ごくちゅうかんあり)」の「願留魂魄護皇城(ねがわくはこんぱくをとどめてこうじょうをまもらん)」に由来するものです。この留魂祠はもと東京南葛飾郡大木村上木下川(現、葛飾区東四ツ木1-5-9)の薬妙寺境内にありましたが、勝先生の御意思により大正21913)年石碑とともに現在の地へ移されました。右隣には勝先生御夫妻の奥津城(御墓所)があり、維新の両雄はいまなほ相並んで我国の将来を見守っておられるのです(南洲会)

勝・西郷会談地(薩摩蔵屋敷)の関連記事はこちらへ(http://teione.exblog.jp/24491381/


d0183387_13322083.jpg
洗足池辨財天(厳島神社)御由緒 
御祭神 市杵島姫命 創建の年代は、不詳なれど、古来より洗足池の守護神として池の北端の小島に祀られていたが、長い年月の池中に没してしまっていた。その昭和の初め頃より数多くの人々の夢枕に辨財天が出現せられ、この事が契機となって御社殿建立の話が具体化し、多くの人々の尽力によって、昭和九年七月洗足風致協会の手により築島遷宮の運びとなり、以来今日に至る間、多くの参拝者に、右御神徳を授けられている。(説明板)

d0183387_13401913.jpg
千束八幡神社鳥居

d0183387_13404141.jpg
千束八幡神社御由緒
御祭神 品陀和氣之命(應神天皇)
當社は千束八幡神社と稱し、平安前期の貞観2年豊前国宇佐八幡を勧請し往時の千束郷總鎮守としてこの巒上に創建せられ今日に至る。遠く千百余年の昔よりこの地の氏神として尊崇せられ普く神徳を授けてこらる。承平5平将門の乱が起る。朝廷より鎮守副将軍として藤原忠方が派遣せられたり、乱後忠方は池畔にを構え八幡宮を吾が氏神として篤く祀りき、館が池の上手に当たるに依りて池上氏を呼稱、この9代目の子孫が日蓮を身延から招請す、之池上康光なり。又八幡太郎義家奥羽征討の砌、この池にて禊を修し社前に額つき戦勝祈願をなし出陣せりと伝える。源頼朝も亦鎌倉に上る途次、この地を過ぐるに八幡宮なるを知り、大いに喜び此処に征平の旗幟を建つる哉。近郷より将兵集まりて鎌倉に入る事を得、旗挙げ八幡の稱あり、名馬池月を得たるも此処に宿舎の折なりとの傳承あり。尚境内に武蔵国随一と云われし大松ありしが大正13年惜しくも枯衰し今はその雄姿を見るすべもなし。古歌の『日が暮れて 足もと暗き帰るさに 霊に映れる 千束の松』と詠まれて居り、老松の偉容が想像されよう斬の如く當八幡神社は城南屈指の古社にて亦名社なり。(宮司 恵良彰紀識)

d0183387_13483245.jpg

池月発祥伝説の由来
池月とは「宇治川先陣物語」にある名馬の名である。治承48月(1180)頼朝、相州石橋山の合戦に破れて安房に逃れこの地の豪族千葉常胤、上総介広常等の参向を得、再挙して鎌倉に向かふの途次、ここ千束郷の大池に宿営し、八幡丸の丘を本陣として近隣諸豪の参陣を待つ。折からの皓月池水に映るを賞でつる折ふし、何處方よりか一頭の野馬、頼朝の陣所に向かって飛来り嘶く声、天地をふるはすばかりであった。郎党之を捕へて頼朝に献ずるに馬体あくまで逞しく青き毛並に白き斑点を浮べ、恰も池に映る月影の如くであった為之を池月と命名して自らの料馬とする。頼朝先に磨墨(するすみ)を得、今またここに池月を得たるは、之れ征平の軍すでに成るの吉兆として、勇気百倍し来れりと云ふ。士卒之れを伝へて征旗を高く掲げ歌声やまざりしとか。当八幡宮の別名を「旗上げ八幡」と称するはこの故事による。寿永3年春(1184)頼朝木曽義仲を京師に攻む。義仲宇治、勢田の両橋を徹し河中に乱杭茂木を設けて寄手の渡を阻まんとす、この時鎌倉出陣に際し、各々頼朝に乞ふて賜りたる名馬二頭の中、梶原景時磨墨に、佐々木高綱は池月に打ちまたがり共に先陣を争った。史書に云ふ宇治川の先陣争いである。池月一代の晴れの場所でこの一番乗りの功名が今に至るまで名馬の誉れを伝へてゐる。この池月の誕生地が当八幡であって、即ち池月発祥伝説の起こりである。古くより里人の間に語り継がれ大井町線の駅名に(今の北千束駅)、又町会名にもなってゐたが今はない。遠き治承の昔より光芒すでに八百秋、時代の変遷と共にこの伝説の忘失を惜しみ誌して後世に伝へんとする。尚、磨墨を葬せし磨墨塚は南馬込に現存する。氏子青年有志による池月太鼓は即ちこの伝説を太鼓に托したものであり毎年9月の祭日に奉納されてゐる。池月の 蹄の音か 撥の冴え (千束八幡神社 洗足風致協会)

d0183387_13535630.jpg
江戸名所図会 千束池袈裟掛松 (わたしの彩(いろ)『江戸名所図会』から引用)

d0183387_14112426.jpg
街道の風景④ 中原街道は坂上を直進、品川道は商店街へ右折します/洗足坂(中原街道)

d0183387_14131012.jpg
洗足坂/坂上
この道(中原街道)は江戸から平塚の中原に通ずる街道で、江戸時代には東海道の脇往還として盛んに利用された。明治期以後も産業の発達に伴い東京の物資の輸送路として大きな役割を果たした。しかし、この辺りは坂が多く重い荷物は難儀をした。昔の洗足坂は道幅も狭く現在の坂より短い急な坂であった。大正12年になると道路が改修されてゆるやかな坂となり、その後さらに拡幅されて現在の道路となった。坂下には改修記念碑がある(標柱)

d0183387_15440738.jpg
品川道(田園調布~長原)ルートマップ
(赤:品川道 茶:中原街道)

by Twalking | 2017-09-12 15:45 | 東京散歩(新規)

<< 虹 「N'EX」が行く >>