無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 カテゴリ:○Flower( 846 )   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ススキ   

d0183387_13540437.jpg
ススキ
乞田川/多摩市落合
秋の七草、
川辺のススキもいいですね!
和みます。


ススキ
(芒、薄)

イネ科ススキ属の植物、尾花ともいい秋の七草の一つ。また茅(かや・とも書く)と呼ばれる有用植物の主要な一種。野原に生息しごく普通に見られる多年生草本である。高さは1から2m。地下には短いがしっかりした地下茎がある。そこから多数の花茎を立てる。葉は細長く、根出葉と稈からの葉が多数つく。夏から秋にかけて茎の先端に長さ20から30cm程度の十数本に分かれた花穂をつける。花穂は赤っぽい色をしているが、種子(穎果・えいか)には白い毛が生えて穂全体が白っぽくなる。種子は風によって飛ぶことができる。(Wikipedia


by Twalking | 2018-10-14 13:58 | ○Flower

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 オミナエシ   

d0183387_21054056.jpg

オミナエシオ/光源寺(京区向岡)
どこかで出会いたいなと思っていたら、
お寺の境内に咲いてました。
手入れがよく行き届いていますね。


オミナエシ
(女郎花)
オミナエシ科オミナエシ属の多年草植物。秋の七草の一つ。夏までは根出葉だけを伸ばし、その後花茎を立てる。葉はやや固くてしわがある。草の丈は60-100cm程度で、8-10月に黄色い花を咲かせる。日当たりの良い草地に生える。手入れの行き届いたため池の土手などは好適な生育地であったが、現在では放棄された場所が多く、そのために自生地は非常に減少している。日本では万葉の昔から愛好され、前裁、切花などに用いられてきた。漢方にも用いられる。Wikipedia


by Twalking | 2018-10-13 21:13 | ○Flower

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 セイタカアワダチソウ   

d0183387_13273154.png

セイタカアワダチソウ/乞田川(多摩市落合)
ミツバチさんも蝶さんも、
せっせせっせとお仕事中かな・・・、
お疲れさ~ん。


セイタカアワダチソウ
(背高泡立草)

キク科アキノキリンソウ属の多年草である。北アメリカ原産で、日本では切り花用の観賞植物として導入された帰化植物(外来種)であり、ススキなどの在来種と競合する。11月頃まで開花していることから、ミツバチの蜜源植物として養蜂業者が全国に広めたこともある。河原や空き地などに群生し高さは1-2.5m、良く肥えた土地では3.5-4m程度にもなる。茎は下の方ではほとんど枝分かれがなく、先の方で花を付ける枝を多数出す。花期は秋で、濃黄色の小さな花を多く付ける。(Wikipedia


by Twalking | 2018-10-12 13:37 | ○Flower

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 玉簾   

d0183387_15540587.jpg

タマスダレ/多摩市愛宕
本降りになってきたね~・・・、
台風の影響かな?、じっと我慢の子、
気をつけようね!、タマスダレさん。


タマスダレ
(玉簾)
ヒガンバナ科タマスダレ属の球根草。和名の由来は白い小さな花を「玉」に、葉が集まっている様子を「簾」に例えたことによる。別名のレインリリー(雨ユリ)とは、ゼフィランサス属及び近縁のハブランサス属(英語版)の総称でありタマスダレだけの別名ではない。まとまった雨後に一斉に花茎を伸ばし開花することに由来する。また、タマスダレを「ゼフィランサス」ということもあるが本来、ゼフィランサスは属名であるので注意を要する。葉は細長く棒状で濃緑、土から直接出ている。夏〜初秋に白い花を咲かせる。1本の花茎に対して花は1つだけである。(Wikipedia

by Twalking | 2018-10-05 17:14 | ○Flower

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ホトトギス   

d0183387_18313335.jpg

愛宕下通り/多摩市愛宕
なんだっけな~???、たしか鳥さんだよね、
う~ん・・・、ウグイスじゃなくて俳句のほう、
あ、ホトトギスさんか、おはよ~!


ホトトギス

ユリ科の多年草。白地に紫斑のある花を咲かせ、この斑点が鳥のホトトギスの胸の斑紋に似ていることから和名が付いた。茎は高さ5080cm、多くは崖縁などに垂れ下がるように生育する。葉は互生し、長楕円形から披針形で、先端はやや細長く伸び長さ1015cm基部は茎を抱く。一般に茎と葉に斜め上向きの毛が多い。10月上~中旬、葉腋に1~数個の花を上向きにつける。花被片の長さは約3cm、外花被片の基部は膨らんで中にみつを分泌する。(コトバンク)


by Twalking | 2018-10-02 18:42 | ○Flower

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 金木犀   

d0183387_12450689.jpg

金木犀/多摩市愛宕
う~ん、いい香り・・・、
この芳香を連れてかないでおくれ~、
お願い!大風さん。


キンモクセイ(金木犀)
モクセイ科モクセイ属の常緑小高木樹で、モクセイ(ギンモクセイ)の変種。秋に小さいオレンジ色の花を無数に咲かせる。雌雄易異株であるが日本では雄株しか入っていないので結実しない。雄しべが2本と不完全な雌しべを持つ。花は芳香を放つ。芳香はギンモクセイよりも強い。中国南部原産で日本には江戸時代に渡来した。(Wikipedia

by Twalking | 2018-09-30 12:51 | ○Flower

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ハイビスカス   

d0183387_19182654.jpg

ハイビスカス
多摩市グリーンライブセンター/多摩中央公園
「わたし、そろそろ店じまいするわ~」
「だよね~・・・、楽しませてくれて、ありがとう!」

by Twalking | 2018-09-27 19:23 | ○Flower

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 トケイソウ   

d0183387_14530346.jpg

トケイソウ
多摩市グリーンライブセンター/多摩中央公園
「何時ごろだろう??」
「わたしをみて~!」
あれ、アリさんも思う所は同じかな・・・。


トケイソウ(時計草)

トケイソウ科の蔓性の多年草。高さ約4m。巻きひげで他に絡みつき、葉は手のひら状に深く裂けている。夏、直径8cmくらいの時計の文字盤に似た花を開く。花びらと萼は淡紅色か淡青色で、その内側に糸状の紫色の副花冠が多数並ぶ。ペルー・ブラジルの原産で日本には江戸時代に渡来。同属には花が赤色のホザキノトケイソウやパッションフルーツ(クダモノトケイソウ)などがある。(コトバンク)


by Twalking | 2018-09-27 19:00 | ○Flower

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 曼珠沙華   

d0183387_20121870.jpg

曼珠沙華/愛宕下通り(多摩市愛宕)
お彼岸はまあまあのお天気、
お墓参りは少し遅らせて・・・にしました。
母さんの様子をみてお参りに行きますね。

by Twalking | 2018-09-24 20:34 | ○Flower

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02   

d0183387_12085299.jpg

多摩市グリーンライブセンター/多摩中央公園(多摩市)
「葛、咲いてますか?」
「高い所なので・・・、あ、まだ咲いてますね」
とわざわざ案内して頂きました。
可愛いですね!やっと会えました~、
ご親切にどうもありがとうございました。


クズ(葛)

マメ科クズ属のつる性の多年草である。日本では根を用いて食材の葛粉や漢方薬が作られ、万葉の昔から秋の七草の一つに数えられている。和名はかつて大和国(現:奈良県)吉野川(紀の川)上流の国栖(くず)が葛粉の産地であったことに由来する。地面を這うつるは他のものに巻きついて10m以上に伸び、全体に褐色の細かい毛が生えている。葉は三出複葉、小葉は草質で幅広く大きい。花は8-9月の秋に咲き、穂状花序が立ち上がり、濃紺紫色の甘い芳香を発する花を咲かせる。(Wikipedia


by Twalking | 2018-09-24 13:09 | ○Flower