無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 カテゴリ:○Flower( 854 )   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 乙女椿   

d0183387_18021084.jpg

乞田川/多摩市落合
どんよりとして、寒いですね。
すっかり葉を落した川辺に一株の乙女椿、
ほっとしますね~・・・、美しい。

by Twalking | 2018-12-13 18:09 | ○Flower

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 冬薔薇   

d0183387_12331000.jpg

多摩市愛宕
冷たい雨に
凛として、美しいこと・・・
バイオレットのバラさん、ありがと~!

by Twalking | 2018-12-06 14:17 | ○Flower

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 バラ   

d0183387_15004599.jpg

多摩市愛宕
おはよ~!コクテールさん、
元気に咲いてるね・・・、
息の長いこと。

by Twalking | 2018-11-28 15:03 | ○Flower

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 皇帝ダリア   

d0183387_17060061.jpg

鶴牧西公園/多摩市鶴牧
う、風向きが変わった、
北風だな~・・・、
おいらの季節になったかな。


キダチダリア
(木立ダリア)
高さ8-10mになるダリア属の種でメキシコ、中米、コロンビアの原産。日本では学名を訳した「皇帝ダリア」等の別名でも呼ばれる。高地・山地の植物で、標高1500-1700mの所に生育する。塊根(かいこん・水や栄養素を貯め込んで大きくなった根)を有する多年草で、冬期の休眠の後急速に生長し、脆く竹のような膨れた節のある四角形の茎と、大きな3回羽状複葉を展開し、地面近くの葉はすぐに日陰に入ってしまう。懸垂しまたは下向きに咲く頭花は直径75-150mmで、舌状花はラベンダー色または紫がかったピンク色をしている。本種は生長が速く、急激な生長は短日条件により起き、普通秋の最初の霜の下りる前に開花する。Wikipedia

by Twalking | 2018-11-17 17:19 | ○Flower

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ノゲイトウ   

d0183387_11183482.jpg

八王子市南大沢
ノゲイトウさんかな??、温かい。
朝晩は暖が欲しいころですね~・・・、
今日は冬至、そろそろ冬仕度でしょうか。


ノゲイトウ
(野鶏頭)

熱帯アジア、インド一帯に自生するヒユ科セロシア属の一年草。日本でも関東地方以西の暖地では野生化し荒地や休耕地一面を覆う光景などがみられる。園芸品種として「セロシア」という名称で鉢花や切り花として流通している。草丈は1m程度に生育し、先端に細長い花序を持ち、本州では7月~11月に開花しロウソクの炎のような形をしている。花の色は赤・濃い赤紫色・ピンクから次第に銀色へと変化する。花穂は槍のように尖っていおり、水分が少なくかさかさしている。葉は細長い楕円形で互生。(Wikipedia


by Twalking | 2018-11-07 12:06 | ○Flower

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 マユハケオモト   

d0183387_18213230.jpg

マユハケオモト
母が世田谷から持ってきた思い出の一鉢、
今年も元気に咲いてくれました。
いいこだね~、まゆはげちゃん、ありがとう~!


眉刷毛万年青(マユハケオモト)
ユリ科ハエマンツス続の常緑多年草で、ハエマントゥス・アルビフロースの和名です。南アフリカが原産です。球根状の鱗茎があり高さは20cmほどになります。葉は厚くて多肉質です。9月から11月ごろ、花茎を伸ばして「眉刷毛」に似た白い花を咲かせます。先端が黄色いのが雄しべ、割れているのは雌しべです。(Weblio辞書)


by Twalking | 2018-10-27 20:55 | ○Flower

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ザクロくん   

d0183387_16320124.jpg

多摩市愛宕
天気もいいことだし、
ピーチク、パーチク
語ろうぜ~、ね、おじちゃん。

by Twalking | 2018-10-22 16:46 | ○Flower

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 乙女椿   

d0183387_14480917.jpg

乞田川/多摩市落合
あれ、乙女椿さんかな~???
ちょっと寒いと思ったら咲き始めました。
早いですね・・・、そろそろ冬支度でしょうか。


乙女椿
ツバキ科ツバキ属。(学名:Camellia japonica f. otome
ピンク色の花びらを重ねた八重咲きの中輪である。花びらは円頭形で整然としている。葉は卵形で互い違いに生える(互生)。葉の先は尖り縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。葉には艶がある。葉はヤブツバキよりも小さい。ユキツバキ系の品種で江戸時代から栽培されている。属名の Camellia はイエズス会の宣教師「カメル(G. J. Kamell)さん」の名からきている。種小名の japonica は「日本の」という意味である。品種名の otome は「乙女」である。(みんなの花図鑑)


千重咲き

千重咲き(せんえ)は花弁の重なりが多く、花芯に雄しべがほとんど見られない椿です。「乙女」は淡桃色の中輪で、刈込みに強くて枝葉が密に茂り、病害にも強い品種です。(武田薬品工業)


by Twalking | 2018-10-19 15:10 | ○Flower

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ススキ   

d0183387_13540437.jpg
ススキ
乞田川/多摩市落合
秋の七草、
川辺のススキもいいですね!
和みます。


ススキ
(芒、薄)

イネ科ススキ属の植物、尾花ともいい秋の七草の一つ。また茅(かや・とも書く)と呼ばれる有用植物の主要な一種。野原に生息しごく普通に見られる多年生草本である。高さは1から2m。地下には短いがしっかりした地下茎がある。そこから多数の花茎を立てる。葉は細長く、根出葉と稈からの葉が多数つく。夏から秋にかけて茎の先端に長さ20から30cm程度の十数本に分かれた花穂をつける。花穂は赤っぽい色をしているが、種子(穎果・えいか)には白い毛が生えて穂全体が白っぽくなる。種子は風によって飛ぶことができる。(Wikipedia


by Twalking | 2018-10-14 13:58 | ○Flower

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 オミナエシ   

d0183387_21054056.jpg

オミナエシオ/光源寺(京区向岡)
どこかで出会いたいなと思っていたら、
お寺の境内に咲いてました。
手入れがよく行き届いていますね。


オミナエシ
(女郎花)
オミナエシ科オミナエシ属の多年草植物。秋の七草の一つ。夏までは根出葉だけを伸ばし、その後花茎を立てる。葉はやや固くてしわがある。草の丈は60-100cm程度で、8-10月に黄色い花を咲かせる。日当たりの良い草地に生える。手入れの行き届いたため池の土手などは好適な生育地であったが、現在では放棄された場所が多く、そのために自生地は非常に減少している。日本では万葉の昔から愛好され、前裁、切花などに用いられてきた。漢方にも用いられる。Wikipedia


by Twalking | 2018-10-13 21:13 | ○Flower