無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 カテゴリ:リバーサイドウオーク(新規)( 59 )   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 大栗川(7)鑓水(源流域)   

日時 2016.9.10(土)
天気 晴れ


やっと源流域の鑓水にきました。
ここは「鑓水商人」「絹の道」でよく知られた郷です。
源流の3つの谷戸と御殿峠をぐるりっと一回りしました。

小泉家屋敷で鎌倉古道の話を伺うと、本を出してこられたので
???と、みせて頂き、購入しました。
「浜街道」という本ですが、鑓水のことが詳しく書いてあります。

歩いてはいますが、知らないことが一杯・・・、う~ん、です。
この本と一緒に歩き直したいな~と、感じました。
面白い出会いですね~、ありがとうございました。



・・・鑓水


市の東南部、由木地区の西端に位置する。1964年(昭和39)由木村の八王子市への合併により同村内の旧大字鑓水が八王子市鑓水となった。江戸期の鑓水村は大栗川の源流部をしめ、多くの支流が谷戸地形をつくっている。中央部を由木街道が東西に横断、西端を国道16号線が南北に走り、同八王子バイパスも開通し鑓水IC・御殿山料金所ができた。東寄りを旧浜街道が南北に抜けており、北半部は「絹の道」として整備されつつあり、北端の道了堂跡は大塚山公園として整備されて文化庁によって「日本の歴史の道百選」に選ばれた。南半の地域は多摩ニュータウン建設地域となり、その整備の進行にともない1994年(平成611月に鑓水2丁目となった。多摩美術大学、絹の道資料館、永泉寺・正山寺・大法寺・まや霊園、諏訪神社、小泉家屋敷がある。(Web八王子辞典)

d0183387_12024240.jpg
乞田川の風景① 左手が右岸の板木緑地、正面は左岸の子の神でしょうか/境橋先

d0183387_12093539.jpg
d0183387_12114344.jpg
旧流路跡でしょうか?         柚木街道を潜ります/谷戸入口

d0183387_12163793.jpg
前を絹の道が通ります/小泉屋敷(右岸)

小泉家の主屋は明治11年(1878)に再建されたものであるが、木造平屋建・入母屋造・茅葺・田の字形四間の間取りで、この地方に旧来からみられる典型的な民家建築を示している。(東京都)

d0183387_19430952.jpg鑓水小泉家住宅(1/50模型)
小泉家住宅は入母屋造、茅葺きでこの地域の典型的な養蚕農家です。明治11年(1878)に再建され、屋敷地とともに昭和47年に東京都の有形文化財に指定されました。(絹の道資料館)



d0183387_12232053.jpg
鑓水商人・大塚五郎吉の屋敷跡、裏山に鎌倉古道跡が残ります/鑓水板木の杜緑地


d0183387_12261262.jpg鑓水板木の杜緑地名前由来

この一帯は岩盤の層があり、山の中腹は槍状の先のとがった道具で突くと地下水が湧き出てくる。この水を節を抜いた竹で導き瓶などに貯え飲料水として利用した。これを筧(かけひ)と言い、さらにこの瓶から水を流れるようにしたものを『鑓り水』と言うが、こらが鑓水の由来と考えられる。また板木という名は古文書のある古絵図に記された「伊丹木」に由来する。これはアイヌ語で「きれいな清水が湧き出る所」という意味として伝わっているが、この地は古くはアイヌ民族が住んでいたと思われる。というのはこの地域から発掘された縄文土器の紋様とよく似ているのがなによりの証拠と考えられているからである。そしてこの「伊丹木」が後に「板木」に変化したのではないかと考えられている。なお、この緑地内の尾根道は旧鎌倉街道と呼ばれ、相模を通り甲州・秩父方面へと通じ浜街道と共に重要な街道であった(案内板)

d0183387_12281420.png
鑓水板木の杜緑地案内マップ(橙:絹の道 紫:鎌倉古道 茶:柚木街道 青:大栗川)

伊丹木谷戸
鑓水の旧小名・小字、板木谷とも書いた。由木街通のバス停鑓水から南へ入る谷戸を言う。小泉家屋敷がある。(Web八王子辞典)

d0183387_12332112.jpg
丘の風景① 北側、鉄塔の右手が大塚山(鑓水峠)になります/板木の杜緑地前


d0183387_12535435.jpg
大栗川の風景② この奥が嫁入り谷戸、谷戸から支流が注ぎます/嫁入り橋(右岸)

嫁入り谷戸

この地に昔、夜な夜な現れて舞いを踊る巫女が現れ、村の若者が皆魅了されてしまった。これは魔性の類だと言うことになって、屈強なものが弓を射かけるとたちまちに姿は消え、次の日、弓に射貫かれ田に横たわる狐が発見された。この巫女伝説に由来し「弓射谷戸」となり転訛して「嫁入谷戸」となったという説がそれだ。大栗川を挟んだ対岸には「巫女の沢」という名前もありこの伝説に因む名はこの地の特徴の一つとなっている。(「谷戸めぐり」さんの解説より)


d0183387_13015469.jpg
永泉寺山門

d0183387_13052482.jpg永泉寺由緒
永泉寺の開創は弘治元年(1555)甲斐武田族・永野和泉(武田信玄の叔父に当たるとか)が時の党族争い等の醜さから逃れて諸家臣と共に鑓水に移住し、一宇を建て家宝の正観音像を奉安し(現在武相観音14番札所)由木永林寺開山住持に就いて剃髪し、覚峰文公と改名し一宇を高雲山永泉庵と称して其の基を開き、当寺開基位となり永禄2年(155999日寂す。その後永林寺三世住職・岳應義堅大和尚が天正元年(1573)当寺を法治寺院として開山し、諸堂山門・七棟を建立する。天正15(15871010日寂す。曹洞宗大本山永平寺・總持寺に属す現在の本堂は、明治18年火災全焼したため鑓水絹商人・八木下要右ヱ門の寄進をえて移築し、以後奥の間養蚕室・茅葺き屋根を改築し現在に至る(説明板)

d0183387_13411427.jpg
d0183387_13490454.jpg



不動明王:天明8年(1788)造   六地蔵:明和4年(1767)建立

d0183387_13490625.jpg
d0183387_13491546.jpg
芭蕉像                先ずたのむ椎の木もあり夏木立/芭蕉

d0183387_09111212.jpg
丘の風景② 南側「浜見場」方向の景観です、先方の丘を越えます/永泉寺墓地

浜出しの 荷駄を送り出す 糸商の 夜明けの庭の いななき」(小泉栄一)
小泉さんが詠まれたこんな朝立ちの光景が紹介されていました。浜出しですから向かうのは「浜見場」、絹の道は多摩丘陵の二つの峠を越えていきます、鑓水峠と浜見場、本を読んで改めて再認識した次第です。


d0183387_14321769.jpg
大栗川の風景③ 源流域は3つ谷戸、ここで合わせます/御殿橋(絹の道)

d0183387_19544300.jpg八王子道標
この道標は輸出品の花形であった生糸を横浜港へ運ぶ時の道しるべとして、慶応元年(1865)に建てられました。当時、この道筋には家屋敷が立ち並び外国人も往来し大変な賑わいをみせていました。生糸の仲買人として活躍したこの地の商人達は鑓水商人として、後世にその名を残します。その姿は道標の正面に描かれています。なお、この道標は御殿橋南側にあった旧鑓水公会堂に建てられていましたが、大栗川の改修工事に伴い昭和63年に現在の場所に移されました。(八王子市教育委員会)



・・・源流域①大芦谷戸

大芦
鑓水の旧小字。同町の西端、大栗川の源流部一帯の地をいう。南の丘に多摩美術大学がある。旧小名大鷲谷はこの地を指すか。Web八王子辞典)

d0183387_15244363.jpg
d0183387_15251177.jpg
御殿橋のすぐ上流           民家の間を流れます

d0183387_15322113.jpg
多摩美のキャンパス下に流れがあります/多摩美入口

d0183387_15332672.jpg
源流の風景① 昔は池があったそうですが、こんな感じになっています/多摩美先

d0183387_01534707.jpg
16号鑓水交差点

d0183387_01124544.jpg大法寺 
寳祐山 大法寺は天正10年(1582年・安土桃山時代)に開かれました。開山上人は、後に日蓮宗の総本山である身延山久遠寺第17世になられる、慈雲院日新上人です。大法寺開山にまつわる資料は非常に少なく詳細は不明ですが、江戸時代直前の混乱期にお寺の歴史は始まっています。所在は当初、滝山城城下にありましたが、城主である北條氏が新に八王子城を築城それに伴い八王子城城下へ移転。しかし、八王子城は完成する以前に、1590年豊臣軍に敗れ落城し、上野町に移転します。その377年後、先代住職第26世觀照院日慧上人の代、1968年(昭和43年)現在の地に移転しまや霊園を開園します。(大法寺HP)

d0183387_01131572.jpg斎藤茂吉直筆の書から転写の歌碑
うつし身の 苦しみ歎く 心さへ はや淡々し 山のみ寺に
昭和2年 福井県永平寺にて詠む。歌集「ともしび」所載。昭和27427日、八王子アララギ会が大法寺境内に建設。昭和42年、上野町より移転。当山25世、26世住職は、短歌結社「アララギ会」に所属しておりその縁あって境内へ建設された。(大法寺HP)






・・・源流域②子の神谷戸

子の神谷戸
鑓水の旧小名・小字。同町の西寄り諏訪神社のある谷をいう。(Web八王子辞典)

d0183387_15524634.jpg
d0183387_15525054.jpg
御殿橋すぐを左折した道沿いです    諏訪神社前

d0183387_15552021.jpg
まや霊園下まで行けそうですが、またの機会に/諏訪神社先


d0183387_16002514.jpg
源流の風景② 霊園からみた子の神谷戸、右側に流れがあります/大法寺まや霊園


d0183387_20083214.jpg
諏訪神社の権現鳥居(両部鳥居)


d0183387_20085825.jpg

拝殿 
奥の本殿は覆い屋で保護され、諏訪神社(元は日陰谷戸)・子の権現(子の神谷戸)・八幡神社(元は片倉村の山中)の神殿が鎮座しています

諏訪神社の神殿

①子の権現旧本殿 江戸時代中期に建立(推定)子の神社本殿 寛政4年(1792)建立(文書) ③諏訪神社本殿 寛政10年(1885)建立(棟札)八幡神社本殿  
明治18年(1885)建立(造立者銘板)
諏訪人神社は明治10年に諏訪・子の権現・八幡の3社を合せたものである。これら4棟の本殿からは江戸時代中頃から明治時代にかけての江戸の建築様式が八王子周辺に伝わった様子をうかがうことができる。これらの本殿の建立には横浜の輸出用生糸の交易を行った「鑓水商人」がかかわり、子の権現・諏訪・八幡の各本殿の彫刻は鑓水における幕末から明治にかけての経済的高まりを表している。(八王子市教育委員会)

d0183387_20175015.jpg
d0183387_20175587.jpg
古宮(子の権現旧本殿)        寄せ宮




・・・源流域③厳耕地谷戸

厳耕地谷戸
絹の道・鑓水峠への登り口、鑓水三叉路から分かれ御殿峠へ続く谷戸です

d0183387_01251853.jpg
直進は鑓水峠(絹の道)、左手が御殿峠になります/鑓水三叉路


d0183387_16252472.jpg
d0183387_16244159.jpg
絹の道の西を流れます         谷に沿って流れます

d0183387_16320564.jpg
耕作地が広がります

d0183387_16355795.jpg
d0183387_16365248.jpg
道に沿って流れます          この上流辺りでしょうか?

d0183387_16381410.jpg
源流の風景③ 16号BPのトンネル、先が御殿峠です。ここが分水嶺でしょうか



・・・御殿峠

d0183387_01382777.jpg
右手が鑓水三叉路への下りになります/16号御殿峠

御殿峠

八王子市片倉町と町田市相原町の境に位置する国道16号の峠である。標高183m。 御殿峠の周囲が杉山だった時期もあったことから杉山峠ともいう。御殿山の麓に位置し、新道、旧道、古道が存在する。御殿山の東稜を切り開いて開通した新道は自動車交通の要衝である一方、古道は数少ない鎌倉街道の跡でもある。日本閣の私有地となり入れない場所もある。(Wikipedia


d0183387_01450681.jpg
旧道(鎌倉古道)の峠

旧御殿峠道
旧道は町田市相原町下坂より山中に分け入り御殿峠に至る道で、江戸時代には大山道としても賑わっていたが、1887 (明治20)ごろより東側(現在の国道16号付近)に大道が整備されてから廃道となっていった。伝承によると、御殿峠には平安時代末期の武将で藍原次郎 (太夫高野)の館があったといわれてる。古道の周囲には弘法のお水と呼ばれる湧水や、片倉城址、1616(元和277)に相原村と鑓水村の間でおきた山林境界の問題で、越訴の世話人である諏訪加賀が貼り付けの刑となった獄門場跡などの史跡が点在する。(Wikipedia


d0183387_02070333.png
絹の道周辺マップ
(橙:柚木街道 緑:絹の道 紫:16号 青:大栗川 橙角:南大沢・多摩境駅)



・・・・・
資料ファイル

大栗川源流

(1)大芦源流
由木街道に沿った16号付近(大芦谷戸)の鬱蒼とした 杉林の中に、かつて小さな池(時に湿地) があった。そこが水源とされる。御殿峠の「はっつけ場」伝承がある。現在は多摩美大あたりで川は消えている。

(2)岩耕地源流
御殿橋からすぐに二流に分岐する。一つは岩耕地谷戸を通り御殿峠の頂上付近が水源。かつての御料林(皇室の所有林)の中に弁天池が造られていた。現在もその面影を残す。東京湾のお台場作りに一役買った物語を秘めている。一つは子ノ神谷戸の山中が水源、ここには「子ノ権現」を祀った。鑓水商人の夢うたかたの物語が眠る。


d0183387_13055116.jpg
大栗川の支流図/「由木つむぎの会」さんの流域図を参照させて頂きました。ありがとうございました。

d0183387_13405392.png

村絵図/絹の道資料館(上との対比で180°回転しました)


絹の道資料館などの関連記事はこちらへ(http://teione.exblog.jp/19706470/




by Twalking | 2016-09-16 09:48 | リバーサイドウオーク(新規)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 大栗川(6) 南大沢&上柚木   

日時 2016.9.10(土)
天気 晴れ


雨が続きましたが、晴れそうなので源流域へ出かけました。
前回寄れなかった南大沢八幡宮から首都大学を通り上柚木公園へ。
ここには緑道が通じていますし、公園からの眺めは抜群です。

大栗川の流れる流路や野猿峠、鑓水峠、御殿峠の位置を確認し、
広い公園の西から下流へ、そして左岸の旧道を西へ歩きました。
この辺りは蛇行し流れていたんでしょうね、旧流路跡が残ります。

上柚木の明神社、ネットでみても解説が少ないので謂れなどは
よく分かりませんでしたが、里の参道や社殿は落ち着きます。
この辺りは長閑でいい所ですね~。。。


・・・大田川

八王子市を流れる多摩川水系の一級河川である。町田市小山ヶ丘および八王子市南大沢の小山内裏公園内の調整池である大田切池を主な水源とし、都道158号小山乞田線(多摩ニュータウン通り)に沿って北東に向って流れ、八王子市松木付近で大栗川と合流する。現在は南大沢2丁目交差点近くで暗渠に入ってしまうため先は見られない。遊歩道である柚木緑道が整備され川沿いを歩けるようになっている。
Wikipedia

d0183387_15205604.jpg
大田川の風景① 合流地から多摩TN通りに沿って西へ/峯ヶ谷戸橋(松木)

d0183387_15255614.jpg
d0183387_15260062.jpg
柚木緑道入口(左岸)         木陰は少ないですがいい道です

d0183387_15443023.jpg
大田川の風景② 前方に南大沢の駅が見えてきました/板橋

d0183387_15470135.jpg
d0183387_15470596.jpg
坂を上ると富士見台公園です      左岸にえのき公園


d0183387_15501683.jpg
大田川の風景③ 柚木緑道の終点です

d0183387_15502254.jpg
d0183387_15502526.jpg
お地蔵さんと馬頭観音が建ってます/おかんとう橋

小字-おかんとう
松木の旧小名。由来場所等詳しいことはわからないが南西にあった地名だという。現在「おかんどう橋」がかかるあたりか。(「谷戸めぐり」さんの解説より)

d0183387_16083413.jpg
大田川の風景④ この先は暗渠になります/大田橋


・・・南大沢


八王子市の南部に位置し、多数の新興住宅地と学校、商業施設を有する多摩ニュータウン西端部を構成する。町の中心には京王電鉄の南大沢駅があり、駅周辺には八王子市の行政施設や大学が立地する。多摩郡の現八王子市域にはかつて「大沢村」(柚木領および拝島領)という村が2つ存在していた。南大沢は南多摩郡内においてその旧拝島領大沢村(後の北大沢村→加住村→現・八王子市加住町二丁目)の南に位置していたことから「南大沢」と名付けられた。Wikipedia


d0183387_16233935.jpg
南大沢八幡神社の赤鳥居/南大沢

南大沢八幡神社

創建年代は不明だが古くから南大沢の鎮守神としてまつられてきた。境内のオオツクバネガシの巨木は、樹齢推定600年である。Wikipedia

d0183387_16242834.jpg
d0183387_16243526.jpg
拝殿                 入口のお地蔵さん

d0183387_16294534.jpg南大沢のオオツクバネガシ

この木は、明治13年正月の八幡神社の火災により災禍を受けて枯死してしまったと思われていたが、しばらくして再生したので地元では「不死身のアカガシ」として大切にされていた。樹幹はすっかり空洞化しているが今なお生気が盛んである。当初はアカガシと思われていたが、実際には高尾山中のものを標識樹としたオオツクバネガシで、アカガシとツクバネガシとの間種である。ツクバネガシ:「衝羽根樫」は正月遊戯の「追い羽根」に使用する羽根に似て、葉が小枝の先に四枚出ているところから名づけられたといわれている。(八王子市教育委員会)


d0183387_16322697.jpg
d0183387_16322958.jpg
お隣には
末広稲荷大明神が祀られてます

d0183387_16352553.jpg
首都大学東京キャンパスの風景

首都大学東京
八王子市市南大沢に本部がある公立大学。東京都立大学・都立科学技術大学・都立保健科学大学・都立短期大学を統合して平成5年(1993)に発足。都市教養・都市環境・システムデザイン・健康福祉の4学部を持つ。教員の評価制、任期制、給与の年俸化を導入。平成17年(2005)公立大学法人となる。(コトバンク)


d0183387_16373380.jpg
ひょうたん池/松木日向緑

松木日向緑地

首都大学東京南大沢キャンパスの敷地(約43ha)は多摩丘陵を開発造成した起伏に富んだ地形となっており、その形状は東西約1500m、南北が最大約400mと東西に細長い台地となっています。南側に広がる緑地は武蔵野の面影を今に伝える貴重な樹林帯であり、かつての近隣の人々の生活に密着した薪炭林として、多摩ニュータウン開発時も保存緑地の一つとして残されたものです。緑地の広さは約13haあり、約800種類の植物、哺乳類、鳥類、昆虫などが生息していいます。この緑地は大学の教育研究フィールドとして活用しているほか、地域の憩いの場として提供しています。(説明板)

d0183387_16430203.jpg
d0183387_16431315.jpg
谷戸の径               キャンパスの径

d0183387_16461658.png
松木日向緑地マップ

d0183387_18221675.jpg
大田切池/小山内裏公園

d0183387_18244355.jpg
「大田切谷戸」と「大田切池」
この池がある谷は大田川の源流にあたり「大田川が切れるところにある谷戸」という意味を持っています。大田川はこの谷戸に湧き出る湧水を集めて北東に流れ、松木で大栗川に合流し多摩川へそそいでいます。昭和60年頃、この周辺の宅地造成にともない大雨の時雨水が一度に川へ出ないようにするため流れをせき止めて池がつくられました。小山内裏公園の開園にあたってこの池を「大田切池」と呼ぶことにしました。池の中にある枯れた木はもともと川岸にあったスギの木が水につかり枯れたもの、この池が昔からのものでないことを物語っています。この谷戸の流域は、本公園の中で最も自然豊かな所で「サンクチュアリ」(動植物保護区)にしていますので許可なく立ち入ることはできません。ご協力よろしくお願いいたします。(説明板)




・・・大栗川右岸

上柚木

市の南東部由木地区の南西寄りにある。19644年(昭和39)由木村の八王子市への合併により、同村内の旧大字上柚木が八王子市上柚木になった。江戸期の上柚木村は大栗川の上流部両岸にひろがり、川沿いに都道が走る下柚木との間に土地が入り組み飛地も多い。南半部は多摩ニュータウン建設地域となっており市が総合運動公園として上柚木公園を建設した。西端の丘陵に大学セミナーハウスがある。桐朋学園運動場、西光寺、新明神社、愛宕神社がある。909月飛地の一部が南大沢1丁目に編入された。94年上柚木23丁目ができた。(Web八王子辞典)

d0183387_16503670.jpg

柳沢の池/柳沢の池公園

この池は江戸時代に大柚木村の領主(知行地)の柳沢氏によってため池として掘られたといわれています。要水位は伏樋・水路を通して大栗川沿いの水田へ引かれていました。大きさはおよそ35mに20m、深さは深い所で1.7mあります。灌漑用水としての使命は終わりましたが、現在でも絶えることなく湧き水が集まり、生き物たちの生息の場として、また人々の憩いの場として池は生き続けています。(説明板)

d0183387_18421495.jpg
d0183387_18414473.jpg
柳沢の池公園             歩道橋を渡って上柚木公園へ

小字-長窪(ながくぼ)
上柚木の旧小名。このあたりは谷があり、池があったのだという。ニュータウン開発で埋められ、現在は南大沢方面への道が通っている。地名の名残は南大沢方面に「長久保」という交差点名として残るだけである。(「谷戸めぐり」さんの解説より)


d0183387_18530044.jpg
上由木公園(神戸地区)

愛宕山(あたごやま)

上柚木の山の名。麓に遷座した愛宕社が元々祀られていたことにちなむ。(「谷戸めぐり」さんの解説より)

d0183387_19034488.jpg
丘の風景① 「白山神社道」が中山へ、右手ピークが猿丸山(野猿峠)になります「/上柚木公園

d0183387_19143177.jpg
丘の風景② 上柚木の町並みがよく分かります/上柚木公園
d0183387_19175333.jpg
丘の風景③ 源流域方向、奥が御殿峠、その手前の尾根が鑓水峠(絹の道)でしょうか/上柚木公園

d0183387_19301577.png
上柚木公園マップ(青:大栗川 紫:柚木街道)


d0183387_22034690.jpg
陸上競技場から下った〆切橋の袂に鎮座します/上柚木八幡神社

d0183387_22072660.jpg愛宕神社
祭神は火産霊迦具土命(ほむすびかぐつちのみこと)。多摩ニュータウン事業により昭和6197日当地に還座。当社の創建年代については古く不詳。(案内板)


d0183387_22123172.jpg
大栗川の風景① 左坂上が上柚木公園、右は由木街道です/〆切橋



・・・大栗川右岸

d0183387_22173053.jpg
旧道の風景 この区間バスも山側の旧道を通っています。

d0183387_22200462.jpg
d0183387_22201191.jpg
上柚木会館入口を右折         旧流路跡でしょうか、緑道があります


d0183387_22371398.jpg
上柚木神明神社参道

d0183387_22265645.jpg
上柚木神明神社鳥居

d0183387_22272109.jpg
d0183387_22333981.jpg
拝殿
                     参道入口のお地蔵さん

d0183387_22391340.jpg
丘の風景④ 前方は上柚木公園、左手は南大沢駅、右手はベルコリーヌ南大沢です/境内 

d0183387_22515996.jpg
大栗川の風景② 上柚木公園の下段に沿って流れます/日陰橋

d0183387_22560072.jpg
d0183387_22551263.jpg
旧流路跡でしょうか(右岸)      神明橋


d0183387_23091079.jpg
大栗川の風景③ 境橋から振り返る下流の風景です/堺橋 

d0183387_23110459.jpg
d0183387_23110773.jpg
旧道にお洒落なレストラン       柚木街道合流地からみる旧道風景


d0183387_12031888.png
南大沢周辺マップ
(橙:柚木街道 緑:絹の道 紫:多摩NT通り 茶:町田街道 青:大栗川・大田川 橙角:南大沢駅)


by Twalking | 2016-09-13 12:31 | リバーサイドウオーク(新規)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 大栗川(5)下柚木&中山   

日時 2016.9.2(金)
天気 晴れ


江戸時代のは由木村は大栗川の両岸に広がる広い範囲でした。
鎌倉時代は由木氏(横山党あるいは西党)、和田合戦の後は長井氏、
戦国時代は大石氏、そして後北条氏へと領主が変わりました。

それだけに歴史的にも文化的にも見応えのある地域です。
なかでも永林寺は素晴らしい古刹ですし、白山神社は
「船木田荘」に関わる貴重な史跡がでたところ、いいですね~。

ネットなどを見ますと諸説があって、こんがらがってしますが、
それでも由緒ある歴史の一端に触れることができ、よかったです。
また、じっくりと訪れてみたいと思います。



・・・下柚木

八王子市の東南部に位置し多摩ニュータウンの第20住区を構成する。南大沢駅が設置され開発されるまでは村役場や由木中学校があるなど由木村や由木地区の中心で、八王子市に合併されるまでは由木村大字下柚木であった。地名は江戸初期に由木村が分割されてできた上柚木村・下柚木村から。なお、由木・柚木の地名は横山党の一族由木氏に由来する。
Wikipedia

d0183387_12100293.jpg
大栗川の風景① 由木緑道の起・終点になります/大片瀬歩道橋

d0183387_12104044.jpg
d0183387_12104742.jpg
大片瀬公園(右岸)          由木緑道起・終点(右岸)

小字-大片瀬(おおかたせ)

上柚木の旧小名で大栗川南岸。下柚木との区界が入り組んでいる。(「谷戸めぐり」さんの解説より)


・・・左岸・旧道

d0183387_12163921.jpg
旧道の風景① 野猿峠に向かう旧道、「殿ヶ谷戸」で新道に合流します/永林寺入口


d0183387_12242122.jpg
永林寺赤門

総門
天文15年(1546)建立。文禄4年に野火により焼失、宝暦元年(1758)に再建される。一間薬医門 切妻造り銅板葺き 公卿格式10万石を徳川家康公より与えられた永林寺は朱塗り門と壁の五条線が許され、これにより由木の赤門と呼ばれている。御仏の 深き恵みの法(のり)の道 金峰(こがねすみ)に響く 鐘の音 この門より内は仏様、ご先祖様方の住まわれる世界(ばしょ)であります。清浄な身と心で参拝しましょう。(説明板)

d0183387_12325223.jpg
山門と十六羅漢像

金峰山永林寺
/
下柚木 
曹洞宗 永林寺は、大石源左衛門尉定久公の居館(由木城)であったものを、定久公が滝山城主として滝山城へ移るに至り、叔父である一種長純大和尚に譲り天文元年(15323永麟寺として創建された。その後八王子城主北条氏照公の助成を受けて天文15年七堂伽藍の完備された大寺院が完成された。天正15年後陽成天皇より勅願寺の綸旨を受け護国殿の勅願を受ける。天正199月徳川家康公が当寺に巡拝された折り、朱印十石、公卿格式拾万石を授けられ赤門の建立が許可された。又、永麟寺の麟の文字を林に変え、現在の永林寺の寺名となり今日に至っている。又、当地域に十ヵ寺の末寺を有する格地本寺寺院である。永林寺には、大石家丸に三つ星、北条家三つ鱗、天皇家菊、五三の桐、徳川家三つ葵等五つ紋を有しており、往事を偲ぶことが出来る。(説明板)

d0183387_12402373.jpg三門
天文15年(1546)建立。文禄4年に野火により焼失、寛文9年(1669)相州藤原呈貞通棟梁により再建。三間一戸総円柱二階二重門 入母屋造り銅板葺き 安永4年(177512月解体大改修され、その後昭和40年に大改修され現在に至る。三門上には十六羅漢木造を安置し、正面両側に仁王像を安置する。三門とは空門(一切を空と観ずる)、無相門(迷いの煩悩を離れ悟りを得る)、無願門(真実を悟り願求するところがない)三解脱門のことである。この三解脱を得て本堂に向う大切な門である。仁王像(佛法、伽藍守護の金剛神 阿吽像)(説明板)

d0183387_12422289.jpg本堂

天文15年(1546)建立。文禄4年に野火により焼失、寛文9年(16693月相州藤原三郎道典棟梁により建立。間口11間 奥行10間半 木造入母屋造り銅板葺き 永林寺の中心となる建物で法堂ともいう。釈迦牟尼佛様をご本尊にお祀りし、普賢菩薩様、文殊菩薩様をお祀りする。現本堂は延享2年(17454月に大改修されたもので、向拝(安政4年・1857 小谷田忠五郎棟梁により再建)は本堂中央より左寄りに建築された。この地方禅宗の特色の作りで、軒は唐破風付きで上に千鳥破風を架している。本堂内には正面に勅額護国寺を掲げ、32枚の杉戸の襖には狩野派相沢五流による荘厳な大画が描かれており、天井画には210枚の花鳥画が地元画科橋本豊治氏により描かれている。(説明板)

d0183387_14023758.jpg
d0183387_14024425.jpg
中雀門                豊川殿

d0183387_14043146.jpg三重塔

昭和55年(1980)世田谷安田昭二棟梁により造立。禅宗様式三層総木造り銅板葺き 日本唯一の鎌倉時代の禅臭様式の国宝三重塔である広島県生口島瀬戸田の向上寺の塔を模して建立された。塔の高さは20m、塔内には聖観音菩薩文政6年(1823)造佛をご本尊様としてお祀りし、脇佛様として172体の小観世音菩薩様を主お祀りしている。武相観音41番札所、京王観音25番札所として信仰されている。ご本尊様聖観世音菩薩は印歳観音(うとしかんおん)として12年に一度卯歳(41日より30日迄)にご開帳される。(説明板)


d0183387_14061128.jpg岩舟地蔵

享保4年(1719)建立。この世の岩船さんとして人びとを正しき道へと導き、此岸(この世)より彼岸(悟りの世界)へと至らしめるためすべての人々に救いの手を差し伸べるお地蔵様である。子育て、水子の供養のお地蔵様として信仰されている。

d0183387_14071548.jpg六地蔵
六道(地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天上)に現れ人々に救いの手を差し伸べるお地蔵様である。(説明板)




d0183387_14095699.jpg

大石玄源左衛門尉定久公の墓所

武相10郡の太守滝山城主・大石定久公の公憤である。大石定久公在城中に此の地に居館があった。大石定久公は高月城主・大石定重の子として延徳3323日お生まれになり、幼名を丑丸と用された。長じて由木浄福寺に城を持ち、更に大永62月父定重お共に滝山城に城を築き、大永7年家督を継いで滝山城主なられた。没後、猿丸峠の頂上に埋葬され(当時永林寺の境内地は平山街道より猿丸峠まで)、文化8年(1811)永林寺25世住職によって此の地に改葬された。定久公の墓石の両側には家臣(後に北条家の家臣)の墓が連なっている。天文1827日没 行年58歳 戒名 当寺開基 久彰院殿英巖道野後大居士(説明板)


・・・野猿峠へ

d0183387_14355322.jpg
旧道から「殿ヶ谷」を右折して峠へ/野猿街道・南陽台入口先

野猿街道
かつては「小野路道」「由木街道」と呼ばれ、現在のルートとは異なり八王子から由木村を経て小野路村方面へと続いていた。昭和初期に大規模な新道敷設工事が行われ現在のルートとなる。野猿街道の名前は、同街道上にある八王子市の野猿峠(標高160m)に由来する。野猿峠は古くは猿丸峠猿山通りと言い、旧由木村と八王子の中心部を結ぶ峠である。峠で休憩するために馬や牛に水を飲ませる水飲み場があった。 由木地区から八王子中心部までの野猿街道は、江戸時代の小野路道(甲州街道八王子宿 - 小野路(町田市〕)に沿っている。Wikipedia

d0183387_14432747.jpg
d0183387_14433620.jpg
殿ヶ谷戸&野猿街道に沿って支流が流れています

小字-殿ヶ谷戸(とのがやと)

下柚木の旧小名、小字。バス停「殿ヶ谷戸」がある。字名での表記は「殿ヶ谷」である。(「谷戸めぐり」さんの解説より)

d0183387_14523597.jpg
d0183387_14523840.jpg
「曹洞宗金峰山永林寺薬師堂」の石碑が立つお堂?


d0183387_15004763.jpg
御嶽神社鳥居

d0183387_15014768.jpg御嶽神社

祭神:日本武尊、中筒男命 合祀祭神:住吉神社
当社は瀧山城武相十郡領主・大石遠江守が瀧山城鎮守(又は一説に瀧山城下の部落鍛治谷戸にある御嶽神社)の一体をここに崇祀せるものにして、棟礼に天文232日とありこれ創立の棟礼なるべし(現在の神殿445年経過せし元和元年3月再建の棟礼あり、この外再建の棟礼4枚あるも年代不明・当時の社殿は享保2年の造営なりと相伝う(拝殿は大正13年に改築)当社の別当は光明院にして古来上柚木下柚木両村の鎮守なるも、爾来下柚木の鎮守となす。28段の石段あり、鳥居は2基ありたるも鳥居橋たもとの鳥居は廃棄せり。(境内由緒沿革)

d0183387_15064938.jpg御嶽神社のシイの木(スダジイ)
このシイの木は樹齢およそ400年、根本から2幹に分かれそれぞれ目通り3m余、樹高20m余の大木である。この地方では高尾山中および宇津貫町にシイを見ることができるが、その他ではきわめてまれである。なお、御嶽社は新編武蔵風土記稿によれば、天文2年(1533)大石遠江守が建立し、滝山城の鎮守(丹木町御嶽神社)38体のうち一体をまつったものといわれ、このシイの木もその頃からあったものであろうか。(八王子市教育委員会)(古木は枯れてしまったようです

d0183387_15213705.jpg
丘の風景① 殿ヶ谷戸でしょうか、南大沢方面の景観です/南陽台


d0183387_15274307.jpg

由木めぐみ野 せせらぎ

由木めぐみ野の地形は西から東に向かってゆるやかに下がります。傾斜を利用して西端からビオトープ池に向う約660mの遊歩道があります。遊歩道の途中からは山に降った雨水が湧き水となり、せせらぎとして遊歩道脇を流れます。せせらぎの流れる遊歩道は気軽に水とふれあえ、いろいろな生き物がみられるかもしれない里山の小道です。(案内板)

d0183387_15281494.png
由木めぐみ野・せせらぎマップ

d0183387_16202607.jpg
野猿峠

絹ケ丘3丁目と下柚木との境にある峠、高さ160m・別称・猿丸峠。八王子の中心部と由木地区とを結ぶ野猿街道が越えている。江戸期には八王子から打越をへてこの峠を越え、小野路から神奈川方面へと向かった往還で(武蔵図会)、山上すべて松樹たてり(風土記稿)という景観で、峠の最高地点には手の平松と呼ぶ大樹があり眺望の勝地(歴史地理)だった。最近まで東京近郊の代表的なハイキングコースとして知られていたが、周辺の宅地開発や野猿街道の拡幅工事の完成などで環境は激変した.(Web八王子辞典)


d0183387_16270593.jpg
d0183387_16270995.jpg
野猿峠バス停                野猿峠の水飲み場

野猿峠の水飲み場

昭和の初め、由木と八王子の町中とを結ぶ唯一の道であったこの野猿峠は、一息で峠越えとはいかず人も馬も途中で休息をとらねばならなかったようです。つまりこの井戸のようなものは馬や牛の「水飲み場」であったのです。昭和30年代に入って自動車が一般に普及するまで、ここで水を飲み馬や牛といっしょに休み一息いれる人の姿もみられたといいます。今、当時その光景を一つの時代の証として、長く保存したいものです。そのためにはこの「水飲み場」がゴミ捨て場になってはいけないのです。みなさんのご協力をお願いします。(八王子市)

d0183387_16303567.jpg
丘の風景② 下れば北野、八王子市街が一望できます/光照寺入口

猿丸山(さるまるやま)
下柚木の山の名。光照寺のある山ではないかという。(「谷戸めぐり」さんの解説より)


・・・中山

八王子市の南部に位置する地域。昔ながらの多摩丘陵の風景を残している。北部には鎮守である白山神社がある。中山中学校付近の谷から湧出して大栗川に注ぐ岩入川(中山川)が流れる。小字として、山際、谷戸、小池、宮ノ前がある。
Wikipedia

d0183387_16454676.jpg
旧道風景② 西側の谷・中山へくだります。右手は白山神社の森/大学セミナーハウス先


d0183387_17290022.jpg
中山白山神社

d0183387_17562650.jpg

中山白山神社/中山

祭神:伊弉諾尊 摂社:熊野神社、日枝神社、愛宕神社、
稲荷神社
創立年代は明らかでないが平安時代に比叡山、西搭の僧、武蔵坊弁慶の血縁であった弁智が法華経を奉納した関東七社の一社であると伝えられていた。天正18年(15906月、豊臣、北條の戦にあい焼失したが、慶長18年(1613)願主、木曽村(現町田市)覚円坊の僧頼長権大僧都と大旦那伊藤九郎左衛門により再建され、以来明治維新まで中山村の常玉院が別当となった。江戸時代の白山神社は中山村の鎮守社として、社地一町歩を保有し亦、領主勝田家は敬神の念厚く元文3年(1738)正月神鏡を奉納し、更に11代将軍家斉の狩に際して豊猟を祈願し和歌一首を詠進している。文政9年(1826)春、社殿裏の塚より法華経10が発見され、その経巻の奥書に大歳甲戌、仁平4年(11549月時許於 武蔵国西郡船木田御庄内長隆寺 西谷書字了勧進僧弁智血縁者僧忠尊とあり、村人の伝承が裏付けられたばかりでなく考古学資料として評価されている。

d0183387_17585517.jpg明治初年神仏分離令により常宝院から離れ、同612月由木村々社となり、同42年、覆殿、幣殿を新築、昭和3年拝殿を改築し面目を一新した。昭和2012月国家神道の廃止により、宗教法人として発足し昭和50年今上陛下即位50周年にあたり、社殿並びに参道・鳥居を含む大改修を行い現在に至っている。尚、前期経巻の他、明治・大正・昭和の3代に亘り出土した経筒・鏡・甕は東京都文化財重宝(考古学資料)として、八王子市資料館及び国立博物館に保管されている。(説明板)

d0183387_18004252.jpg長隆寺の礎石

この礎石が何時の頃から白山神社境内に置かれていたのかあきらかではありません。伝えによると平安時代、中山村に當券された長隆寺のもので、鳥居の近く字「堂山」にあったものです。長隆寺は当地最古のお寺でそれが存在していたことを実証するもので、この神社の境内から出た経塚出土の経巻と併せて、重要な文化財と考えられます。石の大きさは、長軸110cm、短軸80cm、厚さ35cmで、平らな表面を浅い溝で丸く刻み柱座とした素朴なものです。東大寺・国分寺や奈良時代に建立された寺院の礎石は一般に大きいのですが、平安時代以降のものは小型化しています。このような点を比較していくことによって、長隆寺の草創年代を解明する手掛りとなるものです。(境内掲示)

d0183387_18064708.jpg
丘の風景③南大沢方向の景観です、谷の様子がよく分かります/参道脇谷間を


d0183387_18155868.jpg
d0183387_18161263.jpg
谷間の旧道に沿って岩入川が蛇行して流れます



d0183387_18120816.jpg

永昌院/中山 
曹洞宗。飯成山と号し、本尊釈迦如来、開山本寺三世岳応、開基は葛沢豊前守である。元来文安4年(1447)禀安起立の境内観音堂の別当寺である。(八王子市史)

d0183387_18121170.jpg
d0183387_18121508.jpg
本堂                 観音堂


d0183387_18253932.jpg
大栗川の風景② この辺りは蛇行して流れていたようです/大田平橋

小字-大田平(だいたびら)

下柚木、上柚木の旧小名、小字。それぞれの地が入り組む場所でデェダラボッチ伝説が伝わる。おそらくデェダラボッチは大きな蹈鞴(たたら 大形ふいご)の符号であり、古代の産鉄に絡む地名の名残であろう。(「谷戸めぐり」さんの解説より)

d0183387_20480907.png
由木緑道散策コース
(橙:野猿街道 紫:柚木街道 青:大栗川・大田川)


・・・・・・・・
資料ファイル

由木城址

d0183387_16321993.jpg
金峰山でしょうか、永楽寺の墓地の奥に「由木城址」があります

金峰山(きんぷさん)
下柚木の山の名。永林寺の北の山で山号を由来とする。(「谷戸めぐり」さんの解説より)


d0183387_16362441.jpg
階段を上った平場に「史跡 由木城址」の碑と大石定久公の銅像が建っています

d0183387_16373448.jpg
d0183387_16380444.jpg
「史跡 由木城址」          大石定久公の銅像


d0183387_16530416.jpg大石 定久
(おおいし さだひさ)
戦国時代
の武蔵国の武将。山内上杉氏、のち後北条氏の家臣。滝山城城主、武蔵国守護代。通称、源左衛門尉。別名、大石綱周(つなちか)。大石定重の子。弟に憲重、定基、信吉、照仲、定顕、子に大石定仲、養子に北条氏照・大石定勝がいる。大石氏は代々関東管領上杉氏重臣として武蔵守護代を任されていた。定久も父の後を継いでいたが、天文15年(1546)に上杉氏が北条氏康に川越夜戦で大敗し没落すると、主君の上杉憲政を見限って後北条氏に臣従する。その後、氏康の三男・氏照を娘・比佐の婿養子として迎え入れて滝山城と武蔵守護代の座を譲り、入道して心月斎道俊と号し多摩郡五日市の戸倉城に隠居した。隠居後も快く従属したわけではなく、上杉謙信や隣接する青梅の勝沼城一帯を領する三田綱秀らと誼を通じていたという。謙信との軍事と外交は養子の氏照が重要な働きをする。程なく、三田領は氏照によって併呑されることになる。(Wikipedia

d0183387_17123957.jpg
西側下に池があります、空堀跡に見えちゃうんですが・・・、どうなんでしょう?

「大石宗虎屋敷」(松木)の関連記事はこちらへ(http://teione.exblog.jp/23472917/


船木田荘
平安末期から戦国期にかけて八王子市域内にあった荘園の名。由木地区中山の白山神社の社地から出土した経巻に「仁平4年(1154)9
月20日武蔵国西郡船木田御庄内」の奥書があり、九条家文書の1180年(治承4)に「むさしふなきた本、新」の名が見え、さらに1250年(建長2)に「船木田新庄」「船木田本庄」、1309年(延慶2)にも「船木田庄」の名が見える。その後南北朝期に東福寺に寄進された。東福寺文書として残る文和年間(135256)と貞治年間(136268)の年貢算用状に豊田村、梅坪村、南河口郷、北河口郷、長房郷、由比野村、谷慈郷、平山郷、中野郷、大谷村、横河郷、大塚郷、由比郷、由木郷などの名が見え、同荘のおよその荘域が推定できる(Web八王子辞典)


船木田荘等(八王子市郷土資料館)の関連記事のはこちらへ(http://teione.exblog.jp/22970417/


d0183387_22030342.png

位置図
(橙:野猿街道 紫:多摩ニュータウン通り 緑:16号 青:大栗川 黄角:町 赤丸:駅)

由木村
東京都の南多摩郡に属していた村。現在の八王子市鑓水・中山・上柚木・下柚木・越野・堀之内・南陽台13丁目・南大沢・別所・松木・松が谷・鹿島・東中野・大塚の全域と絹ヶ丘3丁目の一部。由木は古い文献では柚木あるいは由儀とも書かれておりその語源にはいろいろな説がある。たとえば紙の原料として知られる楮(コウゾ)の中で、神に供えた優等な布を「ユフ」といったといい、楮は自由に採取できるほど山野に自生してなかったので生産地は保護されていたという話からユフの産地を意味する由ノ木と呼ばれ、それが転じて「由木」になったという説や、柚子のことをユーまたはユヒというので柚子が多かったことが由来になったという説もある。江戸時代初期の村名でもあり、のち上・下の2村にわかれこれが上柚木・下柚木の由来になる。平安末~鎌倉初期には横山党の一族由木氏が住んだといい、南北朝期には多摩郡船木田荘のうち由木郷の名も見える。Wikipedia

横山党(横山荘)の関連記事はこちらへ(http://teione.exblog.jp/22965590/



by Twalking | 2016-09-09 22:06 | リバーサイドウオーク(新規)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 大栗川(4)松木&越野   

日時 2016.9.2(金)
天気 晴れ

太田川の川辺から富士見台公園&首都大学辺りは
雑木林も残りますし景気もいいので、時々歩きます。

調べて見たら「松木館」「大石館」そして「由木城」など
中世の居館や城があったんですね~・・・、びっくり。
由木の旧道を含めて訪ねてみました、


・・・松木
(まつぎ)右岸

八王子市の南東部に位置する。南端を京王相模原線が走り、北を大栗川、南を大田川で挟まれた街である。松木は多摩酪農発祥の地であり、かつては盛んに酪農がおこなわれていたほか、養蚕業、大栗川や多摩丘陵の湧水を利用した稲作も発達したが、多摩ニュータウン開発に伴う市街地化により衰退した。豊富な地下水を利用し、掘り抜き井戸を用いた養漁業が現在でも行われている。地名は足利持氏の家臣である松木七郎が居館を置いたことから。
Wikipedia

d0183387_19203388.jpg
大栗川の風景① 右岸から大田川が合流します/堀之内3丁目

d0183387_19242503.jpg
d0183387_19243109.jpg
峯ヶ谷戸橋を渡ります         三角州には大栗川公園があります

小字-峰ヶ谷戸(みねがやと)
松木の旧小名、小字。かつてはこのあたりまで尾根が伸びており、その高台に切れ込む谷戸があったが、山川と切り崩され完全に消滅している。(「谷戸めぐり」さんの解説より)

d0183387_19390617.jpg
大栗川の風景② 左手が松木、右手が越野になりますが、松来台の浅間神社に寄り道します/内田橋


d0183387_19474695.jpg
松木浅間神社鳥居

d0183387_19475480.jpg松木浅間神社/松木

浅間神社は室町時代初期、駿河の国富士浅間大社より松木村領主・松木七郎師澄の勧請創始と伝えられ、御祭神「木花之開耶媛命」を松木村中央南の山頂に富士の霊峰に向いて祭られ、以来時を閲す(経る)ること6世紀余、先賢有徳の民族により敬神崇拝の儀が営まれ、森厳に伝承され悠々遼々として今日に及ぶ。社地は180坪で昔時は23百年もの松の大木が繁り久遠の彼方より神社の所在に接したが、明治の末期より老木のため次々に伐せられ関東大震災(大正1291日)により壊滅す。

d0183387_19505229.jpg神社の変遷)
明治11年社殿改築、「八坂神社・(すさのうのみこと)」「秋葉神社・(はむすびのみこと)」両御祭神を相殿に相祭る。昭和29年浅間神社が宗教法人に認証昇格す。昭和48年社地が東京都の宅造計画地内にありしたため現在地に社殿を移転遷座し同年社務所を造営す。(八王子市学園都市文化ふれあい財団発行「あかがし第26号」より引用しました)


d0183387_19535611.jpg

松木七郎の宝篋印塔(ほうきょういんとう)/浅間神社
この宝篋印塔は松木七郎の墓といわれており、碑面に「永和2年(1376)丙辰」と刻まれていたと新編武蔵風土記稿に記されているが、現在は風化して判読ができない。松木七郎師澄は藤原氏から出た鎌倉公方持氏の家で、松木村を開拓しこの地方の領主になったという。(八王子市教育委員会)

d0183387_19570671.jpg松木七郎の宝篋印塔

ほぼ完全に近い形で残っている中世の宝篋印塔として、都内でも代表的なものです。江戸時代に書かれた「新編武蔵国風土記稿」によると、鎌倉公方足利持氏の幕下であった松木七郎の墓とされていますが、没年が合わないため、風土記稿には伝承のままが記されたものだと考えられます。宝篋印塔に刻まれた銘文によると、成然禅尼という女性が、亡くなった夫の供養ために建てられたものだと考えられます。建立:文和2年(13766月 高さ154cm 幅55cm(八王子市HP)


d0183387_21081231.jpg
大栗川の風景③ 左手に「大石やかた跡」、右手は下根になります/大竹橋

小字-下根(しもね) 
大竹橋左岸
越野の旧小名、小字。現在造成が進んでいる。(「谷戸めぐり」さんの解説より)


d0183387_21145751.jpg
公園は名がついているだけ、高台に遺構がのこります/大石やかた公園

d0183387_21164214.jpg
d0183387_21175377.jpg
緑地保存地区になります        東側の階段から


大石やかた斜面緑地保全区域

この区域は市街地内のみどりを保全するため、市街地内丘陵地のみどりの保全に関する条例に基づいて民有地を指定したものです。八王子の豊かな自然を愛し、貴重なみどりを守りましょう。

d0183387_16481953.jpg
丘の風景① 階段上から対岸の帝京高校の丘(越野)を望みます/「大石やかた」跡

d0183387_22190862.jpg
八王子八十八景・
松木大石宗虎屋敷のサルスベリ

大石宗虎屋敷のサルスベリ
ここは松木台と称し、永禄(15581569)の頃大石信濃守宗虎が居館を構えていたと伝えられている。このサルスベリ(百日紅)はその頃のものと思われる。樹齢約400年、根もとの周囲3m余、樹高15mと近在にもまれなる巨木である。(八王子市教育委員会)

d0183387_09022353.jpg大石氏

室町時代、戦国時代に関東地方で活躍した氏族。関東管領上杉氏のもと、四宿老(長尾氏・大石氏・小幡氏・白倉氏)の一人に数えられ、代々武蔵国の守護代を務めた。信濃藤原氏(沼田氏と同族とされる)の後裔といい、信濃国佐久郡大石郷に住んでいたことから大石氏を名乗ったといわれる。また、これらとは別に平安時代初期編纂の新撰宇姓氏録に記される古代氏族にも大石氏はあるが未詳。Wikipedia

d0183387_18243995.png大石信濃守宗虎屋敷跡/松木

多摩ニュータウン107遺跡として登録された遺跡で、縄文時代中期〜近世の大規模な複合遺跡。台地の縁辺部を囲むように存在する縄文時代中期後半の住居群、古墳時代の水場遺構、平安時代の住居跡など各時代の豊富なデータを提供している。中世の遺構が大石氏の一族である大石信濃守宗虎の居館跡に比定されている。(「多摩ニュータウン遺跡107遺跡(3分冊)1999刊」)(Web八王子辞典 写真:東京都埋蔵文化財センター)

d0183387_13474491.jpg

大栗川の風景④ 右岸の大石やかた公園&大石館跡の景観で/きんもり橋

小字-川久保(かわくぼ)
越野の小字。川の窪地の意味だがかつてこのあたりでは大栗川が蛇行しており、これにちなむ名前だろうと思う。(「谷戸めぐり」さんの解説より)


d0183387_14065021.jpg
富士見公園北口 お堂とお地蔵さんがあります


富士見台公園

広い芝生と展望、たくさんの桜の木が自慢の公園です。3月下旬から200本以上のソメイショシノが咲き始め、4月上旬にはヤマザクラなどが加わります。ピクニック広場が木陰をつくり夏でも気持ちよく過ごせる空間です。最高所の展望台からは天気が良ければ富士山が顔をのぞかせます。(案内板)

d0183387_14075681.jpg
d0183387_14102083.jpg
ピクニック広場            中央広場


d0183387_14122386.jpg

富士見台公園史蹟広場

富士見台周辺は縄文時代から古代にかけての遺跡が多く発見されています。公園の地下からも古代の集落跡が見つかり土器や鉄製品なだが出土した。公園には貴重な埋蔵文化財や歴史環境を保護するという大きな役割も担っています。また園内にある堅穴住居址は当時の住居を復元したものです。古代の息吹を感じながら公園を散策してみてはいかがでしょうか。(説明板)

d0183387_14175851.png
d0183387_14180028.png
多摩NTNo107遺跡縄文時代の墓坑群    多摩NTNo287 遺跡23号住居跡
 
d0183387_14231058.jpg
丘の風景② 前方が対岸の越野、左手は南陽台です/展望台


d0183387_14254934.png
富士見台公園案内図

 

・・・
越野(左岸)

もとは南多摩郡由木村大字越野にあたる。1964年(昭和39年)の由木村の合併で八王子市の一部となり、多摩ニュータウンの事業の一つである由木土地区画整理事業終了に伴い隣接する下柚木・松木・堀之内と区域変更を行った。
Wikipedia


d0183387_15035496.jpg
玉泉寺山門

d0183387_15041411.jpg玉泉寺/
越野

真言宗智山派 吹上山と号し、本尊不動明王、開山は賢海(永徳3年・1383 24日寂)、中興開山は良栄(元禄8年 1695 125日寂)である。同所山王社の別当であった。

医性寺(松木村)
続木山と号し、本尊不動明王、開山不詳、開基は井草越前守忠政と思われる。中興開山は栄満(寛文2年・1662 424日寂)であるが、明治初年廃寺となり越野村玉泉寺に合併された。(八王子市史)

d0183387_15134645.jpg
d0183387_15133708.jpg




宝篋印塔(寛政10年/1798)   
門前の道祖神


d0183387_15230787.jpg
聖観音札所


d0183387_15242363.jpg木造聖観音菩薩坐像

この像は江戸時代「もかけ観音」と呼ばれていた観音像と思われます。この像の特徴は台座の蓮弁を越えて両側に長く垂らした袖と前面の裳裾(もすそ)にあります。この様式は宗風の影響によるものだといわれ、14世紀後半から鎌倉を中心に関東地方の一部に流行したものです。胎内に制作年の天正9年(1581)銘があるといわれています。像の裏面には願主小野田肥後守周重、相州保内之住侶実蔵坊、巧匠相州之住王蓮法眼等の墨書が見られます。像高40.5cm、台座から宝冠頂までの総高89cm、玉眼寄木造、漆箔、金属製の宝冠・胸飾がつき禅定印を結びます。しかし手首は相方共後補のものです。二重円光背、二重華框座(かまちざ)、逆蓮華、敷茄子(しきなす)台座とも一具(ひとそろい)でよく保存されています。(八王子市教育委員会)


d0183387_15402045.jpg
旧道風景日枝神社の参道入口付近、趣がある道です/聖観音札所前


小字-吹上(ふきあげ)
越野の旧小名、小字。「吹」の文字は鞴(ふいご)に通じ、蹈鞴(たたら・鋳物師が用いる足で踏む大型のふいご)との関係から産鉄地名であるとの説がある。(「谷戸めぐり」さんの解説より)


d0183387_15460719.jpg
日枝神社鳥居


d0183387_15471010.jpg越野日枝神社

かつての越野村の鎮守。以前は山王社と称した。境内には幹回り388㎝というスダジイの巨木がそびえる。Wikipedia
山王社
 
祭神:国常立尊 境内社:秋葉神社、八坂大神、宇加大明神、白山大明神、山霊大神


d0183387_16014561.jpg
丘の風景③ 対岸(右岸)の南大沢方向の景観です/帝京大学中高校の丘

小字-間門(まかど)
越野の旧小名、小字。帝京大学中学高等学校の入り口の道あたり。村の中央であり、北の山への登路があったという。(「谷戸めぐり」さんの解説より)


d0183387_09001671.png
由木地区の公園・緑道案内図
(橙:野猿街道 紫:多摩ニュータウン通り 茶:平山通り 青:大栗川・大田川 橙角:京王堀之内・南大沢駅)




by Twalking | 2016-09-08 09:03 | リバーサイドウオーク(新規)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 大栗川(3)堀之内   

日時 2016.9.1(木)
天気 晴れ


堀之内は隣の街、松が谷トンネルからよく眺めています。
ここは七生丘陵へ向かって谷戸が入り組み、田畑や牧場など
のどかな里山風景が残ります。

開発が進んではいますが、丘からの景色は抜群ですし、
変化に富んだ谷戸の道はちょっとしたハイキング気分を
味わうことができます、お勧めで~す。


・・・堀之内2・3丁目(右岸)


平安時代
にこの地を拠点としていた地元武士団武蔵七党の「西党一族」の館周辺の堀の内側であったことに由来する。「堀」があったのは平安時代の話であり、堀の跡は現存しない。堀之内23丁目は京王堀之内駅を中心に開発されておりほぼ開発は完了している。Wikipedia

d0183387_11250230.jpg
洗馬橋から右岸に由木緑道が整備されています/起点(洗馬橋)


d0183387_11165056.jpg
大栗川の風景① 左手には緑の芝生が広がる番場公園があります/番場橋

d0183387_11383765.jpg
d0183387_11384241.jpg
洗馬公園(左岸)           番場公園(右岸)

小字-番場(ばんば)

堀之内の旧小名、小字。番場公園のあたりだろう。昔の放牧地、馬の鍛錬などに用いた。(「谷戸めぐり」さんの解説より)

d0183387_11421389.jpg
善照寺/堀ノ内3丁目

真宗大谷派。小池山と号し、本尊阿弥陀如来、開山存貞(寛文12年・16721228日寂)で、古く天台宗であったが、寛永年間(16241644)転宗したものである。中興開山は湛然(明治3年寂)である。現本堂は文政12年(1829)の再建である。(八王子市史)

d0183387_23221510.jpg
大栗川の風景② 大栗川橋に向かってゆるくカーブしてます/新径橋

d0183387_23261866.jpg
京王堀之内駅

小字-谷戸山(やとやま)

堀之内の旧小名、小字。京王堀之内駅付近でかつては丘陵が伸びていた。(「谷戸めぐり」さんの解説より)

d0183387_11550284.jpg
南八幡宮鳥居/堀之内3丁目


d0183387_11553202.jpg南八幡神社
祭神:応神天皇
小田肥後守定久姓は藤原氏でもとは小田野といった。北条氏照の家臣で定久の子・源左衛門は松木教伏寺を、その一族源左衛門は蓮生寺鐘楼および仁王像を建立し、なお北条氏の家臣横倉伊予守、井草小田肥後守とともに寛永6年(1629)南八幡宮を勧請。現在も引続き小田氏は神社運営に横倉家とともに責任役員に再選され、特に小田家は累代神社の鍵とりと称しこの重責を果されている。(東京都神社名鑑)


・・・堀之内(左岸)


多摩ニュータウンの開発地域内であるがマンションなどはほとんど無く、新たに住んだ住民は少ないが、北東部に積水ハウスと大和ハウス工業によって681戸の東京森都心多摩ニュータウン東山が誕生した。牧場や養鶏、畑などがあり里山の風景を残している。北西は多摩丘陵西部緑地保全地域に指定されている。
Wikipedia)


d0183387_15222218.jpg
丘の風景① (東)多磨センター方向:丘は住宅地に変わりましたが展望は抜群です/堀之内東山

d0183387_09160495.jpg
丘の風景② (西)南大沢方向:丹沢山系&よく晴れていれば富士が望めます

d0183387_15380290.jpg
d0183387_15395281.png
展望広場               東山街区
           
               
d0183387_15445245.jpg
堀之内愛宕神社鳥居/堀之内

d0183387_15455327.jpg堀之内愛宕神社
祭神:加具土神、大己貴神、少彦名神 
伝承によると慶長元年(1596824日の創建といわれる。(東京都神社名鑑)




d0183387_15562260.jpg愛宕神社参道完成記念碑
昭和42年新住宅市街地開発法(多摩ニュータウン)の決定により、民有地は収用権により田畑、山林は全面買収された(住宅都市整備公団)神社については一旦買い上げられ、同時に買い戻す手続きで同地に安置されています。旧参道は造成され、新たに階段にて新設され併せて公園緑地の管理道が新設された。その道路に神社の幟旗を立てる枠立場を設置しました。因って記念し此処に記す。平成18年氏子一同(石碑文)

d0183387_16005301.jpg
堀之内沖谷戸公園

沖谷戸(おきのやと)
堀之内の地名。東中野境の谷戸で愛宕社の下にあったが、現在開発が進んでいる。ここも一部は公園として残されることが決まっている。(「谷戸めぐり」さんの解説より)

d0183387_16050329.jpg
d0183387_16060265.jpg
炭焼釜跡               愛宕神社参道入口

炭焼窯跡

大正時代(1920頃)はこのような窯で木を焼いて炭を作っていました。炭は養蚕場(カイコを育てる場所)の暖房などに使われていました。(八王子市)


d0183387_16312460.jpgこのすだじいの木は樹齢200年くらいのものです。小さなドングリから芽を出し、長い年月をかけて大きくなったすだじいの木を、東山のまちのシンボルとして残しまわりを公園としました。東山のまちづくりでは数多くの樹木を移植・保存しましたが、住宅地の中にそのまま残されたものはこのすだじいの木だけです。この地を見守ってきた緑を次の世代にも伝えていけるようにこれからも大切にしましょう/すだじい公園

d0183387_17315001.png
堀之内沖谷戸公園マップ(橙:歩行ルート 赤丸:愛宕神社 緑丸:展望広場)


d0183387_17022513.jpg
保井寺山門/堀之内

d0183387_17035275.jpg保井寺(ほうせいじ)
竜沢山と号し、本尊虚空蔵菩薩、慶安年中(16481652)御朱印四石五斗を賜わった。開山は本寺四世照鑑(?~1595)、開基は麒山麟永居土(井上氏)である。(八王子市史)



d0183387_17045827.jpg
d0183387_17050400.jpg
観音堂                鐘楼


d0183387_17092118.jpg斎藤一諾斎之墓

一諾斎は三州額田城主11代の孫、鈴木半次郎の次男として江戸で生まれた。6歳で出家し浅草今戸潮江院・斎藤住職の養子となる。18歳より駒込吉祥寺をはじめ諸国をめぐり修業に励み、29歳より4ヶ寺の住職を歴任した。慶応434日甲州全福寺の住職(秀全55歳)の時、近藤、土方らが率いる甲州鎮撫隊(新撰組の別名)に一諾で物資を提供し、さらに還俗して新撰組隊士となり協力した。その後一諾斎は彰義隊に参戦し再び新撰組に戻り會津戦争に参加したが、そのまま先代に残留し降伏した。その後土方の親戚佐藤家に寄宿したが、明治3年武州由木中野村全住院にむかえられ大塚観音堂に寺子屋を開き地域の教育にあたった。同年10月病気のため甲州(正覚寺住職)に戻り余生を過ごしていたが、かつて一諾斎が開いた寺子屋が明治6年に八中学区代23・生蘭舎(現在の八王子市立由木東小学校)となったのを機に、この地に迎えられ教育にあたったが翌7121862歳で人生を終えたのであった。そしてその後寺子屋の教え子であった保井寺23世によりこの地に埋葬された。戒名 一諾斎大道秀全居士(碑文)


d0183387_17132081.jpg井上七兵衛之墓(左)

七兵衛は井上掃部之輔秀(保井寺開基)の子として、同じ清和源氏の流れをくむ主君・信濃源氏木曽義仲の末裔・大石定久の伴として、天文7年(1538)に一族と武州由木堀之内長谷戸に住居を移した。慶長4年、由木15ヶ村の領民が年貢に苦しむのを見かねて別所薬師堂に、七兵衛をはじめとした各代表が集まり一身連判をした。七兵衛は小嶋河内とともに総代表となり田畑のお縄改めを役人に願い出たが、数日後落合村の河合豊後が惣百姓らと相談して彼らを裏切り、差し戻しの連判請願を申し出たため七兵衛と河内は猿丸御林において打ち首となり下柚木殿ヶ谷戸松の首に首を晒された。寺沢弥七またの名を槍持ち弥兵衛と申す一族の者がこのことを哀れに思い、2日後夜中に七兵衛の首級を持ち出して保井寺境内墓地の一角に密やかに埋めた。そしてそののち石碑を建てて由井の領民とともに懇ろに供養しと伝えられている。(石碑)


d0183387_17471531.jpg
d0183387_17471859.jpg
堀之内東山もりみの公園        お堂があります


d0183387_17424368.jpg
堀之内寺沢里山公園/堀之内

d0183387_17520535.jpg
竹林モデル地区/散策路

d0183387_17565919.jpg
d0183387_17570559.jpg
奥の谷戸               保存地区

d0183387_18105807.jpg
龍生寺阿弥陀堂の宝篋印塔

この宝篋印塔は、寛政年間(17891800)阿弥陀堂建立者・鈴木与五兵によって建立されたものである。高さ3m余、形の良く整った代表的な塔である。宝篋印塔は唐の沙門不空三蔵(中国の密教を大成させた僧)の訳による「一切如来心秘密全身舎利宝篋印陀羅尼経」の教えの中から出た名称である。(八王子市教育委員会)


d0183387_18110157.jpg龍生寺阿弥陀堂の宝篋印塔 
最上部の相輪は失われていますが、江戸時代中期の宝篋印塔として代表的なものです。刻まれている文字によると、堀之内の念仏講中を中心に、鈴木與五兵衛が施主となり新右衛門とその母などによって建てられたことがわかります。また、開眼は玉泉寺の住職が務め信州高遠の石工團蔵が手がけたものであることも読み取れます。建立:寛政8年(1796)8月 高さ290cm 幅125cm(八王子市HP)




d0183387_23501773.png
堀之内寺沢里山公園マップ


・・・155号旧道(宮嶽谷戸)

d0183387_20045639.jpg
谷戸の風景① 旧多摩テックへ上る155号の旧道です/堀之内

宮嶽谷戸(みやたけやと)
堀之内の地名。旧道が通り日野方面に抜けている部分の谷。開発の話が進んでいたが、地元の方のご努力などもあり昔の風景をとどめている。(「谷戸めぐり」さんの解説より)

d0183387_20084879.jpg
d0183387_20085272.jpg
道端の道祖神             堀之内2丁目へ下る縄手道

d0183387_20103865.jpg
池の風景① 途中の田圃にヘラブナ釣りの池もあります/堀之内

小字-堰山下(せきやました)
堀之内の小字。堰山の下にある。池溜め池があった。現在でもその溜め池は釣り堀として使われて使われている。(「谷戸めぐり」さんの解説より)

d0183387_21181418.jpg
こちらが新道です、横断して東京薬科大へ/帝京大中高北バス停

都道155号町田平山八王子線
町田市から多摩市、日野市を経て八王子市に至る一般都道である。八王子市堀之内の芝原公園-旧多摩テック付近までは、上記と同じ程度の狭隘路であるため離合は難しい上、抜け道として利用されており交通量が多く見通しも悪い。ただし、日野市平山の橋下交差点-八王子市堀之内の大栗川橋北交差点北側間にて対面二車線の新道が整備されている。(堀之内第1トンネル:全長256m 199612月完成堀之内第2トンネル:全長60m 19953月完成堀之内第3トンネル:全長120m 19943月完成


・・・寺沢川源流域(寺沢谷戸)

d0183387_21472186.jpg
谷戸の風景② いい里山ですね~、谷を寺沢川が流れます/寺沢谷戸

勝負沢山(しょうぶさわやま 左手)
堀之内の山の名。越野境の山だという。(「谷戸めぐり」さんの解説より)


d0183387_21490117.jpg
d0183387_21490598.jpg
帝京中・高入口            東京薬科大前


d0183387_22012035.jpg
谷戸の風景③ 田を潤して、谷戸を寺沢川が流れます/堀之内

小字-上寺沢(かみてらさわ)
堀之内の旧小名、小字。寺沢の上流部分。
(「谷戸めぐり」さんの解説より)


d0183387_22120293.jpg
池の風景② 寺沢谷戸の最奥部、源流のひとつです
(研究施設ですから許可が必要でした、勝手に入って申し訳ありませんでした)

FM多摩丘陵
東京農工大学農学部実習施設)
東京都八王子市堀之内に所在し、115,038m2の面積を有しています。府中キャンパスから15kmほど離れた多摩丘陵南部の森林小流域を持つ里山として立地し、主に資源物質循環に係る教育研究を実施しています。都市圏にある小規模な森林集水域という特徴を生かした様々な教育研究が行われています。(東京農工大HP)


d0183387_22185092.jpg
池の風景③ たにし池 こちらも源流のひとつ。奥は平山城址公園です/東京薬科大学

東京薬科大学

八王子市堀之内1432-1に本部を置く日本の私立大学で1949年に設置された。日本最古の私立薬科大学である。多くの傑出した人材を薬学界・薬業界に輩出し、医療分野のみならず教育等幅広い領域で活躍している。東京のキャンパスとは思えぬ程自然豊かで、キャンパス内に植物園があり校内で登山も出来る。Wikipedia

d0183387_22235854.jpg
d0183387_22242813.jpg
正門                 大きなクスノキの並木です

平山城址公園の関連記事はこちらへ(http://teione.exblog.jp/18838729/


d0183387_23001481.jpg
北八幡神社境内/堀之内


d0183387_22483209.jpg北八幡神社

祭神は誉田別尊。創立は年代不明。往昔は当村字子沢に社地があったが、元亀年中(157073)大石信濃守が再興し、今の地に移したという。往古の書物に社地跡を旧字宮竹と称し、別当広泰寺は同所にあり、同時に越野村に移転広泰山普願寺と改称、寺跡を広泰寺といい、旧字が今に残っている。慶安年間(164852)徳川幕府より除地九石三斗を拝領。(東京都神社名鑑)


d0183387_23075459.jpg
d0183387_23072567.jpg
境内の道祖神             標高108.5mです


小字-芝原(しばはら)
堀之内の旧小名、小字。バス停芝原や堀之内会館のあるあたり。(「谷戸めぐり」さんの解説より)

d0183387_23132701.jpg
丘の風景③ 155号(平山通り)&京王堀之内方面の景観、抜群です/北八幡境内


d0183387_23193854.jpg
大栗川の風景③ この上流で大田川が左手から合流します/大栗川橋(堀之内3丁目)

d0183387_23441683.png
京王堀之内駅周辺マップ
(橙:野猿街道 茶:155号 紫:多摩ニュータウン通り・尾根幹線 橙角:京王堀之内・南大沢・唐木田駅 青丸:大田川合流地)




by Twalking | 2016-09-07 13:12 | リバーサイドウオーク(新規)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 大栗川(2) 東中野   

日時 2016.8.26(金)
天気 晴れ


東中野、右岸が井戸の上地区、左岸の谷戸が天野地区、
そして中大への谷戸が谷津入地区になるそうです。
区画整理はされてますが、いい里山の風景が残ります。

由木東小辺り歩いてはいますが、旧流路があるとは・・・、
距離は短いですが、いい道がついてます。
「小字」を追うと面白いですね~、ありがとうございました。


・・・
東中野

多摩ニュータウン
建設に伴う開発が行われた南部はすでに市街地化している一方、建設区域から外れた北部は開発が進まず、山林が多く残されているほか、畑作や稲作も盛んであり、今でも昔ながらの多摩の農村の景観が残されている。東中野では、江戸時代の「小名」と呼ばれる地域集団の単位をそのまま引き継いでいる。現在の町内会の地区の単位も小字ごとの3地区に区分されている。天野(北東部、天野谷戸ともいわれる谷あいにある)谷津入(北西部、谷間にあり、8か所の谷戸があったため「八ツ入り」と呼ばれていたのが変化したという)井戸ノ上(南部、まいまいず井戸があったことから)Wikipedia

d0183387_11335212.jpg
大栗川の風景① 上流側右岸(左)が
井戸ノ上、左岸(右)が天野&谷津入になります/常盤橋

(歴史)
中世以前、
多摩丘陵周辺は水が豊かであったこともあり人の定住も早く、東中野からも縄文時代早期のものをはじめ、多くの遺跡が発掘されている。平安時代は舟木田荘に属していたといわれ、室町時代になると大石氏の支配下に入る。大石氏の没落後は後北条氏の支配下に組み込まれた。江戸時代以前は中野村と称していたが、多摩郡小宮領にも同名の中野村(現・八王子市中野町、中野山王、中野本町、暁町)があり、1882(明治15年)小宮領の中野村が西中野村としたのに対して、東中野村と改称した。(小宮領の中野村から見て東に位置している。)Wikipedia


d0183387_00062188.jpg

大栗川の風景② 下流新道橋方向、帝京大学を望みます/下の橋


・・・旧流路(左岸)

d0183387_12061764.jpg
新道橋から下の川橋間に旧流路が残り、谷津入川が合流します/新道橋

小字-下田(しもだ)
東中野の小字。このあたりには大栗川の旧流路がはっきり残っている。本村の下にあたる場所の田だろう。(「谷戸めぐり」さんの解説より)

d0183387_12071755.jpg
d0183387_12064782.jpg
合流地                 右岸にいい道がついてます

d0183387_16394464.jpg
d0183387_16405759.jpg
ここで〆切られてます         下の川橋

小字-下ノ川(しものかわ)
東中野の小字。谷津入川が大栗川に落ちるあたり。(「谷戸めぐり」さんの解説より)


・・・大栗川右岸(井戸ノ上)
d0183387_16595927.jpg
丘の風景① 中央大学(右)から堀之内寺沢方面の景観です/井戸ノ上・坂上


小字-井戸ノ上(いどのうえ)
東中野の旧小名、小字。東中野は大きく谷津入地区、天野地区、井戸ノ上地区に分かれており、その中にさらに地域の小字にあたるような地名があった。現在の松が谷の西部の多くはこの井戸ノ上地区にあたる。狭義にはこのあたりの集落部とその南の谷戸を含めた地域。水利が悪く低い土地に井戸を掘り、上のものは下に水を汲みに来なくてはならないことからこのような名前がついたという。(「谷戸めぐり」さんの解説より)

d0183387_17045098.jpg
d0183387_17042001.jpg
善徳寺                神明神社
d0183387_00063015.jpg

大栗川の風景③ 東中野橋を渡り左岸の天野、谷津入地区へ向かいます

松が谷・井戸ノ上の関連記事はこちらへ(http://teione.exblog.jp/23433643/)



・・・大栗川左岸(天野)

d0183387_23482481.jpg
丘の風景②モノレールが通る天野谷戸、左手は八幡山、右手は向山です/中央大学

天野谷戸(あまのやと)

東中野の字名。現在多摩都市モノレールが抜ける谷できわめて大きな谷戸であった。周囲は開発され面影を失い続けている。(「谷戸めぐり」さんの解説より)


d0183387_23260150.jpg天野谷戸公園

向山(むかいやま)
東中野の山名。天野谷戸の西の尾根で現在も一部が残され向山緑地となっている。(「谷戸めぐり」さんの解説より)




d0183387_00002634.jpg
d0183387_17270090.jpg
坂下にある公園には竣工記念碑が建っています/天野公園

竣工記念
当地区は旧由木村の東部にあたり、蛇行する大栗川の段丘に民家の点在する自然豊かな農村であった。地区の中心には大栗川最大の用水堰があり、これが堰場の地名に由来する。昭和39年の八王子合併以後、40年代の多摩ニュータウン建設にはじまる開発の波に襲われ、周辺丘陵の都市化が進行した。60年代に野猿街道の拡幅とモノレール道路の新設が当地区に及びこれを契機に住民による区画整理事業への気運が高まって準備会を発足させ、平成元年6月に東京都知事の認可を受けて天の地区区画整理組合を設立し事業に着手した。以後9年の歳月と40億円の工費を投じ、組合員のと智を集め心血を注いで竣工に至った。21世紀へ託すこの新しい街が人々の安住の地となり永く繁栄することを念願してここに記念碑を建立する。平成103月(天野土地区画整理組合)


d0183387_17511579.jpg
丘の風景③ 愛宕&松が谷の丘方面の景観です/薬師堂下

小字-天野(あまの)
東中野の旧小名、小字。天野谷戸の下流部西側の山裾の集落部。バス停天野がある。(「谷戸めぐり」さんの解説より)  

d0183387_19343948.jpg
d0183387_19340852.jpg
標識に誘われて上りました       天野薬師堂

「西のつつじが丘お休み処」
岩下家所有の里山ですが、地域の皆様に開放しています。ご使用に当たっては草木類の採取禁止、ゴミ等のお持ち帰りにご協力お願いします。「西のつつじが丘お休み処」:やまつつじ、おおむらつつじ、さつきつつじ、桜を観賞するための個人で造成した庭です。西とは岩下家の屋号です。(掲示板)

私有地なんですね~、四阿もあって素晴らしい景観、楽しませて頂きました、ありがとうございました。


d0183387_00083997.jpg
熊野神社鳥居

d0183387_00093579.jpg
熊野神社
社殿の造営は1607年(慶長11年)。神木のイチョウは高さ15m、幹回り455cmの巨樹。1861年(文久元年)12月に植栽された。中野村住民富沢市兵衛が子に恵まれず、思案のはてに熊野本宮大権現(熊野神社)に祈願したところ、まもなく子供をもうけたため、祈願成就と子供の無事成育を願い植栽されたと伝えられている。かつては他に秋葉神社、稲荷神社、第六天神社、住吉神社、山の神神社があったとされるが、明治期に熊野神社に合祀されたといわれている。Wikipedia

d0183387_00100440.jpg
d0183387_00112090.jpg
境内社                   神木のイチョウ



・・・大栗川左岸(谷津入)

d0183387_00390702.jpg
里山の風景① 前方に松が丘(松が丘高校)&府中CCを望みます/谷津入付近


d0183387_00425500.jpg
d0183387_00425859.jpg
上りは中央大学&多摩動物公園へ    下りは野猿街道にぶつかります


小字-谷津入(やついり)

東中野の小字。谷津の入り口の意味だが、この地について書かれた地蔵の由緒書きによると「八つの谷戸の入り口」の意味があるらしい。小さな一つの村のように機能していたようで、小字の中にさらに細かく地名が有り、皇国地誌にはそれらの一部も小字として登場している。八津入、八ッ入、谷ッ入、谷津入谷戸などとも。(「谷戸めぐり」さんの解説より)


・・・谷津入川(大谷戸)

d0183387_01075915.jpg
里山の風景② 奥は中大のグランド、八幡山に向かって流れます/大谷戸

小字-大谷戸(おおやと)
東中野字谷津入の地名。旧小字、通称地名扱い。バス停谷津入りから西に入る大きな谷戸で現在も下流部が残り懐かしい光景を残している。(「谷戸めぐり」さんの解説より)


d0183387_01082151.jpg
d0183387_01211154.jpg
この奥が水源のひとつでしょうか    通りを越えて集落を流れます


d0183387_01311493.jpg
d0183387_01293493.jpg
東の山裾を野猿街道へ        柚木東小前を通り旧流路に注ぎます


d0183387_19541979.jpg
丘の風景④ 西側からみる大谷戸&中央大学の景観です/堀之内沖谷戸公園見晴らし台



・・・西側の旧道

d0183387_00554690.jpg
里の風景③ いい道ですね~、野猿街道へ続きます


d0183387_00593591.jpg
d0183387_00593223.jpg
途中に地蔵尊と神社の祠が建っています


d0183387_01003156.jpg賽の神の由来
古来、
賽の神は道祖神ともいわれ平安の昔から左義長とも一体化となり天地陰陽和合して男女産みの神、農耕の神として、また汚れを除き悪疫払いの象徴ともなるとともに勉学の徹の面からも地域住民の深く信仰せしものなり。この地においては凡300有余年前に祭りしものの如し。爾来祭の行事も幾変遷ののちに行われたるが、古老の伝承によれば凡そ100余年前、当八つ合の賽の神は故あって午戸の上に移り祭れしものの如し。この度当地の懇望と井戸の上の配慮により昭和51315日再建し祭しものなり。どんどん焼きはその行事のひとつで幼童、若い衆の正月の楽しい遊びとして行われ、114日もしくは15日に〆飾り、札書、初団子を焼き火祭として健康、安全を祈願し祝うものなり。八つ入氏子中(碑文・読みづらかったので不正確です)



d0183387_20290997.jpg
大栗川の風景④上流堰場橋方向の景観です/洗馬橋

小字-洗馬川(せばがわ)
東中野の小字。大栗川のこのあたりを特にこのように呼んだ。字からすると馬を洗うということで、農耕用の馬を手入れするために使った場所だったのだろうか。瀬場川とも。(「谷戸めぐり」さんの解説より)


d0183387_18252137.png
多摩市ジオラマ(昭和37年頃)/パルテノン多摩歴史ミュージアム
(橙:野猿街道 青:大栗川・乞田川 黄丸:東中野・大塚を着色しました) 




by Twalking | 2016-09-01 22:44 | リバーサイドウオーク(新規)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 大栗川(1) 大塚   

日時 2016.8.26(金)
天気 晴れ


蓮流からとも思いましたが、流域は結構広いですし、
源流部は古道の宝庫、見所もたくさんありますので、
とりあえず近場から「両開き」で歩く事にしました。

大栗川を軸にして、左右の丘陵や谷戸、支流など
も含めて、今回は大塚周辺を訪ねました。
帝京、明星、中央大学のキャンパス風景もいいんですが、
別の機会に譲ります。



・・・大栗川右岸

大塚
八王子市の南東端に位置する。南部にあった地域が鹿島と松が谷(大塚公園)となったため現在は多摩ニュータウンの域外に位置している。由木村大字大塚が合併後そのまま八王子市大塚となった。地域内に古墳(大塚日向古墳)があることから古くから呼ばれていた。Wikipedia

d0183387_20595016.jpg
丘の風景① 右が傘平緑地、左が鹿島、モノレールに沿って北へ下ります/多摩モノ通り

小字-東谷戸(ひがしやと)
大塚の小字。現在のモノレールが通る大きな谷を言う。地形が大きく変わってしまったがかつては見事な棚田が連なっていたのだという。(「谷戸めぐり」さんの解説より)

d0183387_22333185.jpg傘平緑地
小字-傘平(かさひら)
塚の地名、通称。傘平緑地のあるあたりか。傘は「上(かさ)」に通じるなら、上の平地の意味だし、あるいは傘を開いたような地形の意味かもしれない。(「谷戸めぐり」さんの解説より)


d0183387_22334867.jpg大塚神明社のイチョウ
大塚神明社の大イチョウは神木として地元の人々から大切に保存されてきました。幹の周囲は7m、高さ約30m、樹齢およそ500年といわれる大木です。四方に枝を張り乳と呼ばれる気根が多数垂れ下がり、古木の風格を示しています。秋に黄金色の葉を落とす様はすばらしいものです。神明社に残されている最も古い記録は寛文3年(1663)のもので、それ以前から神社はまつられていたものと思われます。なお、神明社は多摩ニュータウン建設にともない近くの八幡神社境内に移されています。(八王子市教育委員会)


d0183387_21094603.jpg
d0183387_21095586.jpg
芳心院                大塚日陰地蔵堂


d0183387_21133890.jpg
大栗川の風景① 下流宮田橋方向、左手に帝京大学校舎が見えます/堰場橋


d0183387_21233800.jpg
d0183387_21234141.jpg
大塚帝京大学駅            野猿街道堰場交差点

小字-堰場(せきば)
大塚の旧小名、小字。東中野村の天野谷戸の下流大塚よりの地で街道が集まる地点。大栗川から堰上げする堰があったことによる地名。(「谷戸めぐり」さんの解説より) 


d0183387_22535310.jpg
雑木林に緑道がつき、区画整理の記念碑が建ってます/大塚宮田公園(右岸)


d0183387_22540961.jpg竣工記念碑
鎮守八幡の社地が大きな塚であったことに由来するこの大塚地域は、その中心を大栗川が蛇行しながら流下していた。昭和38年新住宅市街地開発法の制定により、多摩ニュータウンの建設が計画され、この大塚も大きく変貌するきっかけとなった。蛇行していた大栗川は改修され、野馬掛・樋田・宮田・五反袋・下田などと呼びならし、往古から親しく耕作し生活の糧を得ていた水田や畑もその耕作の継続を見直さざるを得なくなった。この様な状況の中で東は多摩市、南は大栗川に沿った東西約0.9km、南北約0.3km、面積約18.6haの区域を開発整備し、生活基盤の安定を図ろうと地元権利者73名によって昭和48816日東京都知事から土地区画整理事業の認可を受け、八王子市における戦後初の組合施行によるところの区画整理に着手した。以来7年と20億円余の事業費を投入し、東京都並びに八王子市の指導のもとに多くの困難と関係者の努力によって乗り越え、ここに完成をみたとともにこの大塚が平和で住み良い町として発展することを願って記念碑を建立する。昭和557月(大塚土地区画整理組合)


d0183387_21281905.jpg
大栗川の風景② 上流の堰場橋方向の景観/宮田橋



・・・大栗川左岸

d0183387_11372277.jpg
大栗川の風景③ 上流の宮田橋方向、左岸から塩釜谷戸川が合流します/望地橋


d0183387_23014993.jpg
大塚八幡神社鳥居
/大塚(左岸)

d0183387_23031132.jpg大塚八幡神社 
祭神:応神天皇  境内社:神明神社 秋葉神社
創立不詳であるが、明和元年(1764)現在地に祀られたと伝えられる。御社殿の中に刀身だけの劔が納められている。大塚はいわゆる塚で、これは古墳の塚であると伝えられている。塚の規模はきわめて大きく、その塚の上に社殿が祀られている。この辺の地域を総合的に大塚という部落の固有名詞になっている。(東京都神社名鑑)

d0183387_23051750.jpg
d0183387_23054700.jpg
参道                 神明神社


d0183387_23061696.jpg濱田郷左衛門顕彰の碑

慶長1211月濱田郷左衛門は大塚の鎮守神として大塚八幡神社を建立し、京都岩清水八幡宮神霊を鎮座し奉った。また住民の先駆となって敬神高祖の心を養い、力を併せ原野開拓、治山治水に尽痒し大塚今日の発展に大きく貢献した。茲に濱田郷左衛門の大きな足跡を偲びその功績を後世に伝えるためこの碑を建立する。(石碑)





d0183387_23155136.jpg
最照寺山門

d0183387_23162116.jpg最照寺/大塚(左岸)
真言宗智山派寺院の最照寺は、八幡山無量寿院と号します。この寺は天正2年(1574)ごろまでは本山修験正浄院と号し、同村八幡社(大塚八幡神社)の別当寺であったが、その後現寺名を称した。八幡山無量寿院と号し、寛永7年(163010月中興した。中興開山は永秀(寂年末詳)、中興開基は井上主馬である。(八王子市史)


d0183387_10064116.jpg
旧道風景① 野猿街道旧道

野猿街道

かつては「小野路道」「由木街道」と呼ばれ、現在のルートとは異なり八王子から由木村を経て小野路村方面へと続いていた。昭和初期に大規模な新道敷設工事が行われ現在のルートとなる。Wikipedia


d0183387_10164930.jpg
d0183387_10165164.jpg
道祖神                こんなお宅だったんでしょうか



・・・竜ヶ峰通り

d0183387_10263976.jpg
旧道風景② 旧道を左折し、七生丘陵を越えて高幡方面(日野)へ向う道です

小字-
塩釜谷戸(しおがまやと)
大塚の旧小名、小字。現在のバス停帝京大学入口から北西に入る谷の最上流部を特に言った。かつてこの地では羽釜で水を湧かし塩をとっていたことからこの地名が付いたのだという。羽釜は現在も残っており清鏡寺に置かれているという。(「谷戸めぐり」さんの解説より)


d0183387_11462534.jpg
d0183387_11465607.jpg
祠と
馬場跡/清鏡寺手前
ここより間口3間、奥行90間の鉄砲馬場あり。江戸時代より昭和18年頃まで近郊農家の農耕馬競技用として使用された。このたびの道路改修によりここに石碑として残す。昭和637月(碑文)


d0183387_11540981.jpg
清鏡寺山門


d0183387_11541372.jpg清鏡寺と御手観世音
清鏡寺(せいきょうじ)は、東京都八王子市大塚にある曹洞宗の寺院である。山号は塩釜山と称し、本尊は釈迦牟尼仏である。もとは天台宗の寺院であったが、文禄元年(1592年)下柚木の永林寺第四世妙庵長銀大和尚により曹洞宗に転宗した。開基は小田肥後守源太左衛門である。江戸期には「御手の観音」として知られる観音堂の別当であった。観音堂は元亀年間(157073年)に再建、その後火災に遭い、現在の建物は明治14年に再建されたものである。観音堂本尊は千手観世音菩薩で、他に東京都指定文化財の十一面観世音菩薩が安置されている。(しもゆぎだより-No71より)

d0183387_12093891.jpg
手観世音

d0183387_12095535.jpg
d0183387_12101010.jpg
山門観音堂              石仏群

d0183387_12145587.jpg
丘の風景② 谷戸の上です、右が七生丘陵、左が八幡山でしょうか/御手観世音

竜ヶ峰(りゅうがみね)
大塚の地名、山名。塩釜谷戸の北東の尾根に見られる。隣接の多摩市にも同名の記載があり、このあたり一帯を指すのだろう。竜の付く地名は切り立った崖でかつ地滑りの起こりやすい場所に付けられる危険地名だとの説がある。(「谷戸めぐり」さんの解説より)




・・・塩釜谷戸川(塩釜谷戸

d0183387_13105372.jpg
丘の風景③ 帝京大キャンパスの下の谷間を流れます/大塚八幡山公園

八幡山(はちまんやま)
大塚の地名、山名。ここも塩釜谷戸西側の尾根にある。八幡社があったのだろう。



d0183387_13173417.jpg
d0183387_13233092.jpg
この右奥あたりが水源         竜ヶ峰通り沿いに南へ


d0183387_13232064.jpg
d0183387_21514713.jpg
住宅地の中を流れます         合流地  



・・・中央大学・明星大学駅

d0183387_21430412.jpg
丘の風景④ 左が八幡山、右が向山緑地、前方は愛宕&松が谷の丘です 

d0183387_23281533.jpg
d0183387_21575201.jpg
中央大学明星大学駅          中大隧道

中央大学隧道
昭和53年建造 延長259m 幅員7.6m 有効高3.4m)
正門から東門にかけての道路およびトンネルは中央大学の所有地であったが、1999年に八王子市に移管され、市道となった。なお、中央大学隧道は3.3mの高さ制限がある。Wikipedia

d0183387_13294712.jpg
多摩モノ通りを南に下だります/駅前信号


d0183387_22491622.png
大塚周辺マップ
(赤:歩行ルート 橙:野猿街道 緑:緑道 青:大栗川&支流 橙角:松が谷・大塚帝京大学駅)


・・・・・・・
資料ファイル

大栗川
八王子市および多摩市を流れる多摩川水系の一級河川である。八王子市鑓水付近を水源とし、都道20号府中相模原線(柚木街道・野猿街道)に沿って大きく蛇行しながら概ね北東に向って流れ、八王子市松木付近で支流の大田川を合わせる。多摩市に入り、和田の宝蔵橋付近で大きく東へ向きを変える。この地点の左岸の旧字は「大栗」であり、これが川名の由来となっている。その後連光寺付近で乞田川を合わせて1 kmほど流れ、稲城市との境界付近で多摩川に合流する。

大栗川延長:15.5km 水源の標高:213m 流域面積:42.6km2 水源:御殿峠(八王子市鑓水)

(支流)
子の神谷戸 厳耕地谷戸 大芦谷戸 嫁入り谷戸 岩入り川 殿ヶ谷戸大田川 
別所川 寺沢川 谷津入り川 天野谷戸 塩釜谷戸川 大谷戸川(中和田) 
倉沢川
新堂谷戸 百草谷戸 雨田川 古茂川 乞田川 大川
Wikipedia

d0183387_14285890.jpg
大栗川の支流図/「由木つむぎの会」さんの流域図を参照させて頂きます




by Twalking | 2016-08-30 08:39 | リバーサイドウオーク(新規)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 乞田川04 合流域(連光寺)   

日時 2016.8.15(月)
天気 晴れ


連光寺は多摩のよこやまが尽きるところ、
先端はゴルフ場になっているので、上からは見れません。
それでも、谷戸が入り組み自然が多く残されています。

10km位の乞田川ですが、支流を含めて歩いみると、
まだまだ知らない所も多く、思わぬ出会いもあって
なかなか味わい深いウオークとなりました。


・・・関戸


武蔵府中に近く、関所と鎌倉街道があったため鎌倉時代以降宿場町として栄えていた。霞ノ関を鎌倉幕府が和田合戦を契機に、北条一族が多摩川を盾に北関東からの防衛上の要衝として関所を設置した。また1333516日に起きた関戸の戦いの後、新田義貞軍の監視のために関戸城が築城されている。地名は1213
に鎌倉幕府によって作られた霞ノ関南木戸柵が由来ではないのかとされている。Wikipedia

d0183387_16465653.jpg
乞田川の風景① この先で左岸から狼谷川が合流します/馬引沢橋

d0183387_17284455.jpg
d0183387_17292051.jpg
上流の永山方面の景観         馬引沢橋



・・・狼谷川

d0183387_17334349.jpg
狼谷戸に流路が確認できます/関戸6丁目

小字-狼谷(おおかみやと)

貝取飛地の地名、通称。現在の桜ヶ丘の住宅街の中。大谷戸の最奥にあたる地で狼が出て人が食われたとの言い伝えがあるが、この地名の多くは人跡稀な地に付く事が多い。(「谷戸めぐり」さんの解説より)

d0183387_17341303.jpg
d0183387_17344306.jpg
合流地                旧道から暗渠化します


d0183387_17381165.jpg
丘の風景① 大谷戸です、左が原峰公園、前方は聖ヶ丘になります/関戸6丁目

小字-大谷戸(
おおやと)
貝取飛地の地名、通称。多摩市役所裏手に残る谷戸。もっと大きく長い谷戸であったが現在はその下流部が奇跡的に残っている。懐かしい光景を残し、狼谷から流れてきた川「狼谷川(おおかみだにがわ)」が流れている。
(「谷戸めぐり」さんの解説より)


d0183387_17442769.jpg
桜ヶ丘住宅の境、木陰にせせらぎが流れます/原峰公園

原峰公園

原峰公園はしないでも数少ない自然をそのままのこした緑豊かなところで、鎌倉街道の歴史的面影を残し、多摩の昔を偲ばせる静寂な雰囲気を漂わせる公園です。昭和51年(1976)に桜ケ丘第2児童公園として開園し、昭和56年に都市計画法による児童公園として原峰公園と名称を変更いたしました。その後、周辺の土地を暑所されていた嵯峨山氏、猪俣氏、須藤氏、山㟁氏ほか多くの方のご協力により、平成2年~3年に区域を拡張して近隣公園として整備いたしました。園内には貴重となってしまった野草が自生し、昆虫、小動物などが生息しております。このかけがえのない自然を大切にし、自然とのふれあいや森林浴を楽しむことができるよう梅園、せせらぎ、池や遊び広場を巡る散策路があります。また、隣接地には「ゆう桜ケ丘」を設置し地域の皆さまに憩いの場として一体的に活用して頂くように整備をいたしました。(多摩市)

d0183387_17460272.jpg
いい杜ですね~、関戸砦(塁)の標識がついてます

d0183387_17482866.jpg
d0183387_17485818.jpg
鎌倉幕府・関戸砦()の標識
        鎌倉古道関戸城址の標識

小字-原峯(はらみね)
関戸の地名、通称。熊野社の西斜面上の平地付近の地名。峯の上の原地の意味だろう。貝取飛地との境で、ゆう桜ヶ丘がある辺り。この地の下には貝取飛地の旧家の方々のご努力で守られた里山が残り、一帯を「原峰公園」として解放している。(「谷戸めぐり」さんの解説より)


d0183387_18441710.jpg
乞田川の風景② 合流地が近づいてきます/南田橋

d0183387_18470300.jpg
d0183387_18470192.jpg
左岸は熊野神社、右岸はひじり坂になります/熊野橋

d0183387_18513587.jpg
丘の風景② 正面が熊野神社、右手奥が天守台(関戸城址)になります/ひじり坂

d0183387_20094308.png
馬引沢周辺マップ
(赤:鎌倉街道 橙:現鎌倉街道 青:乞田川&支流 橙角:永山駅・多摩市役所)


d0183387_18563828.jpg
窪地になってますから旧流路でしょうか?/大栗橋公園


d0183387_19005266.jpg
d0183387_19005664.jpg
関戸川は暗渠になっていますので分かりませんが、ここでしょうか?

関戸周辺のの関連記事はこちらへ(http://teione.exblog.jp/23341738/




・・・連光寺

d0183387_19112893.jpg
乞田川の風景③ 左岸から関戸川、右岸から大谷戸川が合流します/向ノ岡橋


d0183387_19174344.jpg
乞田川の風景④ 左から乞田川が大栗川に合流します/向ノ岡橋先


d0183387_19234937.jpg
大栗川の風景この先の交通公園で多摩川に注ぎます/報恩橋


・・・大谷戸川

d0183387_19265657.jpg
大谷戸川 住宅地の裏を蛇行して流れます/連光寺1丁目

d0183387_19271006.jpg
d0183387_19270556.jpg
合流地                丘の左手を流れます

d0183387_19331452.jpg
清水渓緑地 この手前で暗渠になります

d0183387_19370466.jpg
d0183387_19405000.jpg
大谷戸川緑地             連光寺小前


d0183387_19371236.jpg
大谷戸の池 水源のひとつのようです/大谷戸公園

小字-大谷戸(おおやと)

連光寺の地名、字名。現在の大谷戸公園付近の字名でその名の通り大きな谷戸を中心とする地区だった。谷戸の一部は連光寺公園になっている。かつては天然氷に用いられるほどの良い水が流れていた大谷戸川は下流の一部を残して暗渠化されている。(「谷戸めぐり」さんの解説より)

d0183387_19464887.jpg連光寺

「連光寺」の町名は吾妻鏡に記されており、かつては「蓮光寺」と書かれていました。町名の由来は新編武蔵風土記稿には同名の寺院があったことに由来されるとされ、「小名下屋舗」(こなしもやしき)の辺なる坂を寺坂と称するは、恐らくは此辺その旧跡なるべしといへり」とありますが、確かなることは不明です。また寺坂仏道などの小名が高西寺の近くにありました。連光寺1丁目の旧字向ノ岡は、万葉の昔から歌に詠まれており、対鴎荘跡(たいおうそう)の近くに小野小町歌碑が建っています。連光寺5丁目の旧字山ノ越には聖蹟記念館があり、明治天皇が兎狩りや鮎漁に行幸されたことを記念して昭和5年に大松山(おおまつやま)に建設されました。昭和12年には京王線の関戸駅も聖蹟桜ヶ丘駅に改名されました。なお、この彫刻は連光寺の丘陵を駆け巡る兎をテーマとしたものです。(多摩市)

d0183387_19485039.png
御兎狩想像之図/案内板

d0183387_19544252.jpg
大谷戸公園


d0183387_20312921.png
連光寺周辺マップ(赤:鎌倉街道 橙:現鎌倉街道 青:乞田川&支流)

連光寺周辺の関連記事はこちらへ(http://teione.exblog.jp/23360539/


d0183387_16573180.png

乞田川流域マップ
(青:乞田川&支流 赤:鎌倉街道 橙:現鎌倉街道 紫:よこやまの道)


by Twalking | 2016-08-18 16:58 | リバーサイドウオーク(新規)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 乞田川03 永山周辺   

日時 2016.8.13(土)
天気 晴れ 


乞田から聖ヶ丘辺りは北側の多摩川に伸びる尾根と
南の多摩の横山から張り出す尾根に挟まれた地形で、
各谷戸から支流が乞田川へ流れ込んでいます。

その谷戸部は現在、幹線道路が通り、谷戸の形状や
源流域などは消えてますので、確認することはできません。
それでも、こんな感じかな~・・・と想像しながら
歩くと面白いですね。



・・・乞田

乞田(こった)という地名は昔、干ばつで住民が領主に「田を乞うた」ことに由来している。幹線道路の多摩ニュータウン通りと桜並木の名所となる乞田川に沿った多摩土地区画整理事業区域で地名は旧乞田の名残りである。
Wikipedia)


d0183387_14411816.jpg
丘の風景① 左が愛宕の丘、右が貝取山&永山、乞田辺りが一番広い所です/愛宕4丁目


d0183387_19294714.jpg
丘の風景② 右岸の豊ヶ丘からの乞田方向の景観です/北豊ヶ丘公園(右岸)


d0183387_15595416.jpg
乞田川の風景① 桜並木が続き、右岸が親水護岸になっています/釜沼橋(乞田)


d0183387_16065734.jpg
d0183387_16070000.jpg
左岸は愛宕給水塔のある愛宕の丘、右岸は貝取山(左)&豊ヶ丘(右)の尾根が連なります/釜沼橋(貝取大通り)



・・・貝取川

d0183387_19514410.jpg
釜沼公園脇から貝取山の西側・貝取谷戸を流れます/北公園通り(貝取1丁目)

小字-貝取谷戸(かいどりやと)

貝取の地名、通称。貝取村本村を構成する二つの大きな谷戸のうちの一つ。貝取川という川が削った谷で、現在も暗渠化され地下に流れている。(「谷戸めぐり」さんの解説より)

d0183387_16164352.jpg
d0183387_16171261.jpg
左岸から貝取川が合流         この先から暗渠になります(貝取2丁目)

小字-釜沼(かまぬま)
乞田の地名、字名。貝取谷戸の出口付近、乞田川沿いの地名。昔釜沼なる池があったらしい。(「谷戸めぐり」さんの解説より)


d0183387_19450384.jpg
丘の風景③ 左が豊ヶ丘、右が貝取山、この下を流れます/大福寺裏

小字-貝取山(かいどりやま)

貝取の地名、山名。貝取谷戸と瓜生谷戸の間の尾根の北端ぶの山の名。現在も残され、貝取山緑地として親しまれている。(「谷戸めぐり」さんの解説より)


d0183387_16292749.jpg
貝取神社鳥居

d0183387_16293567.jpg貝取神社/豊ヶ岡

祭神:弟橘媛命(おとたちばなひめ)品陀和氣命/誉田別命(ほんだわけ)素戔嗚尊/須佐之男命(すさのお)。多摩ニュータウンの造成により、貝取村で個々に祀られていた神社を合祀した神社で、吾妻神社・八幡宮・牛頭天王社を集め、三柱の祭神を相殿で祀り社名を貝取神社とした。(神社人)

d0183387_19213373.jpg倶利伽羅剣
(くりからけん)
不動明王の立像が右手に持つ剣。三昧耶形では不動明王の象徴そのものであり、貪瞋痴の三毒を破る知恵の利剣である。剣は倶利迦羅竜王が燃え盛る炎となって巻きまとっていることからこの名がある。Wikipedia

三昧耶形
(さんまやぎょう)
密教に於いて仏を表す象徴物の事。三形(さんぎょう)とも略称する。多くの場合、各仏の持物がそのままその仏を象徴する三昧耶形となる。例えば不動明王なら利剣(倶利伽羅剣)、聖観音なら蓮華、虚空蔵菩薩なら如意宝珠など。また、通常持物を持たない如来の場合は特別の象徴物が三昧耶形とされる場合もあるが(大日如来が宝塔など)、印相を以て三昧耶形とする場合もある。Wikipedia)


d0183387_19250717.jpg
乞田川の風景② 旧鎌倉街道の大橋&現鎌倉街道の新大橋を渡ります/大橋
d0183387_19293447.jpg
左岸の袂に「鎌倉古道」の標識、旧道は前方の貝取山へ向かいます/大橋(旧道)

小字-大橋(おおはし)
貝取村の地名、旧小字。現在もほぼ同じ位置に「大橋」という橋が架かる。乞田村境の地の字だったようだ。(「谷戸めぐり」さんの解説より)

「鎌倉古道」貝取山の関連記事はこちらへ(http://teione.exblog.jp/23307489/



・・・永山

d0183387_22532314.jpg
左が諏訪、右が永山、入口に「歴史と文化の散歩道」の案内板があります/永山駅


d0183387_19454026.jpg昔の永山駅周辺

永山駅付近は昭和42年のニュータウン造成工事着手以前は丘陵地帯であった。駅南方約500mにあった岩の入池(現永山4-1付近)は約3200mの広い池で、モウセンゴケ、ミズチドリ、トキソウ、キセルアザミなど湿性植物の宝庫として知られていた。そして池からほぼ直線状に用水が北の乞田川に流れ、用水と丘陵の間の狭し所に水田が開かれていた。また、付近の丘陵は先人の足跡が数多く残されている。そのうちの一つ永山駅北西に隣接する多摩ニュータウンNo27遺跡(現日本医科大学付属病院付近)からは旧石器時代の生活跡をはじめ縄文時代の落とし穴、縄文・平安時代の住居群が発見されている。江戸時代に入ると駅北側近くに現存する阿弥陀堂が建てられ、また明治初年に廃寺となった真言宗福生寺があった(歴史と文化の散歩道)

小字-岩ノ入(いわのいり)
乞田の地名、字名。現在の永山駅のある谷全体を含むかなり広大な地域の字。中心となる谷を特に岩ノ入沢と呼んだようだが、無住地でこれ以外の地名については資料が無い。しかしいくつかの支谷、斜面の窪地が見て取れるので通称はあったように思われることから、聞き取りによる地名保存が待たれる地区である。(「谷戸めぐり」さんの解説より)


d0183387_19444981.jpg
乞田川の風景③ 両岸は親水護岸、右手から瓜生川が合流します/新大橋

永山周辺(阿弥陀堂・諏訪神社)の関連記事はこちらへ(http://teione.exblog.jp/23360539/



・・・瓜生川

現在の瓜生川は暗渠、その上を瓜生緑地から鎌倉街道に沿って「瓜生せせらぎ散歩道」が整備されています。

小字-瓜生谷戸(うりうやと)
貝取の地名、通称。旧字瓜生の中心をなす谷戸で瓜生川が流れる。現在はその流路に親水道が作られているが、元々の川はその道の下を暗渠で流れている。(「谷戸めぐり」さんの解説より)

d0183387_18443044.jpg
瓜生せせらぎ散歩道

d0183387_22553855.jpg
d0183387_18542347.jpg
新大橋下流の合流地          せせらぎと花壇の楽しい道です

d0183387_18513274.jpg

瓜生一里塚碑
瓜生一里塚は多摩市内では唯一の一里塚で、ここから西南mほど離れた鎌倉街道を挟んだ両側に径6m、高さ3mほどの塚が存在していた。江戸時代初期の元和3年(1617)駿河国久能山(現在の静岡市内)に埋葬されていた徳川家康の遺骸を日光東照宮に移すため街道の整備を行ない、この一里塚が作られたといわれている。家康の柩が通ったことから「御尊柩御成道」(ごそんしつおなりみち)とも呼ばれている。また、一里ほど離れた町田市小野路にもこの時造られたと思われる一里塚が残されている。(多摩市)

d0183387_18560478.png

昭和初期の貝取付近の地図 
「東京南多摩郡多摩村全図」/案内板
赤丸が一里塚碑設置位置、橙丸が塚のあった場所を示しています。鎌倉街道(橙・上:府中 下:小野路)に沿って流れているのが瓜生川、大福寺(緑角 右は北貝取小)の西の流れは貝取川。中央の尾根部(赤)が「鎌倉古道」(推定)でしょうか。


d0183387_10104363.jpg小野路を通った御尊櫃御成道
德川家康は駿府(静岡)で元和21616)年417日、75歳で病死しました。「遺体は久能さんに埋葬し、葬儀は江戸増上寺で営み、位牌を三河国大樹寺に立て、遺骨は一周忌を過ぎてから日光山に勧請せよ」との遺言により、久能山から日光まで運ばれました。1300人位のお供があり。20日間ほどかかって運んだといわれています。元和3315日に久能山を出発し、木曽から小野路には321日に通過しています。平塚の
中原御殿から府中御殿までの道中の一部で、この道は御尊櫃御成道と呼ばれています。小野路には一里塚(写真)が築かれています。(説明板・小島政孝氏作成 写真:小路一里塚/野津田公園入口)


d0183387_19192358.jpg
池の風景① 三角橋が鎌倉街道を横断する手前の池です/瓜生緑地


d0183387_19150315.jpg
池の風景② その奥に東屋のある池があります/瓜生緑地

瓜生せせらぎ散歩道の関連記事はこちらへ(http://teione.exblog.jp/23426501/
       


d0183387_23115069.jpg

乞田川の風景④ この先右手が永山駅になります/永山橋 


d0183387_23110325.jpg
d0183387_00222222.jpg
左岸袂に地蔵尊            右岸は「歴史と文化の散歩道」です



・・・馬引沢


谷戸部筋に沿った地区である。馬引沢(まひきざわ)という地名は連光寺の小字、馬引沢に由来している。全域が多摩土地区画整理事業で整備され、民間マンションが多く建つ。
Wikipedia

d0183387_00423177.jpg
乞田川の風景⑤ 橋の手前で右岸から「馬引沢」が合流します/諏訪下橋


d0183387_23122683.jpg
住宅地を流れる「馬引沢」

d0183387_23115145.jpg
d0183387_23142536.jpg

合流地/下諏訪橋            この先から暗渠になります/諏訪神社


d0183387_23221109.jpg馬引沢のモニュメント/馬引沢2丁目
「馬引沢」の町名は大字連光寺字馬引沢の小字をとって平成2127日に新設された町名であり、現在馬引沢12丁目が設定されています。新編武蔵風土記稿に「村の南をいへり」とある古い地名ですが、町名の由来は定かではありません。大字連光寺字沖谷戸の谷間から当地を通り乞田川にそそぐ沢があり、この沢沿いに鎌倉街道から諏訪神社前を通り川崎市黒川へ抜ける道があったようで、黒川境に至る辺りは険しいところであったといわれています。馬引沢の中央には昭和41年に焼失してしまいましたが薬王寺という古いお寺があり、近在の人々より深く敬われていてその前を通る時、馬から降りて引いて通ったといわれているところからこの地名が付けられたとも言われています。なお、この彫刻は「馬引沢」の町名にちなみ「馬」をテーマにしたものです。(説明板)


d0183387_23343709.jpg
d0183387_23343913.jpg
墓地に薬王寺の堂があります        通王山薬王寺の扁額が掛ります 


d0183387_23243688.png
馬引沢想像之図/案内板

d0183387_23440815.jpg
現在の大通り、尾根幹線(多摩東公園)へ上ります/
馬引沢2丁目


d0183387_23485220.png
周辺乞田川流域マップ
(赤:鎌倉古道 橙:現鎌倉街道 紫:推定鎌倉裏街道 茶:尾根幹線・ニュータウン通り他 青:乞田川&支流 橙角:多摩センター・永山駅・市役所)




by Twalking | 2016-08-17 14:51 | リバーサイドウオーク(新規)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 乞田川02 落合周辺   

日時 2016.8.10(水)
天気 晴れ


落合周辺の乞田川は散歩道、一番好きな処です。
川辺には桜並木が続き、のんびり歩くには持って来い、
周辺の丘を組み合わせると面白いコースできます。


・・・山王下

山王下の由来は大字落合の小字山王下から来ている。当初は多摩・八王子市境にあった三本松になる予定であったが、落合字山王下の既存住民が山王下を要望したため、現在の地名になった。
Wikipedia


d0183387_17295453.jpg
丘の風景① 右手奥が市境を成す尾根、前方(南)は唐木田になります/山王下2


d0183387_17340139.jpg
中腹の山王下緑地には瘡守稲荷が鎮座します

瘡守稲荷/山王下緑地
此の場所に祀られている稲荷神社、地蔵尊等は多摩ニュータウンの事業用地として、昭和42年東京都に買収され474月現在の場所に移転合妃されたものである。正面の社は瘡守稲荷宮(かさもり)と正一位稲荷宮の2社の合妃されて居る社である。瘡守稲荷宮の創建は天文53月(1740)、小泉背清左ヱ門外2名の氏子により遷宮され、安政43月(1857)別々に祀られていた2社を移転前の場所に合妃再建されたものである。(移転前の所在地 稲荷前707ノ口番地)


d0183387_17384354.jpg正面入口右側にある石仏は、右より岩舟地蔵菩薩(享保58月造立(1720)多摩市内2基有内の1基。地蔵尊(天保66月造立(1835)願主小泉清八氏 無縁地蔵尊京王211月造立(1866)願主小泉氏(移転前の所在地 山王下584番地)



d0183387_17412620.jpg
d0183387_17415617.jpg
正面境内右側にある石造祠:右より金毘羅宮祠 民話伝説の鶴を祀る祠 願主田中氏(移転前所在地山王下621番地) 
弁天祠:年代不詳だが山王下621番地先より移転前の所に移した(移転前所在地山王下616番地)(落合山王下自治会)


d0183387_17485048.jpg
d0183387_17500658.jpg
道祖神/旧道(山王下1丁目)

向って右道祖神:安政2年乙卯8月吉日(1855)山王下講中 向って左庚申塔:元禄2年(1589323日この庚申塔は多摩市内で関戸霞関の寛文13年(1673)造立に次いで2番目に古い庚申塔であります。
この地域は江戸時代には武蔵国多磨郡柚木領落合村の山王講中と言って居ました。道祖神・庚申塔が祀られた祀られて居る場所は慶長年間(1600)頃より住い住まいして居ります田中茂家(江戸時代より家号セーノカミド)の屋敷南角地に祀られておりましたが、昭和8年の道路改修工事により、改修された道路の南側に移されました。昭和44年事業決定した多摩ニュータウンに拠る区画整理事業の換地により、昭和55年に仮移転場所より現在の場所に移されました。賽の神(どんと焼き)の行事は新年正月14日に行われて居ります。(説明板)


d0183387_20144159.jpg
乞田川の風景① 低地を流れる乞田川、合流点を振り返ります/稲荷橋通り


d0183387_20190879.jpg
乞田川の風景② ここから一段下がり、両岸に桜並木が続きます/稲荷橋



・・・駅周辺(落合)

多摩センター駅/落合1丁目

開発以前における駅の設置箇所周辺は南多摩郡多摩村大字落合に属し、下落合、山王下、中沢、中組といった小字の丘陵地谷戸部に集落が点在する純農村だった所である。その谷戸部に沿って多摩川に注ぐ乞田川が大きく蛇行して流れていたが、土地区画整理事業による開発が行われ、この小川を水捌けの大きい直線状に改修し、同時に並行する幹線道路が新設された。そして元来起伏があった地形に切土で所要の広さの平地を造成し、そこに駅が建設された。Wikipedia

d0183387_12125133.jpg
多摩モノレール通り 左岸、山王下&愛宕の丘が東へ延びます/多摩山王橋交差点


d0183387_12153606.jpg
d0183387_12160367.jpg
右岸は京王&小田急線、多摩モノの駅になります/山王橋(多摩モノレール通り)

小字-楢原谷戸(ならばらやと)

落合の地名、通称。字楢原、字蛭子谷一帯の中心をしめる南北に長い谷。古くは「長谷戸」といったようだ。現在は多摩センターから南へ進む幹線が通り、極めて交通量の多い場所になっているが、かつては静かな山深い場所だったという。(「谷戸めぐり」さんの解説より)

d0183387_12233807.jpg
乞田川の風景④ 駅北側は親水護岸になっています


d0183387_12333334.jpg
乞田川の風景③ 乞田川の桜並木の中ではこの辺りが一番でしょうか/落合橋

d0183387_12375572.jpg
d0183387_12375972.jpg
左岸の丘は切通し、右岸は駅西口になります/落合橋


d0183387_12404449.jpg
下落合八坂神社/愛宕4


神社碑

下落合八坂神社は江戸時代初期より当地に鎮座せられ、下落合(旧上之根)地域住民の安寧と幸福の守神として住民より厚く信仰されている神社である。位置は現在地より西方100mの山の中腹に鎮座されていたが、昭和40年より始まった国家的施策である多摩ニュータウン開発事業のため敷地が買収され、氏子一同により現在地に再建遷宮されたものである。なお、合祀されている各神ならびに地蔵などは地域各地に祀られていたが、今回ここに合祀された。また、下落合集会所も同時に神社敷地内に多摩市によって建設され、住民の便に供されている。昭和55年(19807月吉日(遷宮記念碑碑文)

d0183387_12434842.jpg
d0183387_12412021.jpg
社殿                 石仏群

d0183387_13031825.jpg
丘の風景② 右が松が谷、左が愛宕の丘、正面が多摩センターです/三本松陸橋

小字-仙蔵谷戸(せんぞうやと)
落合の地名、通称。字椚田の中心的な谷戸。開墾者か所有者の名から付いたのではないかと言う。(「谷戸めぐり」さんの解説より)


d0183387_14302443.jpg
乞田川の風景④ 上之根橋から上流側の景観です/上之根橋

d0183387_14364169.jpg
d0183387_14364571.jpg
左岸は愛宕の丘、右岸は豊ヶ丘の谷となります/上之根橋(上之根大通り)

小字-上ノ根(かみのね)
落合の地名、字名。丘陵部の根にあたる場所であることから付いた地名だろうか。(「谷戸めぐり」さんの解説より)


d0183387_15120734.jpg
上之根小橋先で右岸から青木葉川(?)が合流します

d0183387_15191720.jpg
d0183387_15193389.jpg
吉祥院前               北豊ヶ岡小信号手前で暗渠に

d0183387_13265719.jpg
丘の風景③ 吉祥院の裏山から上之根大通り方向の景観/豊ヶ丘2丁目


・・・青木葉通り

d0183387_12342831.jpg
「大泉寺へ向かう道」(白山神社)とあるのがこの谷戸をゆく道でしょうか?/東福寺先

小字-青木葉谷戸(あおきばやと)
落合の地名、通称。字鶴ヶ峯、亀ヶ谷、青木葉付近一帯を総称して「青木葉地区」と言い、この中心となる谷を「青木葉谷戸」という。発音は「おーきばやと」となるだろうか。山中谷戸と対をなす谷戸で地形は現在も残り、開発で根本的に姿を変えた多摩センター近隣であるものの、懐かしさを感じる風情がある。(「谷戸めぐり」さんの解説より)

落合白山神社の関連記事はこちらへ(http://teione.exblog.jp/23325245/


d0183387_13085214.jpg
青木葉天満宮参道/落合3丁目

d0183387_13085913.jpg天満宮由来

菅原道真の霊を祭る。道真の神霊に天満天神の神号を賜ったことによるもので「瞋恚(しんい)の焰天に満ちたり」託宣あり、道真の怨霊が雷火と化して災禍をもたらしたと伝う信仰がおこなわれ、天神と畏怖されたが時代ととともに文道之太祖、風月之本主として広く尊信されるようになり天神信仰は全国的に流通して各地に多くの天満宮が建立された。

d0183387_13090451.jpg青木葉天満宮は寛政6年、東福寺住職・隆相師が氏子と共に勧請したもので、祭神像菅原道真公は江戸下谷池端仲町御用仏師・黒田高山の作銘がある。明治43年神仏合祀令により白山神社に合祀されていたが、昭和32年以前の地に氏子願望により覆屋、鳥居を再興したものであったが、昭和59年区画整理事業の完結により現在地に戻ったが、資材の少ない時であったのと高所のため風雨による老朽化も進み、御神体を保持することが大変困難な状況となり、昭和60年再建さる。寛政期より200年、青木葉の守神としてこの地に鎮座する天満宮である。社には金毘羅石宮を納め、左方にはもと別当坂にあった庚申塔、古きを伝える榊の御神木変わり行く当地の守護神である。(昭和62年天満宮建設委員会)
d0183387_13533286.jpg
乞田川の風景⑤ この辺りは水草が茂り川らしい景観がみられます/であいばし(乞田)

d0183387_14064057.jpg
d0183387_14071097.jpg
乞田・貝取ふれあいひろば(左岸)    豊ヶ丘北公園(右岸)

d0183387_00114796.jpg
丘の風景④ 愛宕からみる豊ヶ丘北公園(右)&貝取山の景観です/愛宕4丁目


d0183387_14403546.png
落合1丁目周辺マップ
(青:乞田川 橙:ニュータウン通り他 緑:歩行者専用歩道)



by Twalking | 2016-08-13 09:23 | リバーサイドウオーク(新規)